このブログを始める前から行っていて、好きなイベントの「北アルプス 三蔵呑み歩き」。今年もまた最初から最後まで呑み歩いて楽しんだ。だんだん、写真を撮るのを忘れてきていて、今回は写真が少ないのだが、どの蔵も変わらない美味しさだったなあ。

過去の様子
今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き2015」
北アルプス 三蔵呑み歩き 2014で日本酒を堪能してきた
「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」を体験してきた

信濃大町駅から歩いて15分くらいの範囲内に日本酒の酒蔵が三軒あり、それぞれに特徴のあるお酒を造っている。この小さな町に酒蔵が集まっているというのが素敵なことだ。他の呑み歩きのイベントよりも規模は小さいかもしれないが、歩いてまわれるし、車の通りも少ないのでのんびりとしている。ちょっと酔っ払って歩くくらいが気持ちがいい。

酒蔵は次の三蔵となっている。

北安醸造
「北安大國」というブランドのお酒を醸造している。

もっとも駅から離れたところにあって、この町のなかでは後発の小規模な酒蔵。もっとも新しい蔵といっても、設立は大正時代なのだけど。

小さい蔵ではあるけれど、日本酒らしい酒を造っていて好感がもてるところ。そしてなにより、ここの蔵で食べるおつまみが最もバリエーションが豊富で豪華。

地元産の野菜を使った漬物は抜群に美味しい。

薄井商店

「白馬錦」という比較的有名なお酒を醸造している。三蔵の中ではもっとも規模が大きいと思う蔵。料理にあう辛口のお酒から、お酒自体を楽しめる吟醸酒までさまざまなお酒を展開している。

僕はここで毎年、限定販売をしている生酒が好きで試飲しては買っている。こんなに美味しいのに手頃な値段なのがさらに好きなところ。また、ここ数年は安曇野の陶芸家の方が展覧会をやっていて、食器とかを買っている。

今年は土鍋を買って、お米をこれで炊いている。あれこれ買い物をしてしまう蔵なのです。

信濃大町呑み歩き
市野屋商店

「金蘭黒部」を醸造している。江戸時代に設立された酒蔵でもっとも古い酒造所であり、信濃大町からもっとも近いところにある。

商店街のなかにあるので駅から呑み歩きを始めると最初にたどり着くところになる。ここのお酒も手頃で美味しいものが多くてついつい買ってしまうんだよな。四合瓶の樽酒が1,000円ちょっとで売っていて衝動買いしてしまったのだが、常温で飲むと木の香りが気持ちのいいお酒だった。

これは美味い。酒粕の販売もしていて、ここで買った酒粕を使った料理も好きなところ。

それぞれに特徴のある蔵があって、町中をぶらぶら歩いて何周かしつつ呑み歩くとあっという間に夕方になってしまう。2016年は天気もよくて楽しかったなあ。夕暮れ時に涼しくなり、秋を感じるような季節になるとまた飲みに来たくなるイベントなのです。

北アルプス 三蔵呑み歩き

Related Post

CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...
地雷也で食べる仙台の味 お店の外観。提灯が目印。 仙台ではかなり有名な居酒屋さんで、店内はいつも満席。予約必須の人気店。 居酒屋にしてはちょっと高いと思われるかもしれないが、行ってみて損はないと思う。 僕も友人の推薦があって行ってみたのだが大満足のお店だった。 お店のロケーションは国分町の中心街に...
浅草の酉の市に行ってきた もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。 浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたの...
ロイクラトンの旅 2013年秋 2013年11月の晩秋はタイのチェンマイで過ごしてきた。 旅の目的はロイクラトンのお祭りに参加してみること。 2010年にも行ったことがあるのだが、そのときと比べると随分と日本人が増えたし、メジャーなお祭りなんだなあ・・と思う。 まあ、それだけ美しい幻想的なお祭りなのだが。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください