越後妻有に来るとだいたい立ち寄るのが松代駅のすぐ横にある農舞台という施設。正式名称は「まつだい雪国農耕文化村センター」というところで、なかにはお土産物屋さんとか小さな美術館、カフェレストランなどがある。

農舞台のまわりにも見所が多く、草間彌生の屋外展示作品「花咲ける妻有」もここにあるので、これは必見。

農舞台のなかにあるカフェもひさびさに訪れて一休みしてきた。

このあと別の場所でのランチを予約してしまっていたので、カフェとしてのみ利用。開放的な店内はこれ自体がひとつの作品になっていて、里山の風景を映し出している。窓から見えるイリヤ&エミリア・カバコフの棚田もまた美しい。この風景は夏にみると映える。

テーブルに空の色が映り込む。ジンジャーエールを飲む。

カフェでは地元産の食材を使ったドリンクを出していてエルダーフラワーのソーダを頼んでみたのだが、爽やかな酸味とエルダーフラワーの香りが気持ちよく混じり合い夏らしいドリンクになっている。なんだかすばらしく楽しい夏の休日を過ごしている気分。

ランチタイムにはビュッフェスタイルの料理が食べられるので、次回はここでランチをしてみるのもいいなと思う。

「棚田」イリヤ&エミリア・カバコフ

越後まつだい里山食堂
住所:新潟県十日町市松代3743-1 まつだい農舞台
時間:(ランチ)11:00-14:00,(ティータイム)10:00-16:30
休み:水曜日

保存

Related Post

フルータスの宝石みたいなフルーツづくし... 門前仲町にあるフルーツショップ。人気店で週末は行列になるが、並ぶ価値はあるところ。最初、ちょっと高いよなと思うところはあったけれど、出てきたフルーツの美しさと旬を逃さない美味しさを見極めて出してくれるのは値段に納得感がある。 フルータスへのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から歩いて数分の...
やまねこカフェ – ラテアートがかわいい尾道の有名カフェ... 尾道でカフェを検索すると、人気店として上位にでてくるし、空猫カフェに来ていたお客さんもオススメしていたので、ランチあとに広島へ行く列車の時間つぶしにデザートを食べに来た。 場所は尾道駅からは15分くらい歩くくらいの距離でちょっと離れている。2013年10月現在ではカフェがあるビルの外装工事中で...
ICE MONSTERでマンゴーかき氷を食べる 今回の旅で最も台北的で観光的な行為といえば、ここICE MONSTER(冰館)でかき氷を食べたこと。ここは日本人、台湾人でにぎわっていました。 場所はMRT板南線 國府紀念館駅駅の近く。誠品書店の隣の駅でタクシーで移動しても100元かからないくらいなので、ちょこっと一緒に行ってみるのがいいかも...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...
專治口渴のカラフルなドリンクは見た目に美しそう... 台南旧市街を南北に通る海安路にある小さなドリンクバー的なお店。カウンターはあるものの、基本的には持ち帰り専門店。 夜遅くまでやっていて、お店のまわりにはビアガーデンのようなお店も多いので、夕食をビアガーデンで楽しんだあとに、ここでお茶とか買ってぶらぶら散歩するというのが楽しい。 ここでの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください