ついに香港にもマイクロブリュワリーの波がやってきて、メイドイン香港のビールが醸造されるようになってきたらしい。食堂で水みたいな青島ビールを飲みつづけている時代は終わったのだ。

というか、ビールが選べる時代になったということか。香港にいる友人のおすすめは旺角にある”TAP The Ale Project”というお店。暑い昼下がりにさっそくビールを楽しむことにした。

T.A.P. The Ale Projectへのアクセス

旺角エリアの南側にある。女人街の南端からさらに南にくだったあたり。ちょっと古い街並みが残っている一角にある。旺角の駅からは7-8分は歩きそう。二軒くらい隣にはカフェがあり、そっちも人気のお店みたいだ。お店に行ったのはお昼過ぎだったのだけど、週末の昼からビール飲む人はあまりいないらしく空いていた。

T.A.P. The Ale Projectについて

カウンターの向こう側にならぶタップはテンションあがる光景。20種類くらいのクラフトビールを揃えている。

香港クラフトビールの先駆者であるヤングマスターエール(少爺麥啤)もあり、香港メイドのビールを中心に揃えているからラインナップを眺めているだけで、さらにわくわくする。

頼んでみたのはヤングマスターのエールビールとか、香港クラフトビールのIPAにしてみたけれど、どちらもくっきりとした味わいですごく好きなやつだ。これくらい主張してくるビールが好きなんだよなあって改めて思う。

料理はビールにあうアメリカナイズっぽいものがあったけれど、あまり興味がなかったのでそちらはパスしてビールだけを楽しむ。

香港のクラフトビールはアメリカ西海岸にあるブリュワリーっぽい雰囲気のものが多く、お店の雰囲気も明るくてそんなイメージがある。台北とかだと昼からビールを飲む感じがないけれど、香港だとこうしたビアバーがあったりするので、気軽に楽しめるのがいい。

お酒を楽しむのであれば台湾よりも香港の方が充実しているんだな・・と思った瞬間だった。

カウンターの奥に並ぶタップ
店内はカジュアル
コースターがかっこいい

T.A.P. The Ale Project
住所: 旺角黑布街15號地下
時間:12:00-24:00(金土日は26:00)
休み:月曜日

Related Post

粥麵館(鰂魚涌)のお粥はミシュランガイド掲載の味らしいが普通だと思う。... 中環まで戻ってきて地下鉄で鰂魚涌(クォリーベイ)まで移動。ミシュランガイドでビブグルマンをとっている粥麵館でランチにお粥を食べてみることにする。 粥麵館は鰂魚涌駅から歩いて5分くらいだが、トラムの通り沿いにあるので北角あたりからトラムにのって来るのも便利だと思う。嘉里中心というオフィスビルの二...
名都酒樓(Metropol Restaurant)での朝食は普通の飲茶点心だった... 最近では少なくなったワゴン式の飲茶を楽しめるレストランとして有名な名都酒樓(Metropol Restaurant)。僕は上環にある蓮香楼とか、中環にある陸羽茶室が好きで朝食といえば、そのどちらかに行くことが多いのだけど、今回は別のところに行ってみることにした。 名都酒樓(Metropol R...
横浜オクトーバーフェスト、10月のビアフェスは寒かった... "October"って語源からたどるともともとは8月だっていうではないか。8月に野外でビアフェスティバルをやるというのであれば、それはなんだか理にかなっているような気がする。 それに、本場であるミュンヘンでも9月中旬から10月上旬にかけて開催されているイベントだという。もはやオクトーバーじゃな...
N1 Coffeeは九龍で美味しいコーヒーが飲める貴重な存在... 九龍の尖東エリア、重慶マンションの裏手の方へ行ったあたりにある小さなカフェ。シングルオリジンで一杯ずつドリップしたコーヒーを楽しむことができる。 シングルオリジンのコーヒーは日本と比較してもちょっと高いと思わないわけではない。でも、この街でちゃんとした美味しいコーヒーを飲めるってことがどれだけ...
サントリー 白州蒸溜所でウィスキーの勉強と試飲ツアー... 今回の旅のメインテーマである白州蒸留所のツアー。これがあるがために列車での移動となったくらいだ。楽しいツアーだったし、白州蒸留所で作られるお酒のイメージががらりと変わるものだった。 白州蒸留所は別名「森の蒸留所」とも呼ばれていれて白樺の森のなかにある。ウィスキーは水が重要なので、こういう美しい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください