昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。

1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。

でも、いまではこの古い「冰室」が残っているお店が少なくなってきていて、海安珈琲は数少ないお店のひとつ。赤い椅子や、天井の扇風機、香港映画の世界に出てくるような店内で過ごす時間はとても楽しいものだ。

海安珈琲室(Hoi On cafe)へのアクセス

上環の駅からトラムを使って行くとアクセスが簡単。以前に泊まったイビスホテル上環に近いところにあったのだが、日曜日が休みなこともあり訪れる機会を逃していた。お店は昔のままの雰囲気を残していて、とても雰囲気がある佇まい。

海安珈琲室(Hoi On cafe)について

お店の創業は1952年で60年以上の歴史がある。朝の時間帯は空いていてのんびりしているので、訪れるなら朝がいいのだと思う。メニューは喫茶店という感じで旺角にある美都餐室と同じような感じ。

ここは料理の味やコーヒーの深みを楽しむところではなく、昔ながらの香港の空気を感じてのんびりとした時間を過ごすところである。いまではお店の前を高速道路が走っていて味気ない風景だけど、港のすぐそばにあるお店は後悔の安全を祈るということで「海安」という店名になっているそうだ。

赤い椅子やくすんだ壁の色は香港映画に出てきそうな雰囲気。椅子は狭くて座り心地がいいわけではないが、テーブルとかも含めて味がある世界観を作りだしている。そろそろ暑くなる時間帯を冰室で過ごすこともあり、アイスコーヒーを頼んで涼みながら時間を過ごす。

フレンドリーな接客や、始めて来る場所なのに懐かしい雰囲気の店内のインテリアなど、見どころが多い喫茶店。料理を楽しむわけではないが、こういうところで過ごす香港の時間もまた旅の空気を味わえるものだと思う。

海安珈琲室(Hoi On cafe)
住所:上環干諾道西17號地下
時間:7:30-16:30、(金)7:30-15:00
休み:日曜日

Related Post

方寸之間はカフェとして居心地のいい空間... 高雄で出発前に時間を過ごしたのは方寸之間という日本風なカフェ。現代的なインテリアで台湾らしさみたいなのはあまり感じないけれど、中国茶のバリエーションは豊富でそういうところで台湾を感じる。 朝は9時から営業しているので、朝食後にのんびりとした時間を過ごすのもいいし、ここで朝食を食べるのも美味しそ...
品川のブルーボトルはロケーション含めておもしろいところ... 清澄白河のブルーボトルに行ってから、しばらく足が遠のいていたブルーボトルコーヒー。コーヒーの味には賛否両論あるものの、雰囲気含めて好きなカフェ。ただ、僕としてもあのコーヒーは嫌いじゃないが、あえてコーヒー飲みに行くときなかなか選択肢に出てこなかったということもある。 ところで、品川のブルーボト...
築地「茂助だんご」の三兄弟を食す 築地にある老舗の団子屋さん。創業が明治31年(1898年)というから、100年以上の歴史がある。いまでは場外にも支店がいくつか出来ているけれど、行ってみたのは水神社のすぐ近くで創業当時の面影を残している、昔から営業しているお店。 お店の軒先でお団子を販売していて、店内にはテーブル席がいくつかあ...
【現在は立ち入り不可】近未来感があるのに懐かしい雰囲気がある、香港の「超密集住宅」をみてきた。... 香港らしい建物が入り組んで密集した風景といえば、かつては九龍城砦だったり、尖沙咀にある重慶大厦の四階から入り込む風景とか、いろいろとある。 そんななかで、最近注目されているのは、鰂魚涌(クオリーベイ)と太古(タイクー)の間にあるマンション群で「海景樓」「福昌樓」「海山樓」「益昌大廈」「益發大廈...
台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください