築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。

お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかある。店内では、あんみつやお汁粉、雑炊などもあってちょっとした軽食を食べることもできる。もちろん、団子をいただくことも可能。

団子は「しょうゆ」「粒あん」「こしあん」の三種類。醤油はみたらしではなく、上新粉のお団子を醤油で味付けしたシンプルなものとなっている。醤油だけお団子が四粒で、それ以外はまわりに餡子がついていることもあり三粒。このシルエットがかわいい。

茂助だんごの三兄弟

以前ヒットした「だんご三兄弟」のモデルとなったお店として有名なのだけど、この見た目もさることながら、実際のモデルは創業者兄弟にあるみたい。でも、この三粒のお団子のバランスは絶妙だと思う。食べるならば、この三点セットが味や食感を比べられるのでいいと思う。

上新粉で作られたお団子本来の味を感じられるのは醤油味。薄味でシンプルながらお米の風合いを感じるのは自家製とのこと。そりゃ美味しいはずだよな。

餡子は甘さが控えめで、粒あんの食感が美味しいし、こしあんのしっかりした甘みもまた食欲をそそる味。お茶を飲みながら一服するには最高のお店だし、お土産に買って帰るのもまた喜ばれるかと思う。

茂助だんご
住所:東京都中央区築地5-2-1 1号棟
時間:5:00-12:00
休み:日曜、祝日、築地市場の休みに準じる

Related Post

ここのシングルオリジンは絶品だ。日本橋の良心みたいなカフェ「Mighty steps coffee ... ハンドドリップで一杯ずつコーヒーを淹れていくことを「サードウェーブ」なんていっていた時代があったけれど、2017年のいまではそんなことをいっている人はあんま見かけなくなったなあ。たぶん「それって、いままでやっていたことと同じでは」なんていう気持ちがあったのかも。 日本橋の裏通りに古い一軒家をリ...
cafe Red Book(中目黒)で食べるインドカレー... 店名もそうだし、雰囲気もカフェそのものなんだけど、ランチで出てくるのは本格的なインドカレーという不思議な魅力があるお店。 場所は中目黒駅からほど近い裏通りにあって、槍ヶ先交差点の近くにある小さなお店。店内はシックでバーのような雰囲気もあるカフェ。 ランチタイムにはカレーを提供していて、何...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
青田七六は台北っ子に人気の古民家カフェ... 前から気になっていたカフェにようやく行くことができた。 台北の人たちにはすごく人気の古民家カフェあるというのは前から知っていて気になっていたのだが、ちょっと遠いな・・と思っていたところ、今回泊まった丹迪旅店の大安店からはすごく近かったので、予約して行ってみた。 場所は永康街にあっ...
ボンベイバザー(代官山)でランチ 代官山の有名店OKURA 代官山あたりでランチをすることってあまりないのだが、ひさびさに足をのばして来てみた。 OKURAという聖林公司系列のお店の地下にあるカフェで、この店入ったのは・・・10年ぶりくらいかもしれない。 前にどんな雰囲気だったのかも忘れているのだが、あまり変わっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください