「北アルプス 三蔵呑み歩き」のイベントが終わって、結構酔っ払っていたけれど夕食を食べることにする。

信濃大町での夕食はいままで、「わちがい」の地産地消な食事や、「昭和軒」のソースカツ丼とかを食べてきたけれど、わちがいは閉店時間が早くて、昭和軒のソースカツ丼はこの前の会津旅でソースカツ丼食べたし・・ということで対象外。

飲食店はあまり数が多くないものの、そこから選んだのは信州牛が食べられるという焼肉の食堂園。信濃大町駅からほど近いところにあるのだが裏通りにありちょっと分かりづらい。でも、周囲にもいくつか飲食店があったりしてこんな裏通りがあったのかとちょっとびっくりした。

食堂園はこの町では老舗での焼肉店で、ちょっと高級感があるお店の構えをしている。テーブル席もゆったりしていて寛げる。もうさんざんお酒を飲んだので、そちらはほどほどにして焼肉を楽しむことにする。

厚切りタン塩、美味しかった

タン塩とか、ハラミなどはちゃんとしていて普通に美味しい。値段もそれなりに高いので、値段なりのちゃんとした美味しさだと思う。なかでも、もっとも高いのが信州和牛のサーロインで頼んでみたのだが、厚切りで霜降りのお肉は見た目にも美しくて食欲をそそる。そして、肉の脂を感じるし素晴らしく美味しい。ちょっと高いなあと思うけれど、ほかにあまり選択肢もないというところだな。

信州牛のサーロイン
豪快に焼きます

呑み歩きのイベントは好きなのだけど、イベント後の食事はなかなかこれといったところが見つからないなあ・・と毎年思っているのだが、食堂園も焼肉店としては普通に美味しいけれど、都内で食べるのとたいしてかわらない値段はちょっと高いよなというお店だった。 どうしても地産地消の牛肉を食べたい!ということではない限りは訪れることもないとは思う。

焼肉食堂園
住所:大町市大町五日町3221-2
時間:17:00-23:00

Related Post

「北アルプス 三蔵呑み歩き2016」へ行ってきた、そして日本酒を呑み歩いた... このブログを始める前から行っていて、好きなイベントの「北アルプス 三蔵呑み歩き」。今年もまた最初から最後まで呑み歩いて楽しんだ。だんだん、写真を撮るのを忘れてきていて、今回は写真が少ないのだが、どの蔵も変わらない美味しさだったなあ。 過去の様子 今年も行ってきました「北アルプス 三蔵呑み歩き...
【閉店】L’Osteria(シェムリアップ)ではリゾットを頼むのがおすすめ... 外観 パブストリートのLittle Italyの2軒隣くらいにある小さなイタリアンレストラン。 本当に小さくて、イタリア人の店主のおじさんと(ふっくらしててご飯好きそう)、ウェイトレスの女の子(クールな感じでてきぱきしている)の二人で切り盛りしている。 静かな店内で食べるのもいい...
お多幸で「関東おでん」と「とうめし」を食べてきた... 冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。 東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。 日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な...
The Lost Roomはプノンペンの隠れ家レストラン... プノンペンの裏通りにある隠れ家的なフレンチレストラン。ボンケンコンの裏通りにあって旅行者が立ち入るような場所ではなく、あまり治安がよくない通りにある。しかも夜のみの営業。訪れるにはハードルが高いのだが、ここの料理はかなり美味しい。 治安の問題があり、おすすめするにはちょっと憚れるところがあるの...
セララバアドでモダンガストロノミー2015年秋編... 前回の夏の訪問で圧倒的に楽しかったセララバアドでの食事。今回は秋メニュー編ということで改めて行ってきた。だいたい、このレストランはもはや訪れたときに次の予約しないと予約がとれないような感じになってきている。 秋編は自然の豊かさを感じるメニュー構成になっていて、落葉の風景などはセララバアドという...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください