香港の料理でおすすめされていて、今回の旅で食べてみたいなと思っていた子豚のロースト料理。薄切りにしたものをご飯にのせて食べる乳豬飯がすごく美味しそう。旺角にあるお店が人気みたいだったので近くに来たタイミングで寄ってみた。

宏發燒臘飯店へのアクセス

地下鉄の旺角駅からすぐのところ。女人街も近い通菜街の通りにある。香港におけるモバイルガジェットの聖地である先達廣場の横の路地にある。同じビルなのかどうかは建物が複雑でよく分からないけれど、お手洗い含めてお店は清潔だった。ちょっとファーストフード店っぽい感じがする。

宏發燒臘飯店について

香港に何店舗からあるみたいだけど、僕が訪れたのは旺角のお店。お店の看板はバウハウス感のあるフォントで目立っている。

名物料理は子豚のローストを上にのせた乳豬飯というもので、ちょっと高いけれどこれは美味しかった。とても丁寧にローストされていて、外側の皮はパリパリで濃いめの味付けが美味しく、そしてなかの肉はジューシーで柔らかい。このバランスが絶品だと思う。

お米は日本米に慣れた舌にはちょっと物足りなさを感じるところがあるけれど、肉の美味しさは素晴らしい。旺角界隈を散歩しているときにはランチにちょうどいいお店だと思う。チャーシューだけではない豚肉の料理方法、こんなの家じゃ作れないし食べにくる価値がある。

乳豬飯

宏發燒臘飯店
住所:旺角通菜街114號地下
時間:10:30-23:30

Related Post

かわなで食べる旬の味(いくら編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのだけど、僕が一番好きなのはなんといっても秋の「いくら編」。 ...
海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...
代官山 蚤の市 – 2015年春開催に行ってきた... 去年の晩秋に代官山蔦屋で開催された「代官山 蚤の市」。これがふたたび開催されたので行ってきた。なんといっても、僕にとって去年もっとも楽しかったイベントのひとつだし。 また、平日に開催されているので、賑わっているなって思えるくらいの混雑度合いなのがよい。 前回に引き続いて、春というか初夏を...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
恵比寿で隠れ家的なビストロ、アベス (Abbesse)のランチはおすすめ... 恵比寿で隠れ家的に発見したビストロ。平日は、1,000円で、とてもコストパフォーマンスに優れたランチを食べさせてくれる。安いからそれなりのサービスということではなくて、安いけれどちゃんとしたサービスを提供してくれると感じている。食後に美味しいコーヒーまでつけてくれるレストランに悪いところは少ない。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください