越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。

農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるので、これは必見。

農舞台のなかにあるカフェもひさびさに訪れて一休みしてきた。

このあと別の場所でのランチを予約してしまっていたので、カフェとしてのみ利用。開放的な店内はこれ自体がひとつの作品になっていて、里山の風景を映し出している。窓から見えるイリヤ&エミリア・カバコフの棚田もまた美しい。この風景は夏にみると映える。

テーブルに空の色が映り込む。ジンジャーエールを飲む。

カフェでは地元産の食材を使ったドリンクを出していてエルダーフラワーのソーダを頼んでみたのだが、爽やかな酸味とエルダーフラワーの香りが気持ちよく混じり合い夏らしいドリンクになっている。なんだかすばらしく楽しい夏の休日を過ごしている気分。

ランチタイムにはビュッフェスタイルの料理が食べられるので、次回はここでランチをしてみるのもいいなと思う。

「棚田」イリヤ&エミリア・カバコフ

越後まつだい里山食堂
住所:新潟県十日町市松代3743-1 まつだい農舞台
時間:(ランチ)11:00-14:00,(ティータイム)10:00-16:30
休み:水曜日

保存

Related Post

鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ... いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあっ...
專治口渴のカラフルなドリンクは見た目に美しそう... 台南旧市街を南北に通る海安路にある小さなドリンクバー的なお店。カウンターはあるものの、基本的には持ち帰り専門店。 夜遅くまでやっていて、お店のまわりにはビアガーデンのようなお店も多いので、夕食をビアガーデンで楽しんだあとに、ここでお茶とか買ってぶらぶら散歩するというのが楽しい。 ここでの...
小布施 味麓庵の福栗焼きを食べる 小布施堂本店の斜め向かい側、小布施の町並みの中心地にある「小布施 味麓庵」。お昼時から夕方まで行列がたえないお店で、なにか鯛焼きみたいなものを作っているっぽい印象だったのだが、行列がすごすぎてよくわからなかった。 今回、小布施堂の朱雀を食べて朝イチの開店にぴったりあったので、行列もなくお店に入...
ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション(丸の内)に行ってみた... 店内、ちょっとIKEAっぽい感じもある。。 丸の内に行く用事があって、ひと休みがてらに少しお茶をしに立ち寄った。丸の内のブリックスクエアにあって、いつも混雑している印象なのだが、僕が訪れたときは運良く比較的空いていたので待たずにカフェに入ることができた。 店員さんが「いまなら待たずに入...
小布施堂の夏はかき氷を楽しめる! 津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。 途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのは...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください