会津若松をあとにして少し裏磐梯の方へと行ってみることにする。このあたりは6月に来た東北旅で立ち寄りたかったところなのだが(2016年6月 行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編)やはり行程には無理があったかもしれないなって思えるくらいに広いエリアだった。

気になっていたのは裏磐梯にある五色沼というさまざまな色彩をみせる沼。来てみて知ったのだけど、このあたりは1888年の磐梯山爆発によって山が崩れ落ちて作られた新しい風景だということ。地元の人により植林などを行って復興をしていまの風景を作っている。戊辰戦争(1868年)のときにはまだこの風景はなかったということなのか。

五色沼

そして、五色沼とはこのあたりに作られた湖沼群の総称であり、僕が五色沼と思っていたのは、そのなかでもっとも有名な毘沙門沼というところだった。

ここは駐車場や売店も整備されていて、沼ではボートを漕いで楽しむこともできる。背後には大きくえぐれた磐梯山が見えるのはかなり雄大。さっそくボートを漕いでみることにしよう。

それほど大きな沼でもないので30分もあれば見どころは終わってしまう。わりと浅いところが多い沼なのか、水面の下には植物や藻がみえる。これと磐梯山から流れ込む水質の影響により水面が鮮やかな青色のほか深い緑色などをみせている。

ボートを漕ぎながらのんびりとすすむと風が気持ちいい。すでに季節は夏の盛りを迎えてきているけれど、標高の高い裏磐梯では爽やかな風が流れていた。福島では比較的有名な場所なのだけど、それほど混んでもいなくて穴場スポットのひとつだと思う。

五色沼

保存

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
ニテロイ現代美術館へ行ってきた リオデジャネイロでもっとも来てみたかったところのひとつ。現代美術とか現代建築が好きな人にはたまらないところ。 リオデジャネイロの市街地からはちょっと遠いけれど、公共交通機関を使って手軽に行くことができる。 美術館はリオデジャネイロ郊外のニテロイ市にあるため、行き方としてはセントロからグア...
ルアンパバンの托鉢、おすすめのスポットや時間について... 旅行者がルアンパバンに来る理由は、ここの町並みが世界遺産に登録されていることと、あとは毎朝の托鉢をみたり体験したりするために来るのだと思う。 この町は、メインストリートである、シー・サワンウォン通りやサッカリン通りを中心に、小さな旧市街のなかに80あまりの寺院があり、多くの僧侶が暮らしている。...
クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館... 日本にある美術館でもっとも好きなところのひとつ。春から夏にかけて定期的に訪れているのは、沼津にあるクレマチスの丘というところ。 ここは、スルガ銀行を作ったいくつかの美術館が集まっていて、とくにクレマチスが咲く春~夏は通り過ぎる風すら美しく香っているかのようで居心地がよくて好きな場所。沼津って漁...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
五色沼
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください