ビリケンさんがお店の目印

美味しい串揚げ食べたくて、大阪まで行くのもいいなあとか思っていた矢先に発見した浅草橋の名店。

人気店で予約なしだと時間制限があったりするけれど、それでもさくっと訪れて串揚げを楽しむ価値があるお店だと思う。

「大阪串かつ テンテコマイ」へのアクセス

都内にある総武線のなかでもわりとマイナーな浅草橋駅にある。駅を降りて徒歩2-3分の飲み屋街にあって、お店の入口にあるビリケンさんの置物が目印。

ところで、二次会的にここから日本橋ブリュワリーまで歩いて行ったのだが、15分くらいで着いたので、わりと交通の便のいいところにある。浅草橋って意外と便利かもしれない。

「大阪串かつ テンテコマイ」について

どて煮、これすごい美味しかった

串揚げというと、スチール製の箱にソースが入って出てきて「二度付け厳禁」というしきたりがある。

この店でもその世界観があるのだが、ここの串揚げはソースだけではなく、あらかじめ塩で味付けされていたり、ネギがかけられて出てきたりと独創的な串揚げが出てくるので楽しいと思う。

今回頼んだ串揚げは以下の品々。基本的には一本100-200円くらいと手頃なので、時間があればもっとあれこれ楽しんでみてもいいと思う。

白子、牡蠣、ひなどり、納豆、れんこん、紅生姜

これとは別に、お通しでキャベツが出てくるのと、スターター的にどて煮も頼むことにする。どて煮は味噌味で濃いめの味付け。お酒にあう味だなあってところ。キャベツのさっぱりさでバランスとる感じだなあ。

白子

白子の串揚げは塩味がついていて、そのまま食べるタイプになっている。濃厚な白子だけど、串揚げにするとジャンクな感じがちょっとあって、これはこれで美味しい。

牡蠣

牡蠣もまた塩味でそのまま食べて行く。素材が濃いとそのまま食べるというスタイルなのかもしれない。小ぶりの牡蠣がいくつか串にささっていて、牡蠣フライとはまた違った味わいがある。

ひなどり

ひなどりは焼き鳥の串揚げ版みたいな感じで、これはタレにつけて食べるようにする。もも肉のジューシーさが美味しい一品で人気なのもわかる。このお店に来たら一度は食べておきたい味だと思う。

納豆

納豆は少し変わり種な感じ。小皿にのって出てくるのだが、チュッパチャプスのあめ玉みたいな大きさでタレにつけずそのまま食べるタイプになっている。なかには挽き割り納豆が入っていて、美味しいのだけど納豆の香りが際立つので苦手な人もいるかもしれない(そういう人はもとから頼まないかもしれないけれど)。

れんこん

れんこんはホクホクのじゃがいもみたいな食感でタレにつけて食べるのが美味しい。なんだかこういうのが定番の串揚げっていうイメージなんだよな。

紅生姜

そして、ラストは紅生姜。このジャンクな感じもまた串揚げの定番というイメージがある。全体的に小ぶりに仕上げられていて、この紅生姜も小さく切られているから食べやすい。紅生姜は、抜群に美味しいってわけじゃないんだけど、このジャンクな感じが好きなのです。

どれも手頃な価格であるので、下町の名店っていう感じ。大阪行かずとも美味しい串揚げがあるのが嬉しい。

大阪串かつ テンテコマイ
住所:東京都台東区浅草橋1-31-4 大原第3ビル B1F
時間:17:00-25:00
休み:日曜日

Related Post

お多幸で「関東おでん」と「とうめし」を食べてきた... 冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。 東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。 日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な...
鉢山 焼肉 – 焼肉屋さんじゃないみたいにおしゃれ... 渋谷の奥の方・・というか代官山のはずれというか、渋谷区鉢山の住宅街のなかにあるレストラン。 代官山からタクシーで行ったのだけど、運転手さんも「ここって焼肉屋だったんだ・・」とつぶやくくらい、おしゃれな外観は一軒家のフレンチレストランみたいな風情の建物は夜に訪れると雰囲気があって、仕事の会食でよ...
代官山のサル イ アモールで本物のスペイン米料理を堪能する... お店は地下一階なので、このスペイン国旗が目印 スペイン旅行しているときのことを思い出してしまうくらいだった。 僕の勝手なイメージでは、バルセロナというよりもマドリードとかその周辺の街のような濃い感じ。料理も本格的でウサギ肉とかもあったりする。ミシュランのビブグルマンに掲載されたので、こ...
ビストロ シロ – 魚介類がおすすめのビストロ... そんなに値段も高くなく、堅苦しくなく、それでいてカジュアルすぎないというほどよき雰囲気のレストランでいて料理がおいしいという、恵比寿界隈においてとても使い勝手のいいレストラン。 友人とのちょっとしたパーティー、合コン、大切な人との食事・・どれでもぴったりくるイメージ。そして、Open Tabl...
立石のおでんやは名前そのまんま「おでんや」さんでした。... 立石の北側にある「呑んべ横丁」の看板横にある路地を入ったところでひっそりとやっているおでん屋さん。名前はそのまんま「おでんや」なので、ちょっと探しづらい穴場なお店だ。映画のセットみたいにちょっと小さな扉は建て付けが悪くて開けづらい。貼り紙がしてあって「グッとあけてください」というので、その通りに気合...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください