新橋駅前ビルへ久々に潜入してきた。駅前の一等地にあるのに、このディープな雰囲気はすごいな。そして、オフィスビルなのだけど下に入っているお店が充実しているので、ここは見逃せないエリアだ。今回は一階にある居酒屋へ行ってきた。

翁鶴 新橋へのアクセス

新橋駅のJRと都営浅草線の間にある新橋駅前ビル。昭和感あるこのビルは駅から地下道でつながっているので非常に便利。翁鶴はこのビルの一階にある。隣は日本酒の名店である庫裏があり、その隣。すごい分かりづらい。というか僕は庫裏に行こうとして間違えて翁鶴に来てしまった。

このビルの地下には立ち呑みのディープな名店である「立ち呑 こひなた」があり、2階には台湾料理の「ビーフン東」やランチタイムは長蛇の列が出来る「稲庭うどん 七蔵」があったりする。

翁鶴 新橋について

隣が日本酒の人気店である庫裏なのだけど、そことつながるように隣接していて、看板も出ていないので、はじめて庫裏に行こうとすると間違えて翁鶴に入ってしまう人もいると思う。なぜならば僕がそうだから。とはいえ、こちらの小さな居酒屋も悪いお店ではない。

日本酒はなみなみと
おでん

翁鶴は京都丹波の地酒でかなり長い歴史をもっている。まあお店の作りからしてわりと手頃な価格で日本酒を楽しめるとは思うが、隣に比べると選択肢は少ない。料理については、まあ安い居酒屋といったところ。おでんとかもあって、美味しいのだが長居をするようなところではないかなあ・・という感じ。

だし巻き玉子

間違えて入らなければ選択するようなところではないかもしれないが、庫裏に行こうとする場合には注意しておいた方がいい。すごくどうでもいい話しかもしれないが僕はハノイで行ったチャカラボンの偽物レストランのことを思い出してしまった。

翁鶴 新橋
住所:港区新橋2-20-15新橋駅前ビル1階

Related Post

細かいルールには意味がある。立石の宇ち多゛(うちだ)で下町居酒屋を体験する。... かつて友人が住んでいたこともあり何度か来ていた葛飾の立石。浅草からさらに東に行ったところにある、もはや千葉に近い下町ともいえるこの街は個性的なお店が多くある。 そのなかで、今回はもっとも人気がある宇ち多゛(うちだ)へ行ってみることにした。入店と食事に際しては細かいルールがあり、変なことはないの...
北アルプス三蔵呑み歩き 2017に行ってきた。... 例年と同じく今年も北アルプス三蔵呑み歩きに行ってきた。信濃大町に宿(駅前の竹乃家が多い)をとっておくことが多いのだけど、今回は松本に泊まって電車で向かった。 イベントの開催にあわせて13:00過ぎに松本駅を出る臨時電車が出るのが便利。でも、これが普通に通学の帰宅ラッシュとかぶっていて、結構な混...
錦市場の津之喜酒舗で地酒を購入 「こんなもんじゃ」で豆乳ドーナツを食べ歩きながら錦市場をふらふらと散歩しつつ、ウォーキングショッピング(歩きながら買いものをみて楽しむ)。 錦市場のなかで「こんなもんじゃ」とともにお気に入りなのは津之喜酒舗という酒屋さん。ここは毎回来てはなんか面白そうな地酒はあるかなあって探してしまう。 ...
神田に残る裏路地の下町居酒屋「三州屋」で飲んで来た... 銀座や飯田橋にもある居酒屋の名店。どちらのお店も、よくこんなところにお店作ろうと思ったなという裏路地にあって不思議なところ。でも、お店はいつも満員で賑わっている。その理由は簡単で、安くて美味しいから。 白木のテーブルとか、見分けがつかないくらいよく似たお店のおばちゃん達とかもまた雰囲気があって...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください