萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。

冬の訪問:安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館

碌山美術館へのアクセス

松本から出ている大糸線に乗って30分くらい。安曇野の中心地である穂高駅から歩いて7-8分のところにある。穂高駅を降りて線路沿いに歩いて行き、踏切を渡ってすぐのところ。大糸線は近郊路線といった雰囲気で比較的本数も多いので、松本から電車でのアクセスも便利だと思う。

碌山美術館について

明治時代に活動していた萩原碌山の個人美術館。碌山の作品のほか、影響を受けた作品などの展示もあって、小さいながらもわりと見どころが多い美術館になっている。

基本的には冬に来たときと同じような展示だったので、改めてみてまわる感じになったけれど、見どころは美術館の建物、そして作品では「女」という彫像になるだろう。

古い教会のような美術館の建物は冬は雪で覆われ、夏は蔦で覆われている。日本にこういうところがあるのかって不思議な景色。9月に入ったばかりの安曇野はすでに秋の空気でふいてくる風は涼しい。

週末だけど、午前中だと訪れる人も少ない美術館は静かにみてまわることができて気分が落ち着く。小さいけれど安曇野にある美術館のなかではすごく好きなところだなあ。安曇野を散策するときには訪れてみてほしいところ。

碌山美術館
住所:長野県安曇野市穂高5095-1
時間:9:00-16:10(3-10月は17:10)
休み:5-11月は無休。それ以外は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日-12月31日。

保存

Summary
Review Date
Reviewed Item
碌山美術館
Author Rating
41star1star1star1stargray

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です