浅草あたりをぶらぶらしているときに見つけたお店。古い一軒家のような佇まいで下町のお店なのだが、良心的でさらに名物である釜めしは、しみじみと美味しい。いままで食べてきた釜めしはなんだったのか・・と思ってしまうくらいだった。通いたくなるお店を浅草にみつけた感じ。

釜めし むつみへのアクセス

浅草寺のさらに北側にある。浅草駅からだと歩いて10分くらい。普段であれば用事がないといかないエリアだな、ほぼ住宅街。近くにはルスルスとか洋食の名店であるグリル グランドがあるので、このあたりを目印に来るといいと思う。

釜めし むつみについて

釜めしが炊きあがって出てくるまでに40-60分ほどかかるので、時間がない場合にはあらかじめ予約をしていった方が無難。ただ、わりと人気店みたいなので行く前に電話で席の確保はしておいた方がいいと思う。

むつみでの楽しみ方としては、コース料理のような感覚で、最初に全部オーダーしてしまうのがいい。釜めしは季節限定もいれるとかなりの種類がある。

五目以外にもこんなにあるのかとちょっと感動するくらい。せっかくなので、ちょっと珍しい感じもある海鮮釜めしを頼んでみる。

メニュー、釜めしの種類の多さに驚くが、一品料理も魅力的

そして、釜めしが出てくるまでの間に一品料理を楽しむのがいい。定番なのは、もつ煮、だし巻き玉子、海老しんじょう。これ以外に季節のものも出てくる。

僕が訪れたタイミングではふぐがあったので、ふぐのから揚げを頼むことにする。どれも手頃な価格帯。

お通しがすでに美味しい

瓶ビールは数種類あって、アサヒビールの地元ではあるがほかのものを飲み続ける。日本酒を飲むのも楽しそうだ。座敷でのんびりとお酒を料理を楽しめるってなんだか贅沢な時間だよなあ。接客はみんなきびきびとしていて気持ちがいい。下町のお店って感じがする。

もつ煮

もつ煮はちょっと甘めの味付けでお酒がすすむ。わりとすぐに出てくるので、前菜的に頼んでおくのがよさそうだ。そして、つづいて海老しんじょうはごろっと大きな揚げ物で、なかはふんわりしていて絶品。味はついて出てきているけれど、七味をつけて食べると美味しさが際立つ。

海老しんじょう
なかはほくほく

そして、忘れてはならないのがだし巻き玉子。寿司屋で出てくるような上品さはないけれど、甘口でオーダーしてから作り始めた玉子焼きは熱々で美味しい。口に含むと甘口の出汁醤油の味もしみ出てきて幸せを感じる。

だし巻き玉子
ふぐの唐揚げ

ふぐのから揚げもキレのいい白身魚っていう感じで美味しかったなあ。この一品料理がいちいち美味しいのが見逃せないところ。釜めしだけではないのです。

ということでようやく登場の釜めし。しっかり蒸らしてから出てくるのですぐに食べられる。海鮮の釜めしとはどういう感じなのだろうと思ったら、釜めしとして炊いたものの上に海鮮の具材をちらしてあるもので、これを混ぜて食べていくのが、底の方にちょっとあるおこげも含めて、本当にいままで食べてきた釜めしはすべて間違えていたというくらいに美味しい。

海鮮釜めし
かき混ぜて食べる、絶品

高速道路のサービスエリアなんかで売っている釜めしはお釜にはいった炊き込みご飯というだけで、あれ食べてたいしたことないと思ってはいけない。本物はこんなにも美味しいものなのか。石焼きビビンバともまた違う、ふっくらとしっかりと香ばしさのバランスがとれた料理は幸せだ。普通に五目釜めし食べてみて比べてみるのもいいと思った。

ごくごく普通の下町にこんなにも美味しいお店がさらりとあるなんて素敵なことだな。季節をかえて通ってみたくなるお店。

釜めし むつみ
住所:東京都台東区浅草3-32-4
時間:11:30-21:30
休み:水曜日・隔週で火曜日
※クレジットカードの利用不可

保存

Summary
Review Date
Reviewed Item
釜めし むつみ
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

福魚食堂 – 地元感、鮮度抜群の福岡で食べるおすすめ朝食... ジェットスターの早朝便で成田からやってくると、福岡の町中には9時くらいに到着することになる。これって、なんだか東京から福岡までその気になれば通勤できるんじゃないかと妄想してしまう。 それはさておいて、福岡まで来たならば朝食は長浜の市場で食べるのをおすすめしたい。 福岡市の中心部からはやや離れ...
【閉店】池の端藪蕎麦で味わう老舗蕎麦の味... 池波正太郎のエッセイにもたびたび出てきていて気になっていた池之端の藪蕎麦に行ってきた。 週末のランチに行ったのだが、混み合っているものの回転がはやいので並ぶまではいかない状況。 場所は上野から湯島に抜けるところなのだが、まわりは風俗街でちょっと夜は歩きたくないなという感じではある。まあ、...
Ristorante ASO(代官山)で優雅なランチ 代官山蔦屋の向かい側にあって、木々に囲まれた雰囲気のあるカフェの奥にレストランがあると知って行ってみた。 ランチで訪れたのだけど、何人か連れて行ったこともあり個室で美しい中庭を眺めながらのんびりと食事ができたのは至福のひととき。こういう日がたまにはあってもいいよなって思う。 一...
広尾商店街でテクスメックスなランチであれば「ラ・ホイヤ(LA JOLLA)」が無難... 広尾では老舗であり有名なメキシコ料理店といえば有栖川公園近くにあるサルシータと、広尾商店街にある「ラ・ホイヤ」のふたつということになる。サルシータが本格的なメキシコ料理だとすると、こちらはメキシコ風というかテクスメクス(Tex-Mex)というジャンルになるかなあ。アメリカで食べられているメキシコ料理...
恵比寿の「板蕎麦香り家」で上品な蕎麦をいただく... 恵比寿で板そばというと、西口の間人の豪快な感じが好きなのだけど、人気店になっているのは東口にあるこちらの「板蕎麦香り家」。ランチ時のピークを過ぎても並んでいることが多くて、たまに前を通りかかってもちょっと敬遠していたくらい。 しかし、ある平日のランチ時、たまたま通りかかったら空いていた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください