今回の旅の目的でもある上郷クローブ座でのランチ。2015年の大地の芸術祭で食べたEAT&TAROの料理の美味しさに感動して、ちょうど予約があいているというので来てみることにした。(2015年のランチ:上郷クローブ座での地産地消ランチ)

席数が限定されているので、かならず食べたいという場合には予約しておいた方がいいと思う。僕は8月の週末に行ったのだけど、客層はほぼ地元の人だったみたいで、「おたくも雪の下にんじん作ってますよねえ」とか、かなり和やかな感じだった。向かい側に座った方から地元ならではのアレンジレシピを聞いたりして結構面白い。

廃校になった学校を再利用している
ランチョンマットはひとりずつ違う詩がかかれている

今回のテーマは谷川俊太郎の詩に息子である谷川賢作が音楽をつけていて、その言葉遊びの詩になぞらえた料理が出てくるというもの。

料理自体は昨年食べたEAT&TAROほどの斬新さはなくて、ごく普通に地元の食材を地元の人たちがその土地ならではのやりかたで提供しているというスタイル。なので、目新しさみたいなのはあまりなくて、普通に美味しいっていう食事だった。

ということでメニュー名は谷川俊太郎の詩のようなこの五皿。

  • かっぱなサラダ
  • もろこしのさるもり
  • ほっとけぶた
  • だいちのたね
  • ひっくりかえしゼリー

地元の女衆たちのパフォーマンスはまたちょっと面白い。たぶん、客層もあったのだろうけど、学芸会っぽさがあったりしてリラックスしていたような気がする。

かっぱなサラダ
もろこしのさるもり
ほっとけぶた
だいちのたね。地元産コシヒカリのおにぎりは絶品だ。
ひっくりかえしゼリー

印象に残ったのは今年もたべたトウモロコシの甘さだなあ。本当に美味しい、クマが食べに来る気持ちもわかる。

キュウリの漬け物もまた美味しくて、レシピを聞いて家に帰ってから何度か作ってしまった。そして、なんといっても津南ポークの料理。シンプルな料理だけど肉のうまさをひきだしている。

2015年と比べるとこじんまりした感じはあるけれど、それでも幸せなランチの時間だったなあって思う。僕はこういう食事が好きみたいだ。

「ことばあそびうた」レストラン produced by 谷川俊太郎・谷川賢作

保存

Related Post

999 Shan Noodle House はヤンゴンでおすすめのローカルフードのレストラン... 店の外観 ヤンゴン旧市街、スーレーパゴダの近くにあってランチにおすすめなシャン料理のお店。香港のお店みたく小さなローカルフードのレストランといった趣。 うっかりしていると通り過ぎて見失ってしまうので、看板を注意深くみておくこと。 店内は地元のおっちゃんやら観光客で賑わっているが、...
すずらんのラーメンは値段以上の価値がある... 恵比寿新聞ですこし大げさなんじゃないか?と思えるくらいの記事をみかけて、でもやはり美味しそう・・という誘惑に駆られて訪れたところ。(恵比寿新聞:全て手作り!素材に対する愛が究極すぎる恵比寿に引っ越ししてきたらーめん「すずらん」) 写真も説明も恵比寿新聞の方がしっかりしているので、そちらをごらん...
胡々里庵で地産地消な蕎麦御膳 花見山で豪勢なお花見をした後はランチの時間。ちょっと温泉にも行きたいしなってことで、福島の町外れの方へ向かって車をすすめた。行ってみたのは胡々里庵というところ。地産地消で美味しい蕎麦を楽しめた。 アクセス 福島市内からは車で20分くらい。花見山からだと30分くらい。磐梯吾妻ラインの方へ行...
バンコクのMKレストランでタイスキ スクンビットのターミナル21をはじめとして、結構あちこちにあるタイスキレストランの有名店。 このお店って九州を中心に日本にも出店をしていて、同行者は「これって日本のレストランですよね」といっていた。が、ちがいます。タイ資本のレストランなのです。しかも、かなりタイでメジャーなレストランなのです。...
美瑛の丘を眺めながらのんびりランチ「あるうのぱいん」はオフシーズンに行くのがいい... 今回の美瑛旅で泊まっているスプウン谷のザワザワ村から歩いて15分くらいのところにあるベーカリーカフェ。人気のお店みたいでハイシーズンには大混雑するみたいだが、今回の旅は晩秋の感じもありオフシーズンでのんびりとしていた。宿からのんびりと散歩しながらランチを食べに行ってきた。 「あるうのぱいん」へ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください