ランチで訪れた台湾麵線の美味しさに感動して、そしてお店のトイレに貼ってあった火鍋コースというものが気になったので、来てみることにした。

火鍋のコースは前日までに予約する必要がある。火鍋単体で頼むこともできるけれど、お店の人と話をしていると「絶対にコースの方がお得だから」ということでコースにしてみた。だって、飲み放題の時間とか・・細かくみてないですよって、そういうところ好きだ。

ランチでの訪問:「台湾麵線」で麺線&魯肉飯を堪能する。

台湾麵線へのアクセス

前回の訪問では新橋から歩いて行ったのだけど、今回は神谷町から愛宕山の下をくぐり抜けるようにして歩いて向かった。都心のなかに突然現れるトンネルがすごく不思議。愛宕隧道というらしい。写真撮っておけばよかった。神谷町の駅からはのんびり歩いて20分くらい。

台湾麵線について

サラダ

予約したのは、「特選麻辣薬膳羊火鍋コース」というもの。飲み放題もついているのだが、種類はそう多くない。しかし、生ビールを注文すると光の速さで出てくるのは地味だが確実にうれしい。

コースの内容は、サラダに、前菜三種盛り、麻辣薬膳羊火鍋 、鶏排(チーパイ)となり、しめに小麺線または小魯肉飯というものになる。これが結構なボリュームでお腹いっぱいになる。

サラダはごく普通のサラダでどうってことない。前菜三種盛りはシンプルなものが多い。卵焼きとかあったりして、あとは豆腐を細く切った料理が美味しかったなあ。ひさびさに台北の六品小館とか行きたくなる。

前菜
なぞのパクチー、これも前菜かな

その後、山盛りのパクチーが出てきて、これなんだろうって思ったのだがとりあえず味もついていたので、そのままつまんで食べることにする。そのままでも美味しいし、あとで出てくる鍋にいれたりしてもいいと思う。

そして、火鍋が登場。全面的浮かんでいる唐辛子が強烈なインパクトなので、ちょっと申し訳ないが火をつける前に、唐辛子をかなり取り除いてしまった。火鍋は嫌いじゃないのだがこれだけ唐辛子があると辛そう。

火鍋登場
火をいれていくと落ち着いてくる

ということで、案の定結構辛いので、スープを少し避けるようにして食べることにする。すごく美味しいけれど、ちょっと辛めの味。ただ、入っている肉の柔らかさ含めて絶品だった。まさに台湾の味。

ほぼ一緒にでてきた鶏の唐揚げ的な鶏排もビールがすすむ美味しさ。やはりここ何食べても美味しいな。そしてシメは麵線にしてみた。やはり台北の阿宗麺線で食べるような出汁のきいたスープは絶品だ。なんだかんだと3時間くらいいたのだが、あっという間だったなあ。お店の雰囲気含めてまさに台湾そのもの。いい夜を過ごすことが出来た。

シメは麵線

台湾麵線
住所:東京都港区新橋5−22−2
時間:11:00-14:00(土祝11:30-14:30),17:30-22:00(土祝21:30)
休み:日曜日

Related Post

上海小吃で上海蟹ナイト 日本でもっとも怪しいレストランのひとつである上海小吃。歌舞伎町のほぼ中心街に近いところにある。まず、お店に行くまでの道でひとつの物語が書けそうなくらいだ。 各種ナイトクラブとかがある通りの看板に「客引きは100%ぼったくりで違法です」と書かれているのだが、その通りは客引きでひしめき合っている。...
船橋の名店「ばんから」で鶏の希少部位を食べる... ひさびさの船橋。とくに何があるわけでもない郊外の街で、旅行に来るようなところではないのだけど、なんてことのない街というのもまた楽しい。そして、この街はコストパフォーマンスに優れた名店がそろっている。 寿司ならば北口の吉光で立ち食い寿司、居酒屋ならば南口にある一平で刺身をつまみながらホッピーとか...
新橋で博多天神のとんこつラーメン 新橋で飲んだあと、とんこつラーメン食べたいなと思っていくのが博多天神のとんこつラーメン。 新橋で博多天神とか店名に混乱するところはあるけれど、ここのラーメンは福岡で食べる普通のとんこつラーメンに近くて好き。 すごく特徴的に美味しいというわけじゃないんだけど、クリーミーで優しいとんこつラー...
祇園のぎょうざ歩兵で生姜餃子 地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。 アクセス 祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が...
【閉店】五反田の都々井で寿司は幸せなファーストフードなのだと気づく... 五反田ではおにやんまに行くか、ここに行くかで悩むお店。どちらも立ち食いで 手軽なことには変わりがないのだが、お酒も飲みたいなってことになると都々井に足が向くことになる。 もちろん、都々井行ってからそのあと、うっかり「おにやんま」で立ち食い的二次会をすることもある。もう・・痩せるヒマがない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.