普段の食生活が荒れてくると、どうも身体が野菜を欲する感覚がある。恵比寿に蒸し野菜と茶粥のランチを出すお店があると聞いて行ってみることにした。普段は茶菜料理を出す中華料理店ということで、ランチには定番の中華料理のほか、茶粥も提供している。

茶菜カフェ謝謝へのアクセス

恵比寿駅の東口から5分程度歩いて行ったところにある。このあたりはランチ激戦区で、すぐ近くにはシンガポールチキンライスの人気店である海南鶏飯とか、ミシュランで星をとっている中華料理店マサズキッチンなどもあり、そんななかで比較的空いているのがこちらの謝謝というレストラン。ちょっと路地裏に入ったビストロみたいな雰囲気の佇まい。

茶菜カフェ謝謝について

それほど広くない店内はテーブル席がいくつかと、カウンター席。15人も入ればいっぱいになってしまいそう。狭い店内なので、ちょっとテーブルが狭いのが難点ではある。

ランチタイムには麻婆豆腐とか担々麺といった普通の中華料理もあり、日替わりで油淋鶏などもあったりするからがっつりとした食事をすることもできそう。僕が頼んだのは海老と鶏そぼろの茶粥のランチセットで、スープと蒸し野菜がついてくる。

彩り野菜の蒸籠蒸しは美味しい
茶がゆはたっぷり出てくる

スープは中華風なもので特徴的な感じはしなかったのだが、小さな蒸籠に入って出てくる蒸し野菜は鮮やかな彩りで揃えていて見た目にも美しい。紫いもとか、パプリカを蒸していて塩で食べるのだけど、結構ちゃんと野菜をとることができるのは嬉しい。

メインの茶粥とは、お米をお茶で炊いた粥ということで、茶葉料理としての美味しさがある。お茶の香りがほのかにするような気もするが、普通のお粥との違いは見た目くらいかなあ。茶葉には身体の毒素を排出する効果が期待できることもあり、これもまた身体に優しい料理だ。見た目以上にボリュームがあるので、ちゃんと食事をしたなっていう気分になる。

さらにお粥には半熟玉子と八角で味付けした漬物もついてくるので、お粥のいいアクセントになっている。わりと手頃な価格でしっかりと野菜がとれるいいランチだなあ。穴場な感じのいいお店。

茶菜カフェ謝謝
住所:東京都渋谷区恵比寿1-22-10
時間:11:30-16:00、18:00-23:00
休み:日祝

Related Post

恵比寿横丁とは観光地です。恵比寿横丁 純ちゃんで飲む九州の雰囲気。... ここのところ(2017年)、恵比寿横丁とかコリドー街がナンパのスポットとして有名になっているらしい。 どちらにも好きなお店があって、たしかに前からそういうのがあったけれど、最近はちょっといままでと雰囲気が変わってきていると感じる理由がはっきりした。いまさらながらに感じるところ。 ひさびさ...
めん処みやち(みやちそば) – 尾道でしか食べられない味... 尾道の坂道巡りから町中に戻ってきて、ランチを食べる店を決めかねていたのだが、商店街のなかに行列ができていたので聞いてみたら「ここの天ぷらラーメンはうまい」というので、ちょっと気になり僕も並んでみた。 10人前後のお客さんが並んでいたが、15分程度も待っていたらお店に入れた。店内はカウンターだけ...
【店名変更】津南の「とん豚」で絶品トンカツを食べる... 旅においては「一食入魂」を標榜する僕なのだが、越後妻有でなにを食べるかといえば、がっつり食べるということにおいて、ここ「とん豚」が絶対的におすすめなお店。 津南でどこで食事しようと計画した場合、あなたがイスラム教徒かベジタリアンでない限りにおいては、ここでのトンカツは絶対におすすめできる逸品な...
圧倒的な存在感の板そばが出てくる「伊勢そば」にいってきた... あらきそばの板そばをみていて「なんていうか、これは蕎麦っていうかそば粉で作ったうどんじゃね」と常々思っていた。しかし、そんなものはまだかわいいものだったなとわかった日。 それくらい、圧倒的に存在感のある極太の蕎麦が出てくる。これは蕎麦じゃなくて・・・棒だろう、みたいなのが。山形の蕎麦に対する価...
登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です