ビリケンさんがお店の目印

美味しい串揚げ食べたくて、大阪まで行くのもいいなあとか思っていた矢先に発見した浅草橋の名店。

人気店で予約なしだと時間制限があったりするけれど、それでもさくっと訪れて串揚げを楽しむ価値があるお店だと思う。

「大阪串かつ テンテコマイ」へのアクセス

都内にある総武線のなかでもわりとマイナーな浅草橋駅にある。駅を降りて徒歩2-3分の飲み屋街にあって、お店の入口にあるビリケンさんの置物が目印。

ところで、二次会的にここから日本橋ブリュワリーまで歩いて行ったのだが、15分くらいで着いたので、わりと交通の便のいいところにある。浅草橋って意外と便利かもしれない。

「大阪串かつ テンテコマイ」について

どて煮、これすごい美味しかった

串揚げというと、スチール製の箱にソースが入って出てきて「二度付け厳禁」というしきたりがある。

この店でもその世界観があるのだが、ここの串揚げはソースだけではなく、あらかじめ塩で味付けされていたり、ネギがかけられて出てきたりと独創的な串揚げが出てくるので楽しいと思う。

今回頼んだ串揚げは以下の品々。基本的には一本100-200円くらいと手頃なので、時間があればもっとあれこれ楽しんでみてもいいと思う。

白子、牡蠣、ひなどり、納豆、れんこん、紅生姜

これとは別に、お通しでキャベツが出てくるのと、スターター的にどて煮も頼むことにする。どて煮は味噌味で濃いめの味付け。お酒にあう味だなあってところ。キャベツのさっぱりさでバランスとる感じだなあ。

白子

白子の串揚げは塩味がついていて、そのまま食べるタイプになっている。濃厚な白子だけど、串揚げにするとジャンクな感じがちょっとあって、これはこれで美味しい。

牡蠣

牡蠣もまた塩味でそのまま食べて行く。素材が濃いとそのまま食べるというスタイルなのかもしれない。小ぶりの牡蠣がいくつか串にささっていて、牡蠣フライとはまた違った味わいがある。

ひなどり

ひなどりは焼き鳥の串揚げ版みたいな感じで、これはタレにつけて食べるようにする。もも肉のジューシーさが美味しい一品で人気なのもわかる。このお店に来たら一度は食べておきたい味だと思う。

納豆

納豆は少し変わり種な感じ。小皿にのって出てくるのだが、チュッパチャプスのあめ玉みたいな大きさでタレにつけずそのまま食べるタイプになっている。なかには挽き割り納豆が入っていて、美味しいのだけど納豆の香りが際立つので苦手な人もいるかもしれない(そういう人はもとから頼まないかもしれないけれど)。

れんこん

れんこんはホクホクのじゃがいもみたいな食感でタレにつけて食べるのが美味しい。なんだかこういうのが定番の串揚げっていうイメージなんだよな。

紅生姜

そして、ラストは紅生姜。このジャンクな感じもまた串揚げの定番というイメージがある。全体的に小ぶりに仕上げられていて、この紅生姜も小さく切られているから食べやすい。紅生姜は、抜群に美味しいってわけじゃないんだけど、このジャンクな感じが好きなのです。

どれも手頃な価格であるので、下町の名店っていう感じ。大阪行かずとも美味しい串揚げがあるのが嬉しい。

大阪串かつ テンテコマイ
住所:東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第3ビル B1F
時間:17:00-25:00
休み:日曜日

Related Post

旅好きなら試してみたいウユニ塩湖の塩でできたカクテル – rootに行ってきた... 旅好きな友人から教えてもらって中野まで。駅からほど近い飲食店が並ぶ小径の奥にあるrootという一軒家レストラン。 レストランの名前通り、僕らの根本にあるようなシンプルな料理をしっかり出すようなお店だった。 店内は手作り感があって入り口はバーっぽい作りにもなっている。二階席もあるみ...
鶯谷園はロケーションはともかく都内でも最高峰の焼肉を楽しめる... 都内で焼肉食べることは多々あれど、そしてあちこちで食べているけれど、できることならぎりぎりまで安く、そして可能な限り美味しく食べたいところ。その要求に対して、かなり高度な次元で応えてくれるのが鶯谷園の焼肉。 その代償として、山手線のなかでも飛びきりマイナーであり怪しい駅に降り立ち、風俗紹介所の...
ハラルフード×中華料理の見事なコラボ。錦糸町の東京ムスリム飯店へ行ってきた。... 最近になって話題になりはじめているハラルフードを食べられるお店。しかも、ハラルフードだけど中華料理のスタイルだという。錦糸町というややマニアックな場所にあるのも気になる。 西新宿のシルクロードタリムは完全なウイグル料理だけど、あの人たちが中華料理にアプローチするとこんな感じになるのだろうか。と...
辰春(中目黒)山手通り沿いの小さな中国料理店... 外観はカフェみたい 中目黒駅から山手通りをいったところにある小さな料理店。一見するとカフェみたいにも見えるのだけど、本格的な中国料理のお店で、ランチもディナーも予約しないと入るのが難しいくらい。 席数もそれほどないのだけれど、だからこそ味わえる丁寧に作られた料理を食べることができる。そ...
酒蔵 秩父錦 – 建築的な価値からも雰囲気がよい居酒屋... 東銀座の方にある時代劇に出てきそうな古めかしい建物。ここが木挽町と呼ばれていた昭和初期のものということで、昔は炭屋だったらしい。いかにもっていう雰囲気がある。 ここの座敷は好きなのだけど、5人以上いないと開放してくれないのが残念。それでも、カウンターの席もまた雰囲気があって好きなところ。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください