「北アルプス 三蔵呑み歩き」に2016年もやってきた。泊まりはいつものごとく信濃大町駅のすぐ近くにある竹乃家にしている。

駅から近くて、呑み歩きの会場からも近いのが唯一にして最大のメリット。

過去の宿泊
2015年:信濃大町の駅前旅館みたいな「竹乃家」宿泊記
2014年:大町呑み歩きに便利「ニュー竹乃家」宿泊記

古くからある駅前旅館といった風情だけど、それなりにちゃんと清潔している良心的な宿。宿泊は、なんだか以前よりも少し値段が安くなったような気がする。とはいえ、さすがに古さは否めない。

宿の前に車をとめることはできるのだが、基本的には少し離れた駐車場にとめることになる。とはいえ、それほど離れているわけではないので面倒さはあまりないのだが。

部屋は和洋室みたいな感じで無理矢理ベッドがはいっている。とりあえずバス・トイレ付きの部屋にしたのでそこは便利だった。

ただ、近くにあったスーパーマーケットが閉店してしまったんだよなあ。大通りをはさんだ反対側にもスーパーがあるのが見えたけれど、ちょっと遠いなと思ってしまう。コンビニとかもないのは不便を感じる部分。

総じていうならば、呑み歩きがなければ泊まることを選ばない宿ではある。そして、飲み歩き後の食事の選択肢を考えるとやはり松本に泊まった方が少し不便だけど楽しいかもなと思えてきた。2017年に飲み歩きくるとすれば、きっと松本に泊まることになると思う。

住所:長野県大町市大町仁科町3059

Related Post

秋の信州、サイトウ・キネン・フェスティバルと北アルプス三蔵呑み歩き... この夏、僕にとってはフジロックにも行かず、サマソニにも参戦せず、サイトウキネンにフォーカスを絞ってチケットを確保していた。 小澤征爾と大西順子の共演は、僕にとってCUREやミスチルよりも大事な欠かせないものだったのである。ということでチケットを握りしめて松本へ。 途中で、東山魁夷の作品で...
安曇野翁の蕎麦は地元でも人気 安曇野に住んでいる友人からすすめられていて気になっていた蕎麦屋さん。週末のランチタイムは結構並ぶのだが回転がはやいので何組か並んでいても10分くらい待てば入れる。少し高台の方にありここから一望できる安曇野の風景は美しい。蕎麦もそうだし、この眺望をみる価値もあるお店だなと思う。 お店からみえる...
「旅館 叶家」 信濃大町温泉にあるちょっと不思議な老舗旅館... 信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」へ参加するときに泊まった宿。イベントは信濃大町の駅周辺で行われていて、こちらの旅館叶家はそこから車で20分くらいいった大町温泉にある。 移動はバスがあるのだが、宿からバス停まで徒歩7~8分かかるのと本数が少ないため、今回はタクシーで移動。...
北アルプス 三蔵呑み歩き 2014で日本酒を堪能してきた... 去年に続いて今年も信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き」に行ってきた(去年のブログはこちら)。 今年はサイトウキネンで行きたかったコンサートの日程と重なってしまっていたので、こちらの呑み歩きイベントを優先(サイトウキネンのチケットがとれなかったということもあるが)。 このイベン...
信濃大町の食堂園は信州牛の焼肉が美味しい... 「北アルプス 三蔵呑み歩き」のイベントが終わって、結構酔っ払っていたけれど夕食を食べることにする。 信濃大町での夕食はいままで、「わちがい」の地産地消な食事や、「昭和軒」のソースカツ丼とかを食べてきたけれど、わちがいは閉店時間が早くて、昭和軒のソースカツ丼はこの前の会津旅でソースカツ丼食べたし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください