今回の旅の目的でもある上郷クローブ座でのランチ。2015年の大地の芸術祭で食べたEAT&TAROの料理の美味しさに感動して、ちょうど予約があいているというので来てみることにした。(2015年のランチ:上郷クローブ座での地産地消ランチ)

席数が限定されているので、かならず食べたいという場合には予約しておいた方がいいと思う。僕は8月の週末に行ったのだけど、客層はほぼ地元の人だったみたいで、「おたくも雪の下にんじん作ってますよねえ」とか、かなり和やかな感じだった。向かい側に座った方から地元ならではのアレンジレシピを聞いたりして結構面白い。

廃校になった学校を再利用している
ランチョンマットはひとりずつ違う詩がかかれている

今回のテーマは谷川俊太郎の詩に息子である谷川賢作が音楽をつけていて、その言葉遊びの詩になぞらえた料理が出てくるというもの。

料理自体は昨年食べたEAT&TAROほどの斬新さはなくて、ごく普通に地元の食材を地元の人たちがその土地ならではのやりかたで提供しているというスタイル。なので、目新しさみたいなのはあまりなくて、普通に美味しいっていう食事だった。

ということでメニュー名は谷川俊太郎の詩のようなこの五皿。

  • かっぱなサラダ
  • もろこしのさるもり
  • ほっとけぶた
  • だいちのたね
  • ひっくりかえしゼリー

地元の女衆たちのパフォーマンスはまたちょっと面白い。たぶん、客層もあったのだろうけど、学芸会っぽさがあったりしてリラックスしていたような気がする。

かっぱなサラダ
もろこしのさるもり
ほっとけぶた
だいちのたね。地元産コシヒカリのおにぎりは絶品だ。
ひっくりかえしゼリー

印象に残ったのは今年もたべたトウモロコシの甘さだなあ。本当に美味しい、クマが食べに来る気持ちもわかる。

キュウリの漬け物もまた美味しくて、レシピを聞いて家に帰ってから何度か作ってしまった。そして、なんといっても津南ポークの料理。シンプルな料理だけど肉のうまさをひきだしている。

2015年と比べるとこじんまりした感じはあるけれど、それでも幸せなランチの時間だったなあって思う。僕はこういう食事が好きみたいだ。

「ことばあそびうた」レストラン produced by 谷川俊太郎・谷川賢作

保存

Related Post

In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...
並ばない鼎泰豊、恵比寿店でのランチ... 日本にも多数出店してきて物珍しさもなくなってきた、ディンタイフォン(鼎泰豐)の小籠包。アトレ恵比寿の七階にも出店しているので行ってみた。オープンして間もない頃は平日のランチでも並んでいたけれど、いまは落ち着いてきていて混雑さもなくなっている。 カウンターの一人席やボックス席など多様な席のアレン...
恵比寿のブレッツカフェでのランチは優雅で高い... 恵比寿にあたらしくできたブレッツカフェでランチをしてきた。ル ブルターニュの系列店でブレッツカフェだと、神楽坂にあるお店より手軽に楽しめるっていうイメージをもっていたのだけど、ランチにしては少し手軽感はないかなというコストパフォーマンス。 でも、雰囲気はいいし、ちょっと裏通りだけど開放的な店内...
トスカネリア – 恵比寿の隠れ家的イタリアン... イタリアンレストランで本当に美味しいところって、あまりないよなあ・・と思っていたのだが、恵比寿でみつけたトスカネリアは感動するくらいに美味しいレストランだった。 場所は恵比寿駅からは少し歩く場所で、しかも坂道をずっとあがっていくところにある。住宅地のなかにある感じ。席数はそれほど多くなく20席...
三城(松本)への再訪 前回の初秋にひきつづき、今回の来松でも三城に立ち寄ってきた。ここはネットのクチコミでは賛否両論あるし、地元でも訪れる人は限られているのだが、僕はここはとても気に入っている蕎麦店のひとつである。 予約の電話から洗練されていて、電話番号を確認するとかいうのはこの店にとっては客を信用していない無粋な...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください