今回の旅の目的でもある上郷クローブ座でのランチ。2015年の大地の芸術祭で食べたEAT&TAROの料理の美味しさに感動して、ちょうど予約があいているというので来てみることにした。(2015年のランチ:上郷クローブ座での地産地消ランチ)

席数が限定されているので、かならず食べたいという場合には予約しておいた方がいいと思う。僕は8月の週末に行ったのだけど、客層はほぼ地元の人だったみたいで、「おたくも雪の下にんじん作ってますよねえ」とか、かなり和やかな感じだった。向かい側に座った方から地元ならではのアレンジレシピを聞いたりして結構面白い。

廃校になった学校を再利用している
ランチョンマットはひとりずつ違う詩がかかれている

今回のテーマは谷川俊太郎の詩に息子である谷川賢作が音楽をつけていて、その言葉遊びの詩になぞらえた料理が出てくるというもの。

料理自体は昨年食べたEAT&TAROほどの斬新さはなくて、ごく普通に地元の食材を地元の人たちがその土地ならではのやりかたで提供しているというスタイル。なので、目新しさみたいなのはあまりなくて、普通に美味しいっていう食事だった。

ということでメニュー名は谷川俊太郎の詩のようなこの五皿。

  • かっぱなサラダ
  • もろこしのさるもり
  • ほっとけぶた
  • だいちのたね
  • ひっくりかえしゼリー

地元の女衆たちのパフォーマンスはまたちょっと面白い。たぶん、客層もあったのだろうけど、学芸会っぽさがあったりしてリラックスしていたような気がする。

かっぱなサラダ
もろこしのさるもり
ほっとけぶた
だいちのたね。地元産コシヒカリのおにぎりは絶品だ。
ひっくりかえしゼリー

印象に残ったのは今年もたべたトウモロコシの甘さだなあ。本当に美味しい、クマが食べに来る気持ちもわかる。

キュウリの漬け物もまた美味しくて、レシピを聞いて家に帰ってから何度か作ってしまった。そして、なんといっても津南ポークの料理。シンプルな料理だけど肉のうまさをひきだしている。

2015年と比べるとこじんまりした感じはあるけれど、それでも幸せなランチの時間だったなあって思う。僕はこういう食事が好きみたいだ。

「ことばあそびうた」レストラン produced by 谷川俊太郎・谷川賢作

保存

Related Post

SARU Shiroganeで肉ランチ 白金あたりでランチするというときに思い出すのは「とんかつ すずき」なのだが、混雑しているしゆっくりできないのが面倒なところ。 すぐ近くにビストロっぽい雰囲気のお店があったので気になっていたのだが、行ってみることにした。イタリア料理のお店で気軽に食事を楽しめるいいところだった。 SARU ...
鹿児島空港と空港レストラン、そして「しろくま」を食べる... 鹿児島空港には何度か来ていて、空港にある山形屋のレストランで食事するのが好きなのです。 しかし、今回はちょっと前に「うなぎの尾方」で食事をしてしまっていたこともあり、空港についてからどうしようかなとか思っていたのだけど、デザートがてらに「しろくま」を食べてみることにした。 行ったのは空港...
銀座カイバルでの絶品な北インド料理... インド料理では有名な銀座のカイバル。かなり本格的な北インド料理を食べることができる。 北インド料理ということで、基本的には辛いものが多いのだが(僕は辛いものが苦手)、ここのは美味しいものが多く、ついつい行ってしまう。今回はディナーで訪問。 辛いものが苦手な人でも楽しめるのは定番の...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
済南鮮湯包の絶品小籠包 忠孝新生エリアにある小籠包の名店。僕のなかでは絶品小籠包の称号はディンタイフォン(鼎泰豐)より、こちらの方に迷いのない軍配をあげたい。 タクシーに乗ってこのお店の名前を告げたときに「ああ、その店うまいよね。いいよ、そこ」という反応をうけたこともあるので地元でも人気店なんだと思う。てかもう、タク...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください