ポチョムキンでのんびりしたあと、行ってみたのは十日町の当間高原にある「再構築 Restructure」という作品。

草原のなかに隠れるようにして建つ小さな小屋なので、カーナビでのアクセスの場合には近くにあるリゾートホテルのベルナティオを目印にするといいと思う。

再構築

2006年に作られた作品なので今年で10年になる。僕も何度か見に来ているのだが、美しい作品だなあって観るたびに感動する。

小屋を覆っている何千枚もの小さな丸い鏡はひとつひとつ、手作業で削り出しているので、不揃いな楕円をしていたり鏡の間の隙間もばらばらなのだが、その不規則性が自然に溶け込んでいる。建物内部の鏡は少し揺れるように固定されていて、風が吹くと景色が揺らぐさまが印象的。

まわりの風景をうつしこみ季節や時間帯によって印象が変わっていくこの作品は越後妻有の作品群のなかでも僕がもっとも好きなもののひとつ。

ちょっともう秋のような風景

保存

Related Post

薩摩伝承館は圧倒的な豪華さで薩摩の歴史を知ることができる... 2010年のミシュラン・グリーンガイドで一つ星を獲得している薩摩伝承館へ行ってきた。今回の指宿の旅で気になっていた美術館。 ここは白水館という旅館の敷地内にあるのだが、建物からしてすごく豪華。どこかの邸宅へお邪魔して、その私設美術館に来たみたいな感覚がある。しかし、これはあながち外れていなくて...
中之条ビエンナーレの旅2015年秋 2年に一回の芸術祭、中之条ビエンナーレを楽しむ旅。今回も面白い旅になったなあ。会期中に2回も行っちゃったものな。そして、2回目の方がより楽しめたかなって思う。なにより中之条の美しい風景を堪能できた。 他の芸術祭と比べても比較的コンパクトにまとまっているので、2~3日あればかなり見てまわれると思...
中之条ビエンナーレ2015 – 暮坂エリア編... 六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。 六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の...
大地の芸術祭 2015 – 中里エリア編 再構築 越後妻有の大地の芸術祭 アートトリエンナーレ。中里エリアについて。このエリアは十日町と津南の間にあって、区分が難しい。十日町エリアで書いた「再構築」という作品は中里エリアの方がよかったかもしれない。僕が泊まったベルナティオも中里エリアにある。比較的狭いエリアだけれど、いろいろ詰まった...
Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください