香港に古くからある、レトロスタイルなカフェである「冰室」というお店の代表格ともいえるのが旺角にある中國冰室。

香港映画に出てきそうな雰囲気だなと思っていたら、ロケに使われることが多いみたいだ。

お店のある通りの雰囲気も、お店に集う人たちの雰囲気も香港らしい感じがあって旅情あふれている。この、まったりとした雰囲気の喫茶店みたいなところで暑さをしのぐのがまた楽しい。

中國冰室は1926年の創業で、100年近い歴史がある香港でも最も歴史ある冰室のひとつ。

旺角の裏通りにあって、目の前の通りは市場になっている。お店の看板がすごく見つけづらいので注意して探してみてほしい。

店内はタイル張りのインテリアが古くて新しい感じがしてしまう。ちょっとしたレトロなポスターも味があってフォトジェニックな感じ。メニューとかは辛うじて英語化されていて、店員さんは若い女の子だったこともあり英語が通じた。

客層は幅広くて学生みたいな感じの人から、新聞読んだおっさんまでいろいろ。蛍光灯の明かりもふくめて、いわゆる「香港らしい」という風景だなあ。

メニューを眺めていてレモンコーラというものがあったので、頼んでみることにする。ホットとアイスがあったのだがホットってどんな飲物なのだろう・・。興味はあったけれども、外は暑い午後。ここは勝負せずアイスのレモンコーラを頼むことにする。

しばらくして店員の女の子がやってきて「ところで・・コーラは瓶と缶のどっちがいい?」って質問される。

そこはこだわるところなのか。なんだかすごい。

もちろん、こんな雰囲気の喫茶店であれば迷わず瓶を選ぶことにする。出てきたのは輪切りのレモンが入ったプラスチックのカップと瓶入りのコーラ。そうか、これはそのままの解釈でよかったのか。普通に爽やかで美味しい。

料理のメニューもあるのだが、これはもはや香港の伝統的な不思議料理である茶餐廳の系統を受け継いでいるものとなっている。朝に立ち寄った海安珈琲と同じようなものだな。気になれば頼んでみるのもいいけれど、決して美味しいものではないと思われる。

でも、チェーン系のカフェに行くよりも、こういうレトロな喫茶店みたいなところでひとやすみするのも香港らしい旅なんだと思う。

中国冰室
住所:旺角廣東道1077A舖
時間:6:00-19:00
休み:基本は無休。でも、きっと不定休。

Related Post

フルータスの宝石みたいなフルーツづくし... 門前仲町にあるフルーツショップ。人気店で週末は行列になるが、並ぶ価値はあるところ。最初、ちょっと高いよなと思うところはあったけれど、出てきたフルーツの美しさと旬を逃さない美味しさを見極めて出してくれるのは値段に納得感がある。 フルータスへのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から歩いて数分の...
黒磯でShozoカフェに行くならば、Chus(チャウス)もちょっとのぞいてみる価値がある。... 黒磯の市街にあるShozo Cafeのある通りを地元の人はShozo通りと通称で呼んでいるとのこと。そのShozo Cafe本店のすぐ隣に、古い商店をリノベーションしたお店がある。僕はながらくこのお店はShozo Cafeの系列だと思っていたのだが、今回はじめて違う経営だと知った。でも、それくらい違...
Saturdays Surf NYCのコーヒーは、ここのところ一番のお気に入り... スタイルだけじゃなくて、コーヒーも絶品なSATURDAYS SURF NYC。 もともとはニューヨークでできたサーフショップで、代官山に二店舗目が出来たところ。リラックスした雰囲気がすごく好きなお店で、シャツなどを愛用している。 お店の場所は代官山蔦屋の向かい側近く。路面店なので迷うこと...
浜名湖を望める「蔵茶房 なつめ」でのひと休みは気持ちがいいカフェ... 予約していた三ヶ日の加茂という鰻店さんへ行くまでの時間調整。近くでお茶でもできるところを探していたところ、見つけたカフェ。 カフェ以外に酒屋さんも併設していて、日本酒や焼酎などを買うこともできる。酒屋さんは蔵のような作り。カフェは山小屋のような雰囲気もある。 アクセスは東名高速の...
始めて食べるのに懐かしい台湾スイーツ。谷中の「愛玉子」へいってきた。... 谷中のあたりを散歩しているとやたらと目立つ「愛玉子」という看板。「・・あいたまご?変わった名前の中華料理店だな」くらいに思っていたのだが、店先をのぞいてみると「台湾スイーツのオーギョーチー」と書いてあった。どうやら、喫茶店みたいなところだったらしい。ちょっと立ち寄ってみたら、すごい面白くて懐かしいよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です