萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。

冬の訪問:安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館

碌山美術館へのアクセス

松本から出ている大糸線に乗って30分くらい。安曇野の中心地である穂高駅から歩いて7-8分のところにある。穂高駅を降りて線路沿いに歩いて行き、踏切を渡ってすぐのところ。大糸線は近郊路線といった雰囲気で比較的本数も多いので、松本から電車でのアクセスも便利だと思う。

碌山美術館について

明治時代に活動していた萩原碌山の個人美術館。碌山の作品のほか、影響を受けた作品などの展示もあって、小さいながらもわりと見どころが多い美術館になっている。

基本的には冬に来たときと同じような展示だったので、改めてみてまわる感じになったけれど、見どころは美術館の建物、そして作品では「女」という彫像になるだろう。

古い教会のような美術館の建物は冬は雪で覆われ、夏は蔦で覆われている。日本にこういうところがあるのかって不思議な景色。9月に入ったばかりの安曇野はすでに秋の空気でふいてくる風は涼しい。

週末だけど、午前中だと訪れる人も少ない美術館は静かにみてまわることができて気分が落ち着く。小さいけれど安曇野にある美術館のなかではすごく好きなところだなあ。安曇野を散策するときには訪れてみてほしいところ。

碌山美術館
住所:長野県安曇野市穂高5095-1
時間:9:00-16:10(3-10月は17:10)
休み:5-11月は無休。それ以外は月曜日と祝祭日の翌日。12月21日-12月31日。

保存

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「IAAES(旧里見小学校)」編... カフェでのご飯うまかった 2014年の春にみてきた「いちはらアート×ミックス」。駐車場が有料な施設だったので当初はスルーしようと思っていたのだが、「指輪ホテル」を観に行ったついでに近所だったこともあり行ってみた。 廃校となった小学校を再利用した施設で、IAAESとは「市原芸術・スポーツ...
中之条ビエンナーレ2013(暮坂編) 芸術の秋ってことでもないけれど、群馬の中之条で2年ごとに開催されている中之条ビエンナーレをみてきた。 暮坂峠を含む、暮坂エリア編なのだが、僕のなかではこのビエンナーレのなかで最も印象が薄いエリアというかなんというか・・。六合から中之条に抜ける道すがら通ってみたという印象。スタン・アンダソンの「...
安曇野の廃線跡を歩いてみる 安曇野に住んでいる友人は、こっちの観光関連の組織に勤めているらしく、訪れてきた観光客へたまに「ハイ、こちらがおすすめですよ」とかやっているらしい。 そして、風ゆらでランチを食べながら、ランチ食べたあと軽くどこか観るところある?って話しをしていて向かったのは篠ノ井線の廃線跡。 1980年代...
土曜日の小旅行「冬のちばらき。いちご、あんこう、アート編」... まだまだ春が遠いなあという2月半ばくらい。ちょっとだけ春を先取りしてくるかと週末に出かけてみることにした。今回の行き先を決めた目的は水戸芸術館でやっている石川直樹の個展「この星の光の地図を写す」を見に行くというのあって茨城方面へ。茨城というと地味で旅行先としてあまり選ばないところだが、なかなかに楽し...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...

Feature

Summary
Review Date
Reviewed Item
碌山美術館
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください