ポチョムキンでのんびりしたあと、行ってみたのは十日町の当間高原にある「再構築 Restructure」という作品。

草原のなかに隠れるようにして建つ小さな小屋なので、カーナビでのアクセスの場合には近くにあるリゾートホテルのベルナティオを目印にするといいと思う。

再構築

2006年に作られた作品なので今年で10年になる。僕も何度か見に来ているのだが、美しい作品だなあって観るたびに感動する。

小屋を覆っている何千枚もの小さな丸い鏡はひとつひとつ、手作業で削り出しているので、不揃いな楕円をしていたり鏡の間の隙間もばらばらなのだが、その不規則性が自然に溶け込んでいる。建物内部の鏡は少し揺れるように固定されていて、風が吹くと景色が揺らぐさまが印象的。

まわりの風景をうつしこみ季節や時間帯によって印象が変わっていくこの作品は越後妻有の作品群のなかでも僕がもっとも好きなもののひとつ。

ちょっともう秋のような風景

保存

Related Post

アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
春の越後妻有への旅。 4月の終わりというかゴールデンウィークのはじめに越後妻有を旅してきた。すっかり春だと思っていたら、この土地はまだ雪解け直後で春が始まったばかりのようだった。越後妻有には何度も来ているけれど、早春の時期ははじめて。こんなにも自然の淘汰とは激しいものなのかって思ったくらい。 早朝に家をでて、車で向...
大地の芸術祭 2015 – 松之山エリア編 大地の芸術祭の松之山エリア編。 大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。 このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後...
いちはらアート×ミックス2014「湖の飛行機」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくよ。ということで、高滝湖に浮かぶ巨大な飛行機「湖の飛行機(うみのひこうき)」という作品をみてきた。 ここは駐車場が無料だったのでアクセスしやすいのが便利。そして、今回のアートミックスで...
小布施 味麓庵の福栗焼は栗菓子のなかでトップクラスにうまい... 小布施堂の近くにあるちょっとした屋台みたいなお店。メインストリート沿いにあり、ガラス越しに大判焼きみたいなのを焼いているのですぐわかると思う。 前回の訪問:小布施 味麓庵の福栗焼きを食べる ここも人気店で、名物である福栗焼を買い求めるお客さんで行列になることがある。僕が訪れた夏場...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください