ポチョムキンでのんびりしたあと、行ってみたのは十日町の当間高原にある「再構築 Restructure」という作品。

草原のなかに隠れるようにして建つ小さな小屋なので、カーナビでのアクセスの場合には近くにあるリゾートホテルのベルナティオを目印にするといいと思う。

再構築

2006年に作られた作品なので今年で10年になる。僕も何度か見に来ているのだが、美しい作品だなあって観るたびに感動する。

小屋を覆っている何千枚もの小さな丸い鏡はひとつひとつ、手作業で削り出しているので、不揃いな楕円をしていたり鏡の間の隙間もばらばらなのだが、その不規則性が自然に溶け込んでいる。建物内部の鏡は少し揺れるように固定されていて、風が吹くと景色が揺らぐさまが印象的。

まわりの風景をうつしこみ季節や時間帯によって印象が変わっていくこの作品は越後妻有の作品群のなかでも僕がもっとも好きなもののひとつ。

ちょっともう秋のような風景

保存

Related Post

秋の小布施をまわり、越後で美女旅を確認する旅... 収穫の秋を楽しむということで、10月下旬の北信州から越後へと抜ける旅をしてきた。このルートは逆まわりで、夏にも訪れたのだけれど、小布施と越後妻有を結ぶ千曲川沿いの国道からみえる風景はすっかり秋の装いとなっていて、これはこれでシンプルで美しい風景だった。 まず、初日は深夜に家を出て、関越道から上...
中之条ビエンナーレをみて、四万温泉でのんびりする秋... 季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。 今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、...
いちはらアート×ミックス2014「指輪ホテル」編... 2014年春に行われた「いちはらアート×ミックス」で最終日に観に行った作品なのだが、すっごい後悔した。もっと早くからこれを観ておけばリピートできたのに!という後悔。 本当にこれを観るだけでも「いちはらアート×ミックス」に来る甲斐があったなあ・・と思う。 舞台は、指輪ホテルという劇団の「あ...
BCTION Tokyoをみてきた もう終わっちゃって、きっと今頃はもうこの世界に存在しないアートなのだと思うけれど、2014年9月に麹町でやっていたBCTIONというアートイベントを見てきた。 BCTION ≒ ハクション 取り壊し寸前のビルを、ストリートなどで活躍している様々なジャンルのアーティストたちが1棟丸ごと美...
フランクフルト現代美術館へいってみた... Sバーン Konstablerwache駅前 フランクフルトでトランジットに時間があって、どこかひとつ観てみたいと思ったときに選んだ美術館はフランクフルト現代美術館。 街中にあってアクセスしやすそうだったし、ここでしか観られないものがありそうだったから。 フランクフルト空港からだ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です