2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。

まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年というから第二回からここにあるのか。

ポチョムキン

ポチョムキンといえばロシア海軍の戦艦の名前として有名。この田園と川の境目にあるこの作品は遠くからみると樹木が艦橋のようにそびえ立ち、まわりを覆う鉄板が戦艦のようにみえる。

離れたところから眺めると戦艦のよう。

なかに入ると白砂利で覆われた地面は樹木とのコントラストが美しく、川に向かってベンチのようにあるタイヤのブランコにのってのんびりとするのも気持ちがいい。神社のような雰囲気がある。

さらに奥に進むと今度は黒砂の地面で小さく小屋のようなものがある。これは奥宮のようだ。不思議な空間。

この作品に来るときには車はポチョムキンのある場所と道路を挟んで反対側にとめることができる。また、戦艦のような雰囲気は少し離れたところから眺めるとよくわかるので、ちょっと移動して眺めてみるのもまたいいと思う。

保存

Related Post

中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...
高雄の美麗島駅は地上部分の建物もまた必見... 世界でもっとも美しい地下鉄駅のひとつにも選ばれたことがある高雄の美麗島駅。改札階にあるステンドグラスに目が行きがちだけど、出口の建物は日本の高松伸が設計していて、ガラスを多用した建物は朝晩の時間帯に幻想的な風景を作り出していて必見の建物だ。 今回は美麗島近くのAirbnbに泊まったので、早朝に...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...
いちはらアート×ミックス2014に行ってきた... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。 比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。 桜の季節はその花のすごさに圧倒される 菜の花を...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください