2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。

まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年というから第二回からここにあるのか。

ポチョムキン

ポチョムキンといえばロシア海軍の戦艦の名前として有名。この田園と川の境目にあるこの作品は遠くからみると樹木が艦橋のようにそびえ立ち、まわりを覆う鉄板が戦艦のようにみえる。

離れたところから眺めると戦艦のよう。

なかに入ると白砂利で覆われた地面は樹木とのコントラストが美しく、川に向かってベンチのようにあるタイヤのブランコにのってのんびりとするのも気持ちがいい。神社のような雰囲気がある。

さらに奥に進むと今度は黒砂の地面で小さく小屋のようなものがある。これは奥宮のようだ。不思議な空間。

この作品に来るときには車はポチョムキンのある場所と道路を挟んで反対側にとめることができる。また、戦艦のような雰囲気は少し離れたところから眺めるとよくわかるので、ちょっと移動して眺めてみるのもまたいいと思う。

保存

Related Post

B.B.ARTは台南アートの発信地でありカフェも素敵な空間... 今回、台南を訪れた時期はちょうどTainan Art Festivalを開催しているタイミングで街中にもいくつかアート作品があったりした。 B.B.ARTはそんななかでも中心的な存在でアートギャラリーとしてもおもしろく居心地のいいカフェもあったりして興味深いところだった。 B.B.ART...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...
大地の芸術祭 2015 – 十日町エリア編... 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭をみてきた。 7月から9月にかけて行われているこのイベント。かなり広大なエリアにまたがっているので、今回3日間の滞在だったが全てを見てまわれる感じではなく、一部の有名どこの作品には行っていない。十日町エリアだと「絵本と木...
幸福駅はいまでは公園になっている観光地... 中札内から帯広に向かう途中で、道路に並行して堤みたいなのがあるなと思っていたのだが、地図を見ると昔には鉄道が通っていたことを知る。 こんななにもない平原の端に向けて鉄道作るとか、そりゃ廃線になるよなって思うのだが、実際30年くらいの期間で廃止になったみたい。 で、国道を走っていると、畑の...
Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください