安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)へのアクセス

安曇野の中心地である穂高地区にある。田んぼのなかにある納屋のような建物が目印なのだが、公共交通機関があるような様子はないので車でのアクセスとなる。お店の前に駐車スペースがあるのでそこにとめられる。ただ、田園のなかでとくに目立つ場所ではないので探すのに苦労するかもしれない。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)について

かまぼこ型の屋根がかわいい建物はなかに入ると天井が高く開放感がある。アトリエのような雰囲気で木の暖かみがある。季節によって雰囲気が異なって来るのだろうな。特徴的なのは窓に向かってならぶひとり掛けのソファ席。カウンターの席になっているのだが、ひとつひとつの椅子が独立していて座ると隣の席の人と話すことができないくらい。

でも、窓の外の風景を眺めながら、ひとりでゆっくりとコーヒーを飲むにはこれ以上ないくらいに幸せな世界。なにより大きめのマグにたっぷりとコーヒーが出てくるので、時間を忘れて滞在してしまう。ケーキなどは近くのお店から取り寄せているみたいだけど、これもまたしっかりと美味しくてコーヒーとよくあうので試してみるのがいいと思う。

Chillout Style Coffee:窓の外には安曇野の田園風景
気持ちのいいソファ

もうひとつ、このお店が好きなのはコーヒー豆が手頃で質の高いところ。さらに、コーヒー豆を買うとその場で頼むコーヒーが一杯無料サービスになるという大盤振る舞い。イルガチェフェのG-1があったので豆を買ったし、その場でも飲んだのだけどイルガチェフ特有の発酵感のある豊かな香りがありワインのように楽しめる。そしてなによりも濃厚。なんて美味しいのだ、贅沢な時間を過ごせるのだ。

難点があるといえばそのゆったりした席のつくりから人が入れかわらず人気が出てくるとお店に入れなくなること。さらに、お店が忙しいと電話に出てくれないので、行く前に電話してみて、電話に出てくれなければ、臨時休業か、またはきっと満席なんだと思った方がいい。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)
住所:安曇野市穂高有明3293-1
時間:9:00 – 18:00
休み:木曜日、不定休

Related Post

スマート珈琲店でモーニングのホットケーキ... 京都にある老舗の喫茶店であるスマート珈琲店。前から気になっていたのだけど、ようやく訪問することができた。 場所は寺町通りの商店街のなかにあるので、便利な場所になる。アーケードになっているので天気に左右されないのもらくちん。 朝に訪問したのだけど、意外と混んでいて僕が入った後は数組の待ちが...
銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...
NASU SHOZO CAFEは世界でもっとも好きなカフェのひとつ... 僕があちこち行くカフェと呼ばれるもののなかで、世界でもっとも好きな場所のひとつ。すごいなにかがあるってことじゃないけれど、あえていえば、いつの間にか時間経っているすごいところという感じ。 那須から山の方へ向かう一本道のロードサイドにあるのだけれど、まわりを美しい林に囲まれている静かなロケーショ...
カフェ えどもんずでワインのようなブルーマウンテンコーヒーを味わう... アジフライで有名なさすけ食堂のほぼ向かい側にある古民家カフェの「カフェ えどもんず」。さすけ食堂の待ち時間に訪れる人も多いのだけど、美味しいコーヒーとゆっくりした時間を過ごすのであればやはり食後に訪れたいところ。挽き立てのブルーマウンテンコーヒーはワインのように深い味わいだった。 カフェ えど...
CAFE PARK カフェパーク – 恵比寿で使い勝手のいいカフェレストラン... いつ行っても結構空いている穴場的カフェ。店内は結構広いし、ランチタイムから夜まで通し営業していることもあり利用価値が高い。 店内の雰囲気としてはモダンなカフェといった感じなのだけど、食事のラインナップとしてはカフェと食堂とレストランの中間みたいな感じで結構しっかりと食べられる。 ランチ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください