ブータンにて

このブログをはじめてから、年末にはその年の旅のまとめを作っていたのだけど、記事数が増えすぎてしまって、旅をしてから記事になるまで時間がかかってしまっている現状。

このため、2016年には旅のまとめみたいなのを作るのをやめてしまったのだけど、そのかわりに振り返りみたいなのをしてみようかと思う。

なお、ここで取り上げているブログのアクセスに関する数字は全てGoogle Analyticsを基準としている。

ブログをやっていて、2016年にもっともいいなと思ったのは、アクセス数が増えているなかで直帰率が38%まで減ったということ。直帰率が減るということが完全に正しいことではないと思うけれど(検索でたどり着いてすぐに問題解決して離脱しても直帰だし)、アクセス数が増えてきているなかで直帰率が減少していくというのは、やってきている人が増えているけれど、そこから記事を深掘りして読み進めているともいえるので、これはブログをやっていてよかったと思う点。

そして、同じくアクセスが増えているなかで、リピート率が25%で推移しているというのもちょっと嬉しい。一期一会で来て見ていくのもいいけれど、「リピートのアクセス≒サイトを認知している」と考えるならば、リピートが増えているのはいいなと思っている。

ということで、2016年にもっとも読まれた記事のTOP5を紹介。

全部で1,400件くらいの記事があるなかでわりとまんべんなくアクセスがあるけれど、なかでもこれらの記事が多くなっています。

ところで。上にある写真はなににしようか迷ったのだけど、旅っぽいということで以前に訪れたブータンの写真。この記事とはあまり関係がないのですが・・。

このブログでもっとも充実している分野のひとつかもしれないのが台北でのカフェ事情。台北でお茶といえば中国茶と茶藝館ということになるとは思うけれど、コーヒーや紅茶も美味しくて雰囲気のいいところが沢山あるのでおもしろい。

意外だったのがこちらの記事。たしかにシェムリアップ空港ってなにしていいかわかんないものな。いまでも思うけれど、2時間前に行っても時間を持てあますだけだと思う。

この記事については、現時点では追記にも書いたけれど、台北駅側のバスターミナルが変わっていて、状況が変わっています。なので記事を更新するか、検索エンジンのインデックスから落とすことを考えています。

最新情報はこちら。
shimajiro@mobiler「台北駅-桃園空港を結ぶ國光客運のバス「1819系」が乗り場移転、半屋外・台北西駅から約10分の距離に注意」 – 2016/11/14

台南といえば小吃という食堂を中心とした食文化のほかに帆布バッグの名店があるのもまた見逃せないポイント。同じ古都ということでいえば、京都に一澤帆布があるように、台南には永盛帆布行があるともいえる。普段使いにも便利なバッグなのでアクセスが多いのは嬉しい。

台北カフェリストのまとめ的なコンテンツ。2016年にも新しいところはいくつか訪れているので、近いうちに新しい更新版を作ろうかと思っています。

さいごに。

2017年もどういう旅をするのか、ぜんぜん予定も予測もつかないけれど、楽しんでいきたいなというところ。ブログはアクセス数が全てではないけれど、こんな自分だけが楽しんでやっているようなブログでも読んでくれる人がいるというのはありがたいことです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です