2016年の夏も終わりになろうとしているときの信州への旅。早朝に出発して朝食は中央道の八ヶ岳パーキングエリアで食べることにする。

もっと手前にも談合坂とか双葉とか大きいサービスエリアはあるのだが、やたらと混んでいてギスギスした雰囲気があまり好きではない。

このあたりまで来るとちょっとのんびりしてきていて、風も気持ちよくなってくるので、ひとやすみすることにしている。

パーキングエリアの扱いなのでそれほど大きくないけれど、トイレもきれいだしフードコートもある。ここのフードコートは季節に応じてメニューが変わるのだが、僕は夏場に出てくる地元である八ヶ岳産のトマトをふんだんに使ったトマトカレーが好きなんだよな。

八ヶ岳パーキングエリア、夏の風物詩はトマトカレー
食後には巨大ソフトクリーム

普通のカレーだとかなり平凡なものが出てくるのだけど、トマトカレーは同じ店なのかっていうくらいに洗練されて見た目にも美しいものが登場するのです。味もトマトの酸味をいかしていてフードコートで食べるものとしてはかなり美味しい。スパイスよりもトマトの風味がまさっているのがインドで食べるトマトカレーとは違うところかな。

夏場の時期だと、パーキングエリアの軒先でも採れたてのトマトを売っていたり、冷やしたものが食べられたりしてそれも見逃せない。

そして、もうひとつは地元産の牛乳から作られたソフトクリーム。通常サイズと特大サイズの二種類があるのだが、ここはひとつ特大サイズを試してみて欲しい。値段の差以上に大きさが全然違っていて、ソフトクリームを心ゆくまで堪能することが出来る。そして、ここのソフトクリームはどこまで食べても濃厚なクリームの味がする。いい天気の日に八ヶ岳を眺めながら食べるソフトクリームは最高に気持ちがいい休日になると思う。

八ヶ岳パーキングエリアの下り線側は、地産地消の宝庫で旅をしていて楽しいところなのです。

Summary
Review Date
Reviewed Item
八ヶ岳パーキングエリア
Author Rating
31star1star1stargraygray

Related Post

北の屋台村とプチ・プレジール 「帯広に来たなら北の屋台村は外せない」という友人のアドバイスもあってやってきた。 北の屋台村は、帯広の繁華街の小さな路地裏にあって、常設の屋台村という感じ。福岡の屋台に似ている。共同だけどトイレもある。 お店のラインナップは居酒屋が多いのだけど、そんななかで今回訪れたプチ・プレジールは名...
夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
札幌場外市場と「魚屋の台所」での豪華な朝食... バニラエアは早朝便だったので、朝食を食べるために札幌の場外市場に行ってみた。 ちょっとしたベタな観光地だけれど、観光地ならではの安定したところが好き。ちょっと市場をのぞいてみるのだけど「このカニ、出荷がキャンセルになって今日だけ激安なんですよ」とか、アメ横でよく見かける毎日閉店セールみたいなこ...
富良野で有名なカレー店「唯我独尊」は高くて面倒くさいけれど価値がある一品だ... 新千歳空港で車を借りて今日の宿がある美瑛へと向かうことにする。高速道路を降りて富良野を通りすぎるくらいのときに少し早めだけどランチを食べることにした。観光地といえばカレーのお店が多くて、富良野にある唯我独尊もかなり有名なところ。まあ、オープンと同時の時間だし大丈夫だろうと行ってみた。 唯我独尊...
夏の碌山美術館にも来てみることにした... 萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。 冬の訪問:安曇野の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です