新橋駅前ビルへ久々に潜入してきた。駅前の一等地にあるのに、このディープな雰囲気はすごいな。そして、オフィスビルなのだけど下に入っているお店が充実しているので、ここは見逃せないエリアだ。今回は一階にある居酒屋へ行ってきた。

翁鶴 新橋へのアクセス

新橋駅のJRと都営浅草線の間にある新橋駅前ビル。昭和感あるこのビルは駅から地下道でつながっているので非常に便利。翁鶴はこのビルの一階にある。隣は日本酒の名店である庫裏があり、その隣。すごい分かりづらい。というか僕は庫裏に行こうとして間違えて翁鶴に来てしまった。

このビルの地下には立ち呑みのディープな名店である「立ち呑 こひなた」があり、2階には台湾料理の「ビーフン東」やランチタイムは長蛇の列が出来る「稲庭うどん 七蔵」があったりする。

翁鶴 新橋について

隣が日本酒の人気店である庫裏なのだけど、そことつながるように隣接していて、看板も出ていないので、はじめて庫裏に行こうとすると間違えて翁鶴に入ってしまう人もいると思う。なぜならば僕がそうだから。とはいえ、こちらの小さな居酒屋も悪いお店ではない。

日本酒はなみなみと
おでん

翁鶴は京都丹波の地酒でかなり長い歴史をもっている。まあお店の作りからしてわりと手頃な価格で日本酒を楽しめるとは思うが、隣に比べると選択肢は少ない。料理については、まあ安い居酒屋といったところ。おでんとかもあって、美味しいのだが長居をするようなところではないかなあ・・という感じ。

だし巻き玉子

間違えて入らなければ選択するようなところではないかもしれないが、庫裏に行こうとする場合には注意しておいた方がいい。すごくどうでもいい話しかもしれないが僕はハノイで行ったチャカラボンの偽物レストランのことを思い出してしまった。

翁鶴 新橋
住所:港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1階

Related Post

赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
味家(広尾)で落ち着いた和食のランチ... 広尾で落ち着いた和食のランチを食べたくなると訪れるところ。 蔵っぽい外観のお店は一見すると敷居が高くて入りづらそうな雰囲気があるけれど、扉をあければ普通にいい感じの寿司と和食のお店という感じ。家庭的な雰囲気はどこの街にも一軒くらいあると助かるタイプ。 ランチタイムは握り鮨は出していなくて...
「吟醸酒房 油長」で伏見の日本酒を呑み比べる... 伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。 「吟醸酒房 油長」のアクセス ...
佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
「酒蔵BAR えん」で伏見の日本酒を楽しむ... 龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください