安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。

木崎湖を一望できるスポットがあることは写真で見たことがあって知っていたのだが、どうやっていくのかわからず。国道沿いにあるコンビニらしきところで道を聞くと教えてくれるという情報を見かけたので、とりあえず行ってみることにした。それにしても「コンビニらしきもの」ってなんなのだろう。

実際に行ってみると、たしかにそれはコンビニと呼ぶには多様性があるジャンルのお店だった。お店の体裁はコンビニだけど、なかには居酒屋っぽい雰囲気もあり暖簾が掛かっていたりする。お店の人はすごくいい人で、僕みたいに湖を一望できるところに行ってみたいという質問に対して明快な答えをしてくれた。

ということで、以下にあるのがそのルート。国道を離れると急に道幅が狭くなり対向車とのすれ違いにも苦労するような道路だった。僕は反時計回りに向かったけれど、たまに逆向きで来るのもいたりするので、運転に自信がない人はいかない方がいいような気がする。

湖を一望できるポイントは地図にあるB地点。ここはパラグライダー場になっていて、僕が訪れたときにも山の斜面から飛び出していく人が何人かいた。音もなく斜面を駆け下りて飛んでいくのは大きなトビを見ているようでもある。気持ちよさそう。

映画「君の名は。」で湖の周囲をぐるっとへばりつくような糸森の風景をみたときに、なんだか木崎湖みたいな風景だなあと思ったのだが、実際にきてみると湖の南側にある大町方面には平地がひろがっていて閉ざされた湖ではないことがわかる。それでも、この風景の美しさには変わりがない。

木崎湖

湖の周囲に小さく作られた田んぼは黄金色に明るく色づき、湖は深く青い。パラグライダー場のところには車をとめるスペースがあるので、車を降りてのんびりとずっと眺めていた。

なにもないけれど、すごくいい場所だったなあっていまでも思い出す。美しい旅の思い出の場所だ。

Related Post

福島 夜の森にある桜のトンネル 福島の原発事故があってから立ち入ることができなかった福島県富岡町にある夜ノ森地区にある桜並木。樹齢100年を越える桜の並木道は圧巻の風景で観に行ってみたいと思いつつも、当分いけないんじゃないかと思っていたのだが2017年から一部が開放されて立ち入りができるようになったこともあり、花見山から向かうこと...
北アルプス 三蔵呑み歩き 2014で日本酒を堪能してきた... 去年に続いて今年も信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き」に行ってきた(去年のブログはこちら)。 今年はサイトウキネンで行きたかったコンサートの日程と重なってしまっていたので、こちらの呑み歩きイベントを優先(サイトウキネンのチケットがとれなかったということもあるが)。 このイベン...
金沢21世紀美術館の無料エリアを散策してきた... 早朝に大阪を出て快速電車で福知山まで、そこから列車を乗り継いで夜には金沢までやってきた。すごい非日常で旅行している感じがある。乗り鉄旅、移動ばかりだけど、その移動自体が楽しい。 金沢駅では駅前のアパホテルに泊まっていて(やはり翌朝早いので)、チェックインしてたらすっかり夜になってしまった。金沢...
大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
ポン・ヂ・アスーカル(シュガーローフ)は時間をかけて行った方がおすすめ... コパカバーナビーチ、コルコヴァードの丘と並んでリオデジャネイロでもっとも有名な定番観光地のひとつ。 オンラインでチケットの予約を受け付けているのだけど、ブラジル国内で発行された身分証の番号が必要なので外国人は買うことができない。 なので、チケット売り場に並ぶことになるのだが、これが午後と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください