会津若松におけるご当地グルメ的な存在はソースカツ丼みたい。ご当地ソング?みたいなものもあり、市内にはソースカツ丼のお店が数多くある。そのなかでも人気がある「いとう食堂」でランチを食べてみることにした。

カーナビを頼りにアクセスしたのだけど、着いたのはごく普通の住宅街。地方都市の食堂ってたまにこういう、どうやって集客したんだろうというところに食事処があったりする。店の裏手に駐車場があり、そこに停めることができたのだけど、お店にはすぐに入れず。店の前で並ぶことにする。

15分くらい待って入店。カウンター席のほか、奥に小さな座敷っぽいところもある小さなお店。普通の一軒屋を改築したような感じだ。メニューはかなりシンプルで基本的にはソースカツ丼。夏場は馬刺しはおやすみとのこと。まあ、そうだよな。

いとう食堂のソースカツ丼

ソースカツ丼とは、ご飯のうえに千切りのキャベツがのっていて、その上にソースに浸したカツがのっている丼のこと。カツ丼のようだけど、ちょっと甘めのソースに浸っていて、さらにキャベツも同じ丼に入っているのは、カツ丼と似て非なる、というか食べた感覚はまったくの別物だと思う。

思えば信濃大町の昭和軒でもソースカツ丼を食べたけれど、いとう食堂のソースカツ丼はそのボリュームで圧倒の存在感。丼からはみ出さんばかりのカツは分厚くて食べきれるかなって思ってしまうくらいの量。でも、この豚肉がすごく柔らかくてジューシーなんだよな。肉厚で柔らかく肉の味が染みわたっている。これは並んでも食べる価値があるよなあ。

お店の方ののんびりとした雰囲気もすごくいい。旅先で出会った大事な食堂という感じがある。人気店なだけに並ぶこともあるとは思うけれど、ちょっとチャレンジしてみてもらいたい。

いとう食堂
住所:福島県会津若松市本町5-10
時間:11:30-14:00頃(売り切れ次第終了)
休み:木曜、第2・第4水曜

保存

Summary
Review Date
Reviewed Item
いとう食堂
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

三城(松本)への再訪 前回の初秋にひきつづき、今回の来松でも三城に立ち寄ってきた。ここはネットのクチコミでは賛否両論あるし、地元でも訪れる人は限られているのだが、僕はここはとても気に入っている蕎麦店のひとつである。 予約の電話から洗練されていて、電話番号を確認するとかいうのはこの店にとっては客を信用していない無粋な...
秋葉原の常陸野ブルーイング・ラボで昼からのんできた... なんとかエールのビール 前から気になっていたクラフトビールのお店。万世橋のガード下がおしゃれに改装されていて、そのなかの一角にある。区画でいうとN1の場所でJRの秋葉原駅がもっとも近いんじゃないかと思う。 お店はそれほど広くないのだけど、外のエリアもあったりするので気候によっては外のテ...
Urth Caffe Daikanyama に行ってきた この春くらいに出来たUrth Caffeに、もう何度か行っているのだけど、たしかにラテとラテアートはうまいし、外のテラスは最高に気持ちがいいのだが、それ以上の印象はあまりないというところ。 まあ・・平日にランチ食べるにしては味もボリュームもないわりに高いよな。すぐそばのサブウェイの方がうまいサ...
花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
喜多方の「うらら」で特大かき氷を食べる... 五色沼で軽くボート漕いで運動したことだし、喜多方の町へ降りてきた。会津若松もそうだけど、住宅街のなかにお店があったりして、不思議な感じがある。 向かったのは、地元の人に愛されている甘味処の「うらら」というお店。お店の前に車をとめておける。 店内は入って右側半分がテーブル席で左側半分が座敷...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.