香港に古くからある、レトロスタイルなカフェである「冰室」というお店の代表格ともいえるのが旺角にある中國冰室。

香港映画に出てきそうな雰囲気だなと思っていたら、ロケに使われることが多いみたいだ。

お店のある通りの雰囲気も、お店に集う人たちの雰囲気も香港らしい感じがあって旅情あふれている。この、まったりとした雰囲気の喫茶店みたいなところで暑さをしのぐのがまた楽しい。

中國冰室は1926年の創業で、100年近い歴史がある香港でも最も歴史ある冰室のひとつ。

旺角の裏通りにあって、目の前の通りは市場になっている。お店の看板がすごく見つけづらいので注意して探してみてほしい。

店内はタイル張りのインテリアが古くて新しい感じがしてしまう。ちょっとしたレトロなポスターも味があってフォトジェニックな感じ。メニューとかは辛うじて英語化されていて、店員さんは若い女の子だったこともあり英語が通じた。

客層は幅広くて学生みたいな感じの人から、新聞読んだおっさんまでいろいろ。蛍光灯の明かりもふくめて、いわゆる「香港らしい」という風景だなあ。

メニューを眺めていてレモンコーラというものがあったので、頼んでみることにする。ホットとアイスがあったのだがホットってどんな飲物なのだろう・・。興味はあったけれども、外は暑い午後。ここは勝負せずアイスのレモンコーラを頼むことにする。

しばらくして店員の女の子がやってきて「ところで・・コーラは瓶と缶のどっちがいい?」って質問される。

そこはこだわるところなのか。なんだかすごい。

もちろん、こんな雰囲気の喫茶店であれば迷わず瓶を選ぶことにする。出てきたのは輪切りのレモンが入ったプラスチックのカップと瓶入りのコーラ。そうか、これはそのままの解釈でよかったのか。普通に爽やかで美味しい。

料理のメニューもあるのだが、これはもはや香港の伝統的な不思議料理である茶餐廳の系統を受け継いでいるものとなっている。朝に立ち寄った海安珈琲と同じようなものだな。気になれば頼んでみるのもいいけれど、決して美味しいものではないと思われる。

でも、チェーン系のカフェに行くよりも、こういうレトロな喫茶店みたいなところでひとやすみするのも香港らしい旅なんだと思う。

中国冰室
住所:旺角廣東道1077A舖
時間:6:00-19:00
休み:基本は無休。でも、きっと不定休。

Related Post

寮國咖啡で楽しむラオスコーヒー 台南でラオス産のコーヒーを楽しんできた。結論からいうと、とてもうまい。 ラオスに行ったことは何度かあるのだが、まさかこんなちゃんとしたコーヒー作っていたとはね。でもまあ、フランス領だったこともあるし、食事に対しては感度が高いエリアではあった。コーヒーがあっても不思議じゃない。 しかしまあ...
橋底辣蟹は大人数で行けば楽しい 中華料理って大人数でいった方が楽しい。ということで、今回の旅では現地集合の旅だったので夕食に選んだのは橋底辣蟹。 場所は香港島の灣仔エリアで地下鉄の銅鑼湾駅から歩いてすぐのところ。もともとは橋の下にあるお店だったということで店名だけは残っているけれど、いまは陸地にあがってきて立派なお店になって...
cafe independants カフェ・アンデパンダン... 京都の三条御幸町という便利なロケーションにあって、深夜24:00まで営業していて、古めかしいけれど、学生街っぽいアッシュな雰囲気が京都らしくて、全面喫煙可能なことと、トイレの水回りがいまいちなことを気にしなければ、こんなかっこいいカフェ&バーはないと思う。 世間の評価はどうかはわからないけれど...
老點 – 現代的な点心が食べられる地元の人気店... 今回泊まったAirbnbのホストの女の子が「コンテンポラリーなスタイルの点心が楽しめるオススメのレストラン」ということで教えてくれたところ。19:00くらいに行ったのだけど、ぎりぎりひとり入れたくらいで、お店を出るときには外に長い行列ができていた。 で、たしかに地元の人が行列をつくってまで食べ...
ブルーボトルコーヒー青山は観光地です... 表参道あたりで時間つぶす必要があったので、ブルーボトルコーヒーに行ってみることにした。 場所は表参道の交差点から、ちょっと裏道にはいって数分のところ。すぐそばにSHOZO Cafeの小さな支店がある。 清澄白河のブルーボトルコーヒーが素晴らしかったので、こちらでも期待して訪問。店内はスタ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください