安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。

木崎湖を一望できるスポットがあることは写真で見たことがあって知っていたのだが、どうやっていくのかわからず。国道沿いにあるコンビニらしきところで道を聞くと教えてくれるという情報を見かけたので、とりあえず行ってみることにした。それにしても「コンビニらしきもの」ってなんなのだろう。

実際に行ってみると、たしかにそれはコンビニと呼ぶには多様性があるジャンルのお店だった。お店の体裁はコンビニだけど、なかには居酒屋っぽい雰囲気もあり暖簾が掛かっていたりする。お店の人はすごくいい人で、僕みたいに湖を一望できるところに行ってみたいという質問に対して明快な答えをしてくれた。

ということで、以下にあるのがそのルート。国道を離れると急に道幅が狭くなり対向車とのすれ違いにも苦労するような道路だった。僕は反時計回りに向かったけれど、たまに逆向きで来るのもいたりするので、運転に自信がない人はいかない方がいいような気がする。

湖を一望できるポイントは地図にあるB地点。ここはパラグライダー場になっていて、僕が訪れたときにも山の斜面から飛び出していく人が何人かいた。音もなく斜面を駆け下りて飛んでいくのは大きなトビを見ているようでもある。気持ちよさそう。

映画「君の名は。」で湖の周囲をぐるっとへばりつくような糸森の風景をみたときに、なんだか木崎湖みたいな風景だなあと思ったのだが、実際にきてみると湖の南側にある大町方面には平地がひろがっていて閉ざされた湖ではないことがわかる。それでも、この風景の美しさには変わりがない。

木崎湖

湖の周囲に小さく作られた田んぼは黄金色に明るく色づき、湖は深く青い。パラグライダー場のところには車をとめるスペースがあるので、車を降りてのんびりとずっと眺めていた。

なにもないけれど、すごくいい場所だったなあっていまでも思い出す。美しい旅の思い出の場所だ。

Related Post

彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...
安平古堡へふたたびきてみた 四草綠色隧道碼頭で楽しんだあと、どうやって街まで戻ろうかなと思ったら、道路脇から捨て犬が近寄ってくるかのように1台の車が近づいてくる。あ、さっき乗ってきたタクシーじゃん。 ということで、タクシーなので自由な行動できるなと安平古堡へ行ってみることにした。 前回の訪問:安平古堡&安平老街の散...
アンコール遺跡巡り(ベンメリア編)... アンコール遺跡巡りで時間があれば言ってみるのがいいかなと思っているところ。シェムリアップの街からは結構離れいて、アンコール遺跡群を巡るのとは別の日程を組む必要がある。見学料金も別に必要となっているので注意が必要。 入口には警備員とか、自称ガイドみたいなのがいて、僕はこの人たちを雇ってガ...
今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き2015」... 今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き2015」 僕のなかでは、9月の最初の土曜日は信濃大町に行くことになっていて、そこで日本酒を呑み歩くことになっている。 これでもう何年目か忘れちゃったけれど、このブログを書き始めてからは三年連続での訪問。信濃大町ってなんだか好きな町なんだよな...
リオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)をみてきた... ニテロイ現代美術館をみてきてセントロに戻ってきたついでに、旧大聖堂にもいってみた。 セントロの船着き場から徒歩10分くらいのところにあって、メトロの駅も比較的近い。周囲はオフィス街で、お昼時には屋台みたいなものも結構でてきていて賑わっている。 ここは19世紀にかけてつくられて、ブラジル皇...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください