安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)へのアクセス

安曇野の中心地である穂高地区にある。田んぼのなかにある納屋のような建物が目印なのだが、公共交通機関があるような様子はないので車でのアクセスとなる。お店の前に駐車スペースがあるのでそこにとめられる。ただ、田園のなかでとくに目立つ場所ではないので探すのに苦労するかもしれない。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)について

かまぼこ型の屋根がかわいい建物はなかに入ると天井が高く開放感がある。アトリエのような雰囲気で木の暖かみがある。季節によって雰囲気が異なって来るのだろうな。特徴的なのは窓に向かってならぶひとり掛けのソファ席。カウンターの席になっているのだが、ひとつひとつの椅子が独立していて座ると隣の席の人と話すことができないくらい。

でも、窓の外の風景を眺めながら、ひとりでゆっくりとコーヒーを飲むにはこれ以上ないくらいに幸せな世界。なにより大きめのマグにたっぷりとコーヒーが出てくるので、時間を忘れて滞在してしまう。ケーキなどは近くのお店から取り寄せているみたいだけど、これもまたしっかりと美味しくてコーヒーとよくあうので試してみるのがいいと思う。

Chillout Style Coffee:窓の外には安曇野の田園風景
気持ちのいいソファ

もうひとつ、このお店が好きなのはコーヒー豆が手頃で質の高いところ。さらに、コーヒー豆を買うとその場で頼むコーヒーが一杯無料サービスになるという大盤振る舞い。イルガチェフェのG-1があったので豆を買ったし、その場でも飲んだのだけどイルガチェフ特有の発酵感のある豊かな香りがありワインのように楽しめる。そしてなによりも濃厚。なんて美味しいのだ、贅沢な時間を過ごせるのだ。

難点があるといえばそのゆったりした席のつくりから人が入れかわらず人気が出てくるとお店に入れなくなること。さらに、お店が忙しいと電話に出てくれないので、行く前に電話してみて、電話に出てくれなければ、臨時休業か、またはきっと満席なんだと思った方がいい。

チルアウト スタイル コーヒー (CHILLOUT STYLE COFFEE)
住所:安曇野市穂高有明3293-1
時間:9:00 – 18:00
休み:木曜日、不定休

Related Post

フェブラリーカフェ (FEBRUARY CAFE)の朝食はペリカンのパンが食べられる。... 1日のはじまりをこんな店で過ごせるならかなり充実した日になりそうだ。浅草にあるフェブラリーカフェに行ってきた。僕が訪れたのは田原町駅に近いちょっと前のお店で現在は駒形に移転している(それでも浅草圏内)。 古い建物をリノベーションした、狭くても味わいがあって居心地のいいお店が好きだったので、古い...
かさぎ屋 – 竹久夢二も通った甘味処... 奥丹を出てすぐのところ、二寧坂の途中にある甘味処。あ、このお店ってお土産物屋さんじゃなかったんだっていうくらい小さくて控えめな佇まい。 店内もすごくコンパクトで座席は数隻しかない。きっと観光のシーズンにはここも満席に賑わうのだろうが、幸いにしていまは静かな冬の季節。ほぼ貸し切りでのんびりと過ご...
PASSAGE COFFEE(三田)エアロプレス世界チャンピオンのお店で飲むコーヒー... 都営線の三田駅から少し歩いたところに2017年オープンした比較的あたらしいカフェ。エアロプレス世界チャンピオンの方がオーナーをしているということで、「コーヒー豆を、コーヒーに変える最後までこだわる」というメッセージを感じる美味しい一杯を楽しめる。 そしてなにより平日は朝7:30からやっているの...
台北でおすすめの場所、Paper St. Coffee Companyでコーヒー飲んでひとやすみ... 7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。 ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company...
銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください