ひさびさに中野でお酒を楽しんできたのだが、なんだかもう楽しすぎてお酒飲みすぎて酒盛りっていう感じだったなあと思う。

今回訪れたのは中野駅からすぐのレンガ坂にあるラテンバル ボケリアという古民家レストラン。ここは、以前にきたスタッフがみんな世界一周経験者というrootと同じ経営者が作ったレストランで、rootのはす向かいにある。

rootとは:旅好きなら試してみたいウユニ塩湖の塩でできたカクテル – rootに行ってきた

ラテンバル ボケリアについて

このレストランを経営しているのはチャオさんという人で、レストラン経営以外にもフィギュアのショップをやっていたり、その昔はブレイクダンスの世界大会であるBattle of the Yearで準優勝していたりとかなり多彩で魅力的な人。その人がやっている二店舗目のレストランもまた楽しいところだった。

シードルがあったので飲んでみる

シェフはバルセロナで経験を積んだということもあり、スペイン料理の枠におさまらないカタルーニャ料理の影響がある。恵比寿のフォンダ サン ジョルディでも食べたパエージャがここにもあって頼んでみたのだが、パエリアとはちょっと異なるふっくらした感じのある米料理はしめに頼むと最高に美味しい。

前菜がわりに、ししとうのフリット
ポテトサラダ・・だったかな
セビーチェだったと思う

タパス的な一品料理もかなり多くて、どれを頼むか迷ってしまうのだが、売り切れ続出で早めに頼んでおいた方がいいのはウニのプリン。毎朝仕入れている新鮮なウニのよさを活かしたとろりとした食感はクセになる。それ以外にはテックスメックの影響っぽい料理も多くありセビーチェなんかもおいしかった。

ウニのプリン
肉類もうまい
パエージャ

お酒はビール以外にもラテンアメリカのものを中心にそろっている。カイピリーニャみたいな定番のカクテルのほか、キューバ産のラム酒などもあって料理にあわせて楽しみたい。

力いっぱい食べて飲んで、そしてあれこれ話して夜を過ごす。色んな人が集まるこのレストランならではの経験。値段も手頃なので、rootともども旅行好きは行ってみたくなる店だと思う。

ラテンバル ボケリア
住所:東京都中野区中野3-35-6
時間:17:30(土日祝16:00)-26:00(日祝25:00)
休み:不定休

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です