安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)へのアクセス

安曇野の中心地である穂高地区にある。田んぼのなかにある納屋のような建物が目印なのだが、公共交通機関があるような様子はないので車でのアクセスとなる。お店の前に駐車スペースがあるのでそこにとめられる。ただ、田園のなかでとくに目立つ場所ではないので探すのに苦労するかもしれない。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)について

かまぼこ型の屋根がかわいい建物はなかに入ると天井が高く開放感がある。アトリエのような雰囲気で木の暖かみがある。季節によって雰囲気が異なって来るのだろうな。特徴的なのは窓に向かってならぶひとり掛けのソファ席。カウンターの席になっているのだが、ひとつひとつの椅子が独立していて座ると隣の席の人と話すことができないくらい。

でも、窓の外の風景を眺めながら、ひとりでゆっくりとコーヒーを飲むにはこれ以上ないくらいに幸せな世界。なにより大きめのマグにたっぷりとコーヒーが出てくるので、時間を忘れて滞在してしまう。ケーキなどは近くのお店から取り寄せているみたいだけど、これもまたしっかりと美味しくてコーヒーとよくあうので試してみるのがいいと思う。

Chillout Style Coffee:窓の外には安曇野の田園風景
気持ちのいいソファ

もうひとつ、このお店が好きなのはコーヒー豆が手頃で質の高いところ。さらに、コーヒー豆を買うとその場で頼むコーヒーが一杯無料サービスになるという大盤振る舞い。イルガチェフェのG-1があったので豆を買ったし、その場でも飲んだのだけどイルガチェフ特有の発酵感のある豊かな香りがありワインのように楽しめる。そしてなによりも濃厚。なんて美味しいのだ、贅沢な時間を過ごせるのだ。

難点があるといえばそのゆったりした席のつくりから人が入れかわらず人気が出てくるとお店に入れなくなること。さらに、お店が忙しいと電話に出てくれないので、行く前に電話してみて、電話に出てくれなければ、臨時休業か、またはきっと満席なんだと思った方がいい。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)
住所:安曇野市穂高有明3293-1
時間:9:00 – 18:00
休み:木曜日、不定休

Related Post

ル・パン・コティディアンで朝食を 芝公園のプリンスホテルそばにあるベーカリー&カフェで朝食を食べて週末の1日をはじめてみた。 ル・パン・コティディアンはベルギー発祥のベーカリーで、パン屋さんとそこに併設されたカフェで食事を楽しむことができる。再生材を用いた店内は外の光が入り込んでいて、朝食を過ごすにはぴったりの環境。 ...
The Deck – ワットアルンを眺めながら優雅に食事を楽しめる... チャオプラヤ川沿いにあるバンコクでも人気のレストラン。夜はかなり雰囲気がある予約必須のレストランなのだけど、ランチタイムは比較的余裕があるので訪れてみるのもおすすめ。予約をするのであれば、日本語でオンラインで予約することも可能。予約はこちら。 ワットポーからも近く、ター・ティアン桟橋からすぐの...
安曇野の碌山美術館は小さいけれど雰囲気のいい美術館... 松本から安曇野へ大糸線に乗って30分くらい。松本市内はたいして雪も積もっていないのだが、30分も北に移動するだけで結構積もっている。 これがさらに、北へ30分移動した信濃大町は1メートル以上ということだから、このあたりの冬の気候はちょっとしたところで全然異なる。 僕は安曇野に住んでいる友...
爐鍋珈琲(LuguoCafe) – 迪化街で一休みできる台湾風カフェ... もし台北において、限られた時間のなかでどこか一軒でも台湾風なカフェにいってみたいというのであれば、こちらの爐鍋珈琲(LuguoCafe)がおすすめできると思う。僕も5月に訪問してからリピートしてみたくらい。 なぜ、限られた時間のなかで訪問するカフェとしておすすめなのかというと・・・ 迪...
上高地帝国ホテルは泊まらなくても立ち寄る価値がある... 上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。 ロビーには巨大なマ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.