八重洲のエリックサウスで食べた南インド料理は最高に美味しかったのだが、友人がいうには「ダバ インディアこそは東京にあるインドカレーのお店のなかで最も素晴らしいところのひとつだ」という。

すごく気になる。ということで、ようやくだがランチで行くことができたのでその記録。

Dhaba India (ダバ インディア)へのアクセス

京橋エリアにあって京橋駅から歩いて数分のところ。東京駅の八重洲口からもそれほど遠くないので歩いて行くことができる。オフィス街の裏通りにあるお店だけど、ランチタイムには列ができているのですぐに分かると思う。

Dhaba India (ダバ インディア)について

南インド料理のお店としてはかなり有名なお店で、ディナーの予約は前もって必要なお店。

そして、ランチタイムは予約不可となっているので、お店に並ぶことになる。週末は12時開店なので5分くらい前に着いたのだが、かなりの長蛇の列。相当待つかなあと思ったのだけど、60席あるお店なのでなんとか入ることができた。

いきなり満席になったので、オーダーしてから結構待つのかなと思ったのだけど、それほど時間もかからずに出てくるのはさすがという感じがする。事前の準備と手際がいいのだろうな。

ランチのミールス

一緒に行った人は定番であるミールスをオーダーして、僕はマトンのビリヤニを食べることにする。ミールスはラッサムやサンバルに加えてカレー3種類がセットになっているので色々な味を楽しめるようになっている。

バナナの葉に載せられて出てくる本格的な雰囲気は見た目にも美味しそう。しかし、かなりスパイシーで刺激的な味つけになっている。でも、これがクセになりそうだ。

マトンのビリヤニ

僕が頼んだマトンのビリヤニも負けずとスパイスが効いていて、食べていて汗が出てくるくらい。しかし、お米が世界的な高級米であるバスマティライスを使っていて、このパラパラとした食感がすごく美味しい。

そう、ビリヤニは日本米のもちもち感じゃなくて、このバスマティライスで作った方が圧倒的に美味しいよな。そして、アクセントにはカルダモンのさわやかで上品な香りもふんだんに入っていて、これは最高のごちそうだ。

多少並んででも食べたくなるというのがよく分かるすごいインド料理のレストランだと思う。ぜひ、夜にも来てみたいところだ。なお、ランチタイムではクレジットカードでの支払いは不可となっているので、注意が必要。

Dhaba India (ダバ インディア)
住所:東京都中央区八重洲2-7-9相模ビル1F
時間:(月-金)11:00-15:00,17:00-23:00 (土日祝)12:00-15:00,17:00-22:00

保存

Related Post

フジタ水産のマグロがいただける、築地「にっぽん漁港食堂」... 築地場外のメインストリートにある観光者向けフードコート感ある「築地にっぽん漁港市場」にあるお店。ここにある「にっぽん漁港食堂」は思いきり観光客向けの雰囲気なのだけど、知る人ぞ知る貴重なお店なのです。 ミシュラン星付きのお店をはじめとして名だたる寿司店が指名買いするマグロの卸問屋である築地市場屈...
かわなで食べる旬の味(鯛めし編) かわなで食べる季節の旬の味の最終編。 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。季節を変えて訪...
昼限定のハンバーガー店、Hungry Heavenでコストパフォーマンスのいいランチ... 昼はハンバーガー店、夜は焼肉店というちょっと変わった業態のお店。店内は壁のインテリアやずらっと並んだお酒の雰囲気は焼肉店、テーブルの雰囲気はハンバーガー店という、これもまたちょっとおもしろい。 場所は目黒駅から目黒通りの坂を下って数分のところ。雑居ビルの2階のさらに奥にある。ビルの軒先について...
Chinese Dining 方哉のチャーハンは新しい恵比寿のスタンダード... 炒飯という料理はなかなかに奥が深い料理でだれでも作ることができるけれど、美味しく作るとなると至難の技という料理だと思う。恵比寿では、炒飯の名店があり、恵比寿駅にほど近い食堂の「こづち」。もうひとつはガーデンプレイスの方に近い「ちょろり」。 この二店のチャーハンは絶品で、何度でも食べたくなる中毒...
和田浦の「笑福」は隠れた名店だと思う... お店の外観は小屋みたい 千葉の南房総にある和田浦地区、ここは抜群に美しいビーチがあってときどき訪れているのだけど、まさかこんなに美味しい料理店があるとは、と改めてびっくりした。 場所は和田浦港のすぐ目の前にある。小さくて鄙びた漁港は海の色も鮮やかで美しい。そんな漁港の片隅にあるのだが、...

Feature

2 Comments

  1. Masayuki Ito

    おいしさは他店の比較にならないほど群を抜いていると思います。カルダモンのような高価なスパイスもふんだんに使っており、ランチも三種類から選べ、確か900円、良心的です。ひとりでぶらっと寄っても、カウンターでもいいのに、できるだけテーブル席に案内してくれようとします。評価が高いのに長年質の高さを維持しているのもすごい。インド系のお客さんも見かけますが、一度味について率直に聞いてみたい衝動に駆られます。インド旅行はとてもハードルが高いです。もう一度行きたいと常日頃思っていますが、もし、この店がインド以上だとしたら、もう年なのであきらめてダハインディアに通い詰めれば良いんですからと。

    • Masayuki Itoさま

      コメントありがとうございます!!すごく美味しいレストランですよね。群を抜いているというのも分かります。
      インドには何回か旅行したことがありますが、こんな洗練されたところには行ったことがありません・・。
      コストパフォーマンスも含めて圧倒的なレストランだと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください