野毛のちょっと端っこに近いエリアの雑居ビルみたいなところの二階にあるお店。

居酒屋というか小料理屋と呼んでもいいような感じで、一品料理が秀逸に美味しいところだった。そうだよな。

お酒を楽しむところというのはこういうところがいいよなって思えるお店。

お店は雑居ビルみたいなところの二階にあって入口にある看板が目印。入るとすぐにカウンターが並んでいて、奥にはテーブル席もあるが、人数が少なければ断然カウンター席の方が楽しいと思う。

というのも、ここはカウンターの上に並んだ一品料理から自分で選んで頼む方式だから。この方法だと自分がなにを食べたいかって選びやすい反面、あれこれ食べ過ぎてしまう。とはいえ、このお店の小料理はどれも美味しかったので幸せ。

選んだのは、小アジの唐揚げとブリ大根。そして茄子の肉味噌というもの。なかでも小アジの唐揚げは見た目以上に手間がかかっていて、さくさくと食べられて美味しい。ビールにもよくあう味だな。

そして、訪れたのが冬だったこともあり寒ブリの刺身を頼んでみたが、これも脂がのっていて美味しかったなあ。季節の料理をちゃんと出しているのが好感もてるところ。そう、チェーン系の居酒屋でフライドポテト食べている場合ではないよな。

刺身はぶりと小はだ

ちまちまとお酒を飲みながら料理を楽しみ、のんびりとした夜を過ごす。これが日本の正しきお酒を楽しむ時間という感じだな。料理、お酒、雰囲気含めてすごく好きなところだ。野毛に来たらここは通いたいなって思うお店ができた。

の毛 わかば
住所:神奈川県横浜市中区花咲町1-22
時間:17:00-22:30
休み:日曜日

Summary
Review Date
Reviewed Item
の毛 わかば
Author Rating
31star1star1stargraygray

Related Post

フレンチな大衆居酒屋、森下の山利喜で飲んできた... 東京の東側にある森下という街はJR線も通っていなくて少しマニアックなところだけれど、地下鉄でのアクセスが便利な穴場の街だと思っている。そんな森下のなかで人気な居酒屋である山利喜で飲んできた。気さくで手軽なお店なのに、手が込んだ料理を出してくれて、ちゃんと美味しい。なんて幸せな居酒屋なのだろうか。こう...
浅間(四谷三丁目)で日本酒を楽しむ... だいたい日本酒が飲みたくなると来るのが四谷三丁目の浅間。 日本酒に対する店主の講釈には好き嫌いがあるみたいだけど、日本酒についてあまりよくわかっていない僕としては勉強になるし、話を進めていくことによって自分好みのお酒を選んでくれるというこのお店のスタイルは結構好きだったりする。 たぶん、...
うなぎの尾方(霧島)で鹿児島産のうなぎを食べる... お店は普通のロードサイドのレストランといった風情 鹿児島でうなぎを食べるというのがちょっと想像つかなかったんだけど、飛行機の時間まで余裕あったし、地元の人のおすすめで来てみた。 場所は霧島なのだけど、鹿児島空港からもわりと近いので利便性高いと思うが、車でないとアクセスは難しいところ(し...
水車挽き番所そば 中之屋 – 全てが自家製の地元一番店... 松本から車で1時間弱。上高地に向かう道を途中で折れて乗鞍高原へと向かう道に入ると、とたんに車の往来も減ってくる。そんな辺鄙なロケーションにあるのに、ランチタイムのこのお店は待ち人が出るくらいの人気店。 それもそのはずというか、地元の人にうまい蕎麦屋といえば!とよくおすすめされるくらいのお店なの...
三島由紀夫が最後の晩餐をしたことでも有名な新橋の末げんは親子丼でも有名なところ... 新橋駅のSL広場からすぐのところにある鳥割烹の老舗は、三島由紀夫が自決する前に最後の晩餐をしたところとしても有名なお店となっている。三島由紀夫が食べたのは鶏鍋がついている夜のコース料理なのだけど、新橋の外の喧噪が無縁な静かな店内で食べるランチもまたいいものだ。   お店の外観...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください