安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。

木崎湖を一望できるスポットがあることは写真で見たことがあって知っていたのだが、どうやっていくのかわからず。国道沿いにあるコンビニらしきところで道を聞くと教えてくれるという情報を見かけたので、とりあえず行ってみることにした。それにしても「コンビニらしきもの」ってなんなのだろう。

実際に行ってみると、たしかにそれはコンビニと呼ぶには多様性があるジャンルのお店だった。お店の体裁はコンビニだけど、なかには居酒屋っぽい雰囲気もあり暖簾が掛かっていたりする。お店の人はすごくいい人で、僕みたいに湖を一望できるところに行ってみたいという質問に対して明快な答えをしてくれた。

ということで、以下にあるのがそのルート。国道を離れると急に道幅が狭くなり対向車とのすれ違いにも苦労するような道路だった。僕は反時計回りに向かったけれど、たまに逆向きで来るのもいたりするので、運転に自信がない人はいかない方がいいような気がする。

湖を一望できるポイントは地図にあるB地点。ここはパラグライダー場になっていて、僕が訪れたときにも山の斜面から飛び出していく人が何人かいた。音もなく斜面を駆け下りて飛んでいくのは大きなトビを見ているようでもある。気持ちよさそう。

映画「君の名は。」で湖の周囲をぐるっとへばりつくような糸森の風景をみたときに、なんだか木崎湖みたいな風景だなあと思ったのだが、実際にきてみると湖の南側にある大町方面には平地がひろがっていて閉ざされた湖ではないことがわかる。それでも、この風景の美しさには変わりがない。

木崎湖

湖の周囲に小さく作られた田んぼは黄金色に明るく色づき、湖は深く青い。パラグライダー場のところには車をとめるスペースがあるので、車を降りてのんびりとずっと眺めていた。

なにもないけれど、すごくいい場所だったなあっていまでも思い出す。美しい旅の思い出の場所だ。

Related Post

川村記念美術館「絵の住処」展と大賀蓮... すごいひさびさに千葉の佐倉にある川村記念美術館へ行ってきた。2015年5月26日-2016年1月11日までやっているのは開館25周年記念となる「絵の住処」展。ずいぶん長いことやる予定になっている。 ここは常設展に観たいものがそろっているのだけど、その部分も使って美術館を再構築している感じ。だか...
千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
鎌倉高校前の踏切は鎌倉屈指の観光スポットになっていた... 一直線の坂道が海までつづいていて、踏切を通る江ノ電とのコントラストが美しい風景。映画とかにもたまに出てきて、すごくフォトジェニックな場所になっている。スラムダンクで台湾や香港での人気が高まったみたいで、いまこの踏切に来ている旅行者って日本人よりも、台湾の旅行者が多いくらいだ。 踏切は江...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.