白金商店街の広尾側にある古い古民家がならぶ一軒がカフェになっている。雑貨店みたいな趣で、前から気になっていたのだがランチに行ってみた。もっと前から来ていればよかったというくらいに落ち着いたいい空間。かかっている音楽も含めて気持ちのいい時間を過ごすことができる場所だった。

Cafe tenementへのアクセス

白金商店街のなかにあるが広尾寄りのエリア。駅からはどこも離れていて広尾と恵比寿と白金高輪の真ん中あたりだろうか。しかし、数軒隣にサンドイッチのDAY&NIGHTがあるし、すぐ近くにはBistro SARU とか蕎麦の佶更や三合菴などもあり、ランチをするにはかなり選択肢が多い魅力的なエリアになっている。

Cafe tenementについて

Tenementとは長屋という意味があり、実際に築100年くらいの古民家をリノベーションしている。入口のドアは手動。

ちょっと重いくらいだが、しっかりと作られている。店内は2階建てで一階はカフェっぽくて、二階はラウンジっぽい。

一階からみえる風景も好き
二階にはこんな席がある
二階からみえる風景も好きだな

一階のメリットはここでかかっている音楽をじっくりといい音で聴くことができるということ。二階のメリットは隠れ家っぽい雰囲気と、ソファ席の上にある丸い透明な天井。ここからは空を見渡すことができて、晴れた日には光が差し込み、夜には月夜を眺めることできるだろう。雨の日に来てもまた雰囲気が違って美しい光が見られそうだ。

アンティークなものを丁寧に使い込んでいる雰囲気はとても好きだし、なによりかかっているBGMが好き。かなり幅広いジャンルだけど、雨の日には落ち着いているし、晴れていればのんびりしたり、この空間を作っている空気がすべて居心地よい。

ランチについてくるスープ
そしてサラダ
メインはドライカレー目玉焼きのせ
上の玉子を崩して食べてます!
もうひとつの人気メニューはナポリタン。ちょっと太麺がケチャップとよくあっている。

ランチタイムは手頃な価格でカフェめしっぽいのを出しているのだが、これが普通に美味しい。そしてなにより遅い時間までランチタイム営業しているので便利。料理はすごく手が込んでいるわけではないけれど、シンプルで食べていて幸せ。

とくにお店の看板メニューであるドライカレー目玉焼きのせが好き。甘口のカレーに仕上がっていて、目玉焼きの黄身を混ぜ合わせて食べるとまろやかになる。お子様ランチみたいに立っている旗もかわいい。

少し贅沢して食後にコーヒーとケーキ

もし、時間があれば食後にコーヒー飲みながらケーキを食べてみるのもいいと思う。ケーキもしっかりしていて、ティータイムにだけ来るのもよさそうだ。時間を忘れてのんびりとした時間を過ごすのがいいと思う。僕が訪れるのは平日のタイミングが多いけれど、ここには静かでいい時間が流れている。

tenement
住所:東京都渋谷区恵比寿2-39-4
時間:11:30-23:00
休み:無休

Summary
Review Date
Reviewed Item
Cafe tenement
Author Rating
41star1star1star1stargray

Related Post

シリバラジ(中目黒)で食べる南インド料理... お店の外観 日本で食べるインド料理というと、強い風合いでがつんとくるものが多いなという印象だった。 でも、インドを旅行したときに分かったのは、インド料理というものは日本食と同じように土地によって全然違うものがあるということである。 で、インドの料理ってただ辛いだけじゃなくて、甘い...
空也の最中は東京土産に最適 僕にとって人にもっていく東京土産の筆頭は銀座にある空也の最中。というか東京にいる人にもっていってもすごく喜ばれる。池波正太郎のエッセイのなかに出てきて知ったのだが、昔から変わらないスタイルでサービスを提供している姿はすばらしい。 お店は銀座の並木橋にあるのだけど、いまどき電話で予約しないといけ...
真心珈琲 – 金瓜石老街にあるまったりカフェ... 金瓜石を散歩していて、階段をくだったところにあった一軒のカフェが、この旅において最も印象に残るカフェとの出会いだった。 場所は金瓜石の老街と呼ばれる、観光地からちょっと外れた古い街並みのなかにあります。入り口にはハートマークの看板があるから行けばすぐわかると思う。 店内はそれほど...
恵比寿 うどん山長 – 営業時間がながくて、料理もうまいうどんの名店... もし、恵比寿でちゃんとしたうどんが食べたくなったら、または恵比寿で深夜まで飲んでいて、カラオケなんかには行かず、じっくりと旨い物をつまみながら朝を待ちたいならば、迷わずこちらの山長がおすすめ。 僕の中で恵比寿って、それなりのお店は結構あるけれど、ちゃんとした旨い店ってあまりない(出会いの問題?...
三城 – 松本随一の正当派な蕎麦屋... そのお店の外見からは蕎麦屋のようにはまったくみえず、なにかのギャラリーのような佇まい。 地元の人はあまり行かないみたいで(だって高いから)、ぼくらのようなよそから来たお客がほとんどなのだが、それでもこのお店の雰囲気や蕎麦のよさは松本随一の存在だと思う。 このお店の雰囲気は独特なものがあり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください