旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。

今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンター香港(The Asia Society Hong Kong Center:亞洲協會香港中心)に行ってみたのだけど、もともとはこの場所に併設されているAmmoというレストランに興味があったものの、やっている展覧会をみてみたら思いのほか面白かった。

アジアソサイエティーセンター香港へのアクセス

地下鉄の金鐘(アドミラルティ) 駅から山の上の方へ10分ほど行ったところにある。駅を出て大通りを歩道橋で渡った先にある太古広場 (Pacific Place)というショッピングモールのなかを通り抜けていくとエスカレーターもあるし涼しいので便利。ショッピングモールを抜けてコンラッド香港の横を通りアクセスする。坂道のため、地図で見ているよりも遠いなあという印象がある。

アジアソサイエティーセンター香港について

アジアソサエティ・香港センターはロックフェラー家によって設立された組織で香港以外にもいくつか支部がある。この場所はかつてイギリス統治時代に弾薬庫として使用していたところみたいで、敷地内には当時の面影を残す古い建物や、大砲などが展示されている。

この部分や建物の屋上庭園などは無料で入れるところなので、Ammoに来たついでであっても観てみる価値はあると思う。香港島の都市部にこんなに緑あふれるところがあるのかってちょっと新鮮な感じがある。

屋上庭園にもアート作品がある

僕が訪れた2016年9月には「影.亞洲(Picturing Asia)」という写真展がやっていたので観てきた。ブライアン・ブレイク(Brian Brake)とスティーブ・マッカリー(Steve McCurry)の写真展でTIME誌やナショナル・ジオグラフィック誌などで写真家として活躍している。旅先でこんな面白い写真展に遭遇するとは、なんと幸運なんだ。

スティーブ・マッカリーの代表作である「アフガンの少女」も展示されていたし、それ以外のものも国ごとに分けて展示されていた。情報をまとめたり、写真を選ぶセンスが面白くて、とくに日本を題材にしているところは、なんだか他の国の写真を見ているかのようだった。なんていうか、この感覚は自分の声を録音したものを聞く不思議さに似ている。

そしてインドの写真。インドって100年前の写真も現在の写真もほとんど変わらないシーンがあったりして、都市化されたインドとのコントラストがすごく印象的なのだが、ここで観たインドの写真も圧倒的な存在感があって、その鮮やかさに吸い込まれてしまう。こうしてインドへ興味をもってまた旅に出てしまうのだろうなって思ってしまう(そして、あまりのインド旅の面倒さに後悔する)。

たまたま巡り会った展覧会だけど、思いがけない出会いがあって面白いものだった。香港に何度か来ている方は、情報調べて観に来るのも新しい発見があるかもしれない。

The Asia Society Hong Kong Center:亞洲協會香港中心
住所:香港金鐘正義道九號
時間:11:00-18:00
休み:月曜日、旧正月等

保存

Related Post

リオデジャネイロ現代建築の見所のひとつ – カテドラル・メトロポリターナをみてきた... リオデジャネイロには大聖堂がふたつあって、古くからあるのはリオデジャネイロ旧大聖堂(Antiga Sé)と呼ばれていて、もうひとつのこちらは1976年に建てられた現代的な大聖堂。 ちょっと古さを感じるモダンアートっぽいデザインは一見奇抜なのだけど、厳かな雰囲気でステンドグラスの美しい直線的なデ...
大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
和田浦海岸 – 隠れ家的ビーチ 「春の海 ひねもすのたり のたりかな」 という句がぴったりくる和田浦海岸のビーチ。 学生時代を過ぎてだんだんと感じるのは、何もしないことに時間を費やすことが少なくなっているということなのだが、和田浦海岸のほとんど人のいない護岸に腰掛けて、青い海と白い砂浜、のんびり打ち寄せている波をのんび...
京都市美術館でやっていた伊藤若沖展をみてきた。「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」... ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。 京都市美術館について 京都市美術館は平安神宮のすぐそばに...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください