築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。

お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかある。店内では、あんみつやお汁粉、雑炊などもあってちょっとした軽食を食べることもできる。もちろん、団子をいただくことも可能。

団子は「しょうゆ」「粒あん」「こしあん」の三種類。醤油はみたらしではなく、上新粉のお団子を醤油で味付けしたシンプルなものとなっている。醤油だけお団子が四粒で、それ以外はまわりに餡子がついていることもあり三粒。このシルエットがかわいい。

茂助だんごの三兄弟

以前ヒットした「だんご三兄弟」のモデルとなったお店として有名なのだけど、この見た目もさることながら、実際のモデルは創業者兄弟にあるみたい。でも、この三粒のお団子のバランスは絶妙だと思う。食べるならば、この三点セットが味や食感を比べられるのでいいと思う。

上新粉で作られたお団子本来の味を感じられるのは醤油味。薄味でシンプルながらお米の風合いを感じるのは自家製とのこと。そりゃ美味しいはずだよな。

餡子は甘さが控えめで、粒あんの食感が美味しいし、こしあんのしっかりした甘みもまた食欲をそそる味。お茶を飲みながら一服するには最高のお店だし、お土産に買って帰るのもまた喜ばれるかと思う。

茂助だんご
住所:東京都中央区築地5-2-1 1号棟
時間:5:00-12:00
休み:日曜、祝日、築地市場の休みに準じる

Related Post

(2013.12.23で閉店)ジョエル デュラン 銀座 – 銀座の穴場的スイーツ店... せっかく銀座まで来たからには、なにかおいしいものを食べておこうというのが旅行者の心理というものではないかと思う。 そうしたときに、意外とおすすめなのがスイーツ系。なかでも、銀座~丸の内界隈はカカオサンパカからレオニダスまでさまざまな世界的な高級ショコラティエ店の密集地域で、今回訪れたジョエル ...
きくすい堂の紹介のかるかんはお土産におすすめ... かるかん 鹿児島のお土産スイーツとえば「かるかん」。「かるかん」といえば明石家。 と、もはや脊髄反射みたいに決まっているかのような流れなのだけど、そんなときにちょっと見方を変えてオススメしたいのは「きくすい堂」のかるかん。 僕だけかもしれないが、よく空港とかで「かるかん」だと思っ...
鳳冰果舖のフルーツは他では味わえないクオリティだと思う... 前回の台南旅行でみつけたお店で、フルーツ店の多い台南のなかでも洗練されたお店の雰囲気とか、立地のよさ含めて一番好きなところのひとつだ。 過去の記事:鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ 鳳冰果舖へのアクセス 赤嵌楼から数分くらいの新美街という路地にある。この通りのあたり...
カカオサンパカのクリスマスケーキ 以前、バルセロナに行ったときに訪れて感動したカカオサンパカの直営店が丸の内にあるのでひさびさに行ってきた。 バルセロナのお店では、しっかりしたカフェになっていてチョコと、それにあうお酒などもあったりするのだが、丸の内のお店ではホットチョコレートのイートインコーナーくらいなので、ちょっと寂しい。...
上高地帝国ホテルは泊まらなくても立ち寄る価値がある... 上高地が山岳リゾートになるきっかけはここ上高地帝国ホテルだと思う。昭和8年(1933年)に開業したホテルで、いまは二代目の建物だが深紅の屋根や山小屋のようなつくりが森の風景に似合っている。一般車が入るようなところではないので広い駐車場もなく、こぢんまりとした雰囲気もいいな。 ロビーには巨大なマ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です