津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。

途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのはこの町の中心である小布施堂。前に来たときはモンブラン食べるのに並んだんだよな。

前回の訪問:小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく

いまは夏の季節なので朱雀は出ていないのだが、夏ならではということでかき氷をいただいてみることにする。週末ということもあり店内はほぼ満席。スタッフの接客は洗練されていて気持ちがいい。

かき氷は小布施ならではの栗あんソースがけにしてみる。氷は天然水を冬の寒さで凍らせたものを切り出しているということで、かなり本格的なかき氷。

栗がごろっと入った栗シロップをかける
小布施堂のかき氷。どうも不器用で見た目いまいちだけど・・美味しいです

小ぶりだけど、ふわっとしたかき氷は絶品で、なによりこの栗のソースは外だけでなく、内側にもあって満足度が高い。

抹茶がけということで、抹茶もついてくるのだけど、この濃いめに作られた抹茶をかけると苦みが絶妙なアクセントになってくれる。贅沢なかき氷だ。

秋の朱雀だけでなく、季節ごとに美味しいものがあり夏場のかき氷もまた絶品の味だった。

小布施堂
住所:長野県上高井郡小布施町小布施808
時間:10:00-16:00
休み:なし

保存

Related Post

広尾のMAX BRENNER CHOCOLATE BARに甘くないランチが登場していた... ひさびさの広尾のマックスブレナー行ってみたら、甘くないランチが登場していた。しかし、甘いものあってのマックスブレナー。両方楽しんでみた。 アクセス 広尾駅から20秒くらい。明治屋が入っているのと同じ建物にあり、広尾まで来ればアクセスは簡単。とはいえ、広尾という街自体がちょっとマイナーとい...
浅草浪花家は「鯛焼き」だけじゃもったいないかき氷の名店... 夏になれば食べたくなるのがかき氷。おしゃれだったり、素材にこだわったりしている「クラフトかき氷」みたいなものも増えてきている。 そのなかで、シンプルな昔ながらなかき氷を出してくれるのが浅草にある「浅草浪花家」だと思う。ここは鯛焼きも絶品なので、アツアツと冷え冷えをどちらも楽しみたい。 浅草浪...
上郷クローブ座「ことばあそびうたレストラン」でランチをしてきた... 今回の旅の目的でもある上郷クローブ座でのランチ。2015年の大地の芸術祭で食べたEAT&TAROの料理の美味しさに感動して、ちょうど予約があいているというので来てみることにした。(2015年のランチ:上郷クローブ座での地産地消ランチ) 席数が限定されているので、かならず食べたいという場...
Seiffener Tippel(ザイフェナー ティッペル)で本場のバームクーヘンを発見... 山小屋な外観 阿蘇をドライブしているときに「バームクーヘン」という文字につられて立ち寄ったお店。そう、僕はバームクーヘンが大好きなのです。 お店はなんていうかかわいいヨーロッパの家という感じで阿蘇にこれは・・と思わなくもないけれど、なかにはいってみるとかなりドイツっぽい感じに作られてい...
道南館でゆっくりとした時間を過ごす... 美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。 道南館へのアクセス 民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください