お店の外観

名前がちょっとふざけていて、安めな居酒屋っぽいイメージをもっていたけれど、中身はかなりちゃんとした渋谷の隠れ家みたいな料理店だった。渋谷にこんなところがあったなんてという驚きすらある。そこそこ手頃な価格で刺身などが楽しめるので渋谷に行くときには上位の候補として選んで間違えがないお店。

4番サード魚真へのアクセス

渋谷駅からは少し歩く距離にあり、井の頭線の神泉駅の方が少し近いくらい。渋谷駅からは道玄坂をのぼらずに東急百貨店の本店を通りすぎてすぐ右手に入った路地のところにある。やや駅から遠いなあということと、渋谷の喧噪を通りすぎるのが面倒なこと以外にはあまり難しいルートではない。

 

4番サード魚真について

かなりの人気店みたいで、平日でも予約が取りづらく2週間くらい前に予約して訪問。和風な店内はゆったりとしているのだけれど、二時間半くらいの制限をつけられてしまうのであまりゆっくりとも出来ないのがちょっと残念。日本酒の種類も多いのでゆっくりとお酒を飲みたいところではあるのだけど。

魚真という系列のお店だけあって魚は美味しい。ちょっと珍しい刺身もあったりするので、盛り合わせで頼んだあとに、自分で好きなものを選んでみてもいいと思う。メバチマグロの大トロとか美味しかったなあ。わさびもちゃんと摺りおろしている。

刺身の盛り合わせ、渋谷で食べている食事じゃないみたいに美味しい
あん肝もちゃんとしている
白子の天ぷらもまた美味

一品料理はお酒がすすみそうなものが揃っている。お通しがないので、あん肝を頼んで前菜にしたあとは、白子の天ぷらを食べたけれど、これもまたトロッとした美味しさがあってよかった。値段も手頃なので色々と楽しめる。焼き魚は花鯛を選んでみたが、これも時間をかけてしっかりと焼き上げていて日本酒によくあう。魚料理に関しては信頼できるお店だと思う。

日本酒は伯楽星とか大信州といった僕の好きな銘柄が揃っていて、あれこれ飲んでしまった。一合700-800円くらいとなっていて、まあそんなものかなという価格帯。旬のお酒もあったりするので、日本酒はかなりあれこれ楽しめる。ワインもそれなりに揃っているようだ。

シメには白子の雑炊を頼むことにする。のっけ寿司が有名らしいのだけど、見た目の華やかさよりも食事の美味しさかなという感じ。結構ちゃんとしたボリュームがあって〆の料理としては満足感が高い。これで急かされることがなければなあという部分はあるけれど、逆に手軽に食事を楽しんだあとは他でお酒を飲み直すというのもいいんじゃないかと思う。

梅水晶は日本酒にあう味
鯛の焼き魚は丁寧に焼き上げられていた
シメには白子の雑炊

4番サード魚真
住所:渋谷区松濤1-29-5 CSコート1F
時間:17:00(日祝16:00)-24:30
休み:基本的に無休

Related Post

新大久保の穴場レストラン「さんぱ家」で食べる韓国料理は抜群においしい... 東京で韓国料理を食べるといえば、新大久保にある梁の家が有名だと思う。たしかに、あの店の海鮮チジミはすごい美味しい。しかし、友人からチジミが好きならば新大久保では「さんぱ家」もすっごい美味しいときいたので行ってみることにした。 結論としてはすごい美味しくて、落ち着いた店内で料理を楽しめるいい店だ...
帯広のはげ天で豚丼はやめておいた方がいい... プチ・プレジールで幸せな時間を過ごして、このまま帯広の夜を終わらせるのももったいなあっていうのと、少し小腹がすいていたというのもあって、ちょっと豚丼でも食べてみようかと訪れたところ。帯広駅前にも有名店があるのだが、あまりにも並んでいるのでそこはパスして、はげ天へ。 結論からいうと、大人しくプチ...
上海小吃で上海蟹ナイト 日本でもっとも怪しいレストランのひとつである上海小吃。歌舞伎町のほぼ中心街に近いところにある。まず、お店に行くまでの道でひとつの物語が書けそうなくらいだ。 各種ナイトクラブとかがある通りの看板に「客引きは100%ぼったくりで違法です」と書かれているのだが、その通りは客引きでひしめき合っている。...
ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
新宿の赤ちょうちんで生肉を食べてきた、というか出世料理ってなに... 友人と新宿で食事することになって、ちょっと面白いところ行くかと探し当てたところ。 お店入って友人が「あ、ここ他のやつも気になってたところだよ、ネタ的に」ということで、まあ僕のまわりには似たようなのが集まってくるんだなって改めて感じる次第。 お店の名前が「出世料理 赤ちょうちん」という名前...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください