萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。

冬の訪問:安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館

碌山美術館へのアクセス

松本から出ている大糸線に乗って30分くらい。安曇野の中心地である穂高駅から歩いて7-8分のところにある。穂高駅を降りて線路沿いに歩いて行き、踏切を渡ってすぐのところ。大糸線は近郊路線といった雰囲気で比較的本数も多いので、松本から電車でのアクセスも便利だと思う。

碌山美術館について

明治時代に活動していた萩原碌山の個人美術館。碌山の作品のほか、影響を受けた作品などの展示もあって、小さいながらもわりと見どころが多い美術館になっている。

基本的には冬に来たときと同じような展示だったので、改めてみてまわる感じになったけれど、見どころは美術館の建物、そして作品では「女」という彫像になるだろう。

古い教会のような美術館の建物は冬は雪で覆われ、夏は蔦で覆われている。日本にこういうところがあるのかって不思議な景色。9月に入ったばかりの安曇野はすでに秋の空気でふいてくる風は涼しい。

週末だけど、午前中だと訪れる人も少ない美術館は静かにみてまわることができて気分が落ち着く。小さいけれど安曇野にある美術館のなかではすごく好きなところだなあ。安曇野を散策するときには訪れてみてほしいところ。

碌山美術館
住所:長野県安曇野市穂高5095-1
時間:9:00-16:10(3-10月は17:10)
休み:5-11月は無休。それ以外は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日-12月31日。

保存

Related Post

安曇野屈指の観光スポットはわさび尽くし!「大王わさび農園」へ行ってきた... 大王わさび園というところは、安曇野を旅していると一度は必ず訪れるし、行くところに困ったらとりあえず行ってみるところという感じがある。そんなメジャーな観光地ではあるし、わさびだらけと思うかもしれない。しかし、意外にも黒澤明の映画ロケ地に使われていたりして美しい風景がある場所だったりする。今回久々に訪れ...
国立新美術館でやっている「草間彌生展 わが永遠の魂」をみてきた... ひさびさに行われた草間彌生の個展をみてきた。何年か前に松本市美術館で行われていた「永遠の永遠の永遠」の個展がさらにスケールアップしていて、圧倒的な迫力だ。同時期にやっているミュシャ展も気になってはいるのだが、同時にふたつをみる体力はなかった。 とりあえず、草間彌生本人のインタビューとか歌まで入...
大地の芸術祭 2015 – 十日町エリア編... 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭をみてきた。 7月から9月にかけて行われているこのイベント。かなり広大なエリアにまたがっているので、今回3日間の滞在だったが全てを見てまわれる感じではなく、一部の有名どこの作品には行っていない。十日町エリアだと「絵本と木...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
いちはらアート×ミックス2014「IAAES(旧里見小学校)」編... カフェでのご飯うまかった 2014年の春にみてきた「いちはらアート×ミックス」。駐車場が有料な施設だったので当初はスルーしようと思っていたのだが、「指輪ホテル」を観に行ったついでに近所だったこともあり行ってみた。 廃校となった小学校を再利用した施設で、IAAESとは「市原芸術・スポーツ...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
碌山美術館
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください