越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。

農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるので、これは必見。

農舞台のなかにあるカフェもひさびさに訪れて一休みしてきた。

このあと別の場所でのランチを予約してしまっていたので、カフェとしてのみ利用。開放的な店内はこれ自体がひとつの作品になっていて、里山の風景を映し出している。窓から見えるイリヤ&エミリア・カバコフの棚田もまた美しい。この風景は夏にみると映える。

テーブルに空の色が映り込む。ジンジャーエールを飲む。

カフェでは地元産の食材を使ったドリンクを出していてエルダーフラワーのソーダを頼んでみたのだが、爽やかな酸味とエルダーフラワーの香りが気持ちよく混じり合い夏らしいドリンクになっている。なんだかすばらしく楽しい夏の休日を過ごしている気分。

ランチタイムにはビュッフェスタイルの料理が食べられるので、次回はここでランチをしてみるのもいいなと思う。

「棚田」イリヤ&エミリア・カバコフ

越後まつだい里山食堂
住所:新潟県十日町市松代3743-1 まつだい農舞台
時間:(ランチ)11:00-14:00,(ティータイム)10:00-16:30
休み:水曜日

保存

Related Post

「千とせ」- 鞆の浦で鯛づくし 瀬戸内海といえば、鯛めし。自分でもよく鯛を買ってきて作るのだけど、本場で食べるのはどういうものだろうと思っていた。 で、鞆の浦では鯛めしを食べようと決めていて向かったのは「千とせ」というお店。鯛家が有名だけど夏休みだったので、こっちに来てみたのだが「千とせ」でも充分に美味しい鯛づくしを味わうこ...
モエレ沼公園に行ってきた イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。 公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。 人工的につくら...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...
毛豆咖啡は楽しく居心地のいいカフェ... 台南にある小さなカフェ。通りを歩いていたら小さな看板があって入ってみたところ。女の子ふたりでやっている手作り感ある楽しいカフェだった。居心地よくておすすめ。 毛豆咖啡へのアクセス 国鉄台南駅から徒歩圏内。駅から正面にのびている成功路を歩いて行き、進行方向右手に大観音亭という寺院が出てきた...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください