浅草あたりをぶらぶらしているときに見つけたお店。古い一軒家のような佇まいで下町のお店なのだが、良心的でさらに名物である釜めしは、しみじみと美味しい。いままで食べてきた釜めしはなんだったのか・・と思ってしまうくらいだった。通いたくなるお店を浅草にみつけた感じ。

釜めし むつみへのアクセス

浅草寺のさらに北側にある。浅草駅からだと歩いて10分くらい。普段であれば用事がないといかないエリアだな、ほぼ住宅街。近くにはルスルスとか洋食の名店であるグリル グランドがあるので、このあたりを目印に来るといいと思う。

釜めし むつみについて

釜めしが炊きあがって出てくるまでに40-60分ほどかかるので、時間がない場合にはあらかじめ予約をしていった方が無難。ただ、わりと人気店みたいなので行く前に電話で席の確保はしておいた方がいいと思う。

むつみでの楽しみ方としては、コース料理のような感覚で、最初に全部オーダーしてしまうのがいい。釜めしは季節限定もいれるとかなりの種類がある。

五目以外にもこんなにあるのかとちょっと感動するくらい。せっかくなので、ちょっと珍しい感じもある海鮮釜めしを頼んでみる。

メニュー、釜めしの種類の多さに驚くが、一品料理も魅力的

そして、釜めしが出てくるまでの間に一品料理を楽しむのがいい。定番なのは、もつ煮、だし巻き玉子、海老しんじょう。これ以外に季節のものも出てくる。

僕が訪れたタイミングではふぐがあったので、ふぐのから揚げを頼むことにする。どれも手頃な価格帯。

お通しがすでに美味しい

瓶ビールは数種類あって、アサヒビールの地元ではあるがほかのものを飲み続ける。日本酒を飲むのも楽しそうだ。座敷でのんびりとお酒を料理を楽しめるってなんだか贅沢な時間だよなあ。接客はみんなきびきびとしていて気持ちがいい。下町のお店って感じがする。

もつ煮

もつ煮はちょっと甘めの味付けでお酒がすすむ。わりとすぐに出てくるので、前菜的に頼んでおくのがよさそうだ。そして、つづいて海老しんじょうはごろっと大きな揚げ物で、なかはふんわりしていて絶品。味はついて出てきているけれど、七味をつけて食べると美味しさが際立つ。

海老しんじょう
なかはほくほく

そして、忘れてはならないのがだし巻き玉子。寿司屋で出てくるような上品さはないけれど、甘口でオーダーしてから作り始めた玉子焼きは熱々で美味しい。口に含むと甘口の出汁醤油の味もしみ出てきて幸せを感じる。

だし巻き玉子
ふぐの唐揚げ

ふぐのから揚げもキレのいい白身魚っていう感じで美味しかったなあ。この一品料理がいちいち美味しいのが見逃せないところ。釜めしだけではないのです。

ということでようやく登場の釜めし。しっかり蒸らしてから出てくるのですぐに食べられる。海鮮の釜めしとはどういう感じなのだろうと思ったら、釜めしとして炊いたものの上に海鮮の具材をちらしてあるもので、これを混ぜて食べていくのが、底の方にちょっとあるおこげも含めて、本当にいままで食べてきた釜めしはすべて間違えていたというくらいに美味しい。

海鮮釜めし
かき混ぜて食べる、絶品

高速道路のサービスエリアなんかで売っている釜めしはお釜にはいった炊き込みご飯というだけで、あれ食べてたいしたことないと思ってはいけない。本物はこんなにも美味しいものなのか。石焼きビビンバともまた違う、ふっくらとしっかりと香ばしさのバランスがとれた料理は幸せだ。普通に五目釜めし食べてみて比べてみるのもいいと思った。

ごくごく普通の下町にこんなにも美味しいお店がさらりとあるなんて素敵なことだな。季節をかえて通ってみたくなるお店。

釜めし むつみ
住所:東京都台東区浅草3-32-4
時間:11:30-21:30
休み:水曜日・隔週で火曜日
※クレジットカードの利用不可

保存

Summary
Review Date
Reviewed Item
釜めし むつみ
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

間人(まにん)で食べる山形の板そば... 恵比寿駅からちょっと離れたところにある蕎麦屋さん。しゃぶしゃぶもやっているのだけど、ランチでそこまで・・ということで、もっぱら蕎麦を頼むことになる。 ここの蕎麦は山形の板蕎麦で、大ぶりな板に豪快に盛りつけられた蕎麦を、黒豚のつけ汁でいただきます。 このつけ汁が、山形ではあまり見かけないの...
お多幸で「関東おでん」と「とうめし」を食べてきた... 冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。 東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。 日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な...
【閉店】アラウィのジャークチキンは中南米の味がする本物感... 恵比寿でがっつりとランチを食べたいときには、駅からすこし離れているけれど、アラウィのジャークチキンがおすすめ。 ジャークチキンとはジャマイカのローカルフードで、さまざまなスパイスでミックスした鶏肉を直火で焼き上げナイフでぶつ切りにしたもの。ココナッツ風味のライスもまたこれにあう。 最初に...
越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
いがらし(恵比寿)の親子丼ランチ 恵比寿のランチで屈指の人気店「いがらし」のランチ。大人数で行くとまず入れないので、1~2人で行けるときに訪れている。それでもちょっと待つことがほとんどだけど。 場所は恵比寿駅からそんなに近いところじゃないし、そんなに大きなお店でもないのだけど、凜とした料理人の仕事ぶりを見ながら食事をとれるとい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください