津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。

途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのはこの町の中心である小布施堂。前に来たときはモンブラン食べるのに並んだんだよな。

前回の訪問:小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく

いまは夏の季節なので朱雀は出ていないのだが、夏ならではということでかき氷をいただいてみることにする。週末ということもあり店内はほぼ満席。スタッフの接客は洗練されていて気持ちがいい。

かき氷は小布施ならではの栗あんソースがけにしてみる。氷は天然水を冬の寒さで凍らせたものを切り出しているということで、かなり本格的なかき氷。

栗がごろっと入った栗シロップをかける
小布施堂のかき氷。どうも不器用で見た目いまいちだけど・・美味しいです

小ぶりだけど、ふわっとしたかき氷は絶品で、なによりこの栗のソースは外だけでなく、内側にもあって満足度が高い。

抹茶がけということで、抹茶もついてくるのだけど、この濃いめに作られた抹茶をかけると苦みが絶妙なアクセントになってくれる。贅沢なかき氷だ。

秋の朱雀だけでなく、季節ごとに美味しいものがあり夏場のかき氷もまた絶品の味だった。

小布施堂
住所:長野県上高井郡小布施町小布施808
時間:10:00-16:00
休み:なし

保存

Related Post

見た目地味だが味は絶品、台南で八寶冰といえば「八寶冰圓仔惠」... 台湾でデザートといえば、マンゴーかき氷とかフルーツの盛り合わせとか最近だとジェラートとか色々なものがあって目移りしてしまう。 そんななかで、かなり地味な存在だけど忘れてはならないもののひとつは八寶氷というかき氷。タロイモとか豆が入ったスイーツで見た目は地味な色合いなのだが、しみじみ美味しい台湾...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...
宮月堂(門前仲町)のあげまんは美味しいんだけど高い... 深川不動尊参道沿いにある和菓子屋さん。ちょっとしたお土産に最適なもので、あげ饅頭を「あげまん」という商標はここがもっているらしい。商標で保護するほどのものなのだろうかって思ってしまったのだが、なにが起きるかわからないものな。 宮月堂へのアクセス 東京メトロ門前仲町の出口のすぐ横。深川不動...
カフェ えどもんずでワインのようなブルーマウンテンコーヒーを味わう... アジフライで有名なさすけ食堂のほぼ向かい側にある古民家カフェの「カフェ えどもんず」。さすけ食堂の待ち時間に訪れる人も多いのだけど、美味しいコーヒーとゆっくりした時間を過ごすのであればやはり食後に訪れたいところ。挽き立てのブルーマウンテンコーヒーはワインのように深い味わいだった。 カフェ えど...
恵比寿で落ち着いてコーヒー飲むなら「ヴェルデ」がいいかも... 恵比寿でコーヒーといえば猿田彦珈琲が好きなんだけど、ちょっと狭いのと混んでいることが多い。 そして、純粋にコーヒーを楽しむということであれば、恵比寿駅西口にあるヴェルデの方がおすすめできる。 惜しむらくは、いまどきまだ喫煙可のお店であるということなのだが・・・。まあ、好みの問題なのだろう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください