金鐘にあるアジアソサイエティセンター香港(亞洲協會香港中心)の一階にあるレストラン。カウンターがありバーとしての利用もできる。香港島の中心街にあるとは思えないくらい緑豊かなエリアにあり、窓の外にみえる風景もまた美しい。新しい香港の一面を見つけることができる素敵な場所だと思う。

今回はバーとしての利用で、ここの名物である「アールグレイ・マティーニ」を楽しんで来たけれど、イタリアン&地中海料理を中心とした創作料理を出すレストランもまた魅力的。何度も足を運んでみたいところだ。

Ammo Restaurant & Barへのアクセス

基本的にはアジアソサイエティセンター香港へのアクセスと同じで、地下鉄の金鐘駅から太古広場 (Pacific Place)のなかを通って行くのが便利。アジアソサイエティセンターのエントラスからは受付すぐ横にあるエレベーターで一階へ降りてミュージアムショップを通り抜けてアクセスしたが、外から直接くることもできそうな感じだった。坂道がキツいのでディナータイムにはタクシーで移動するのもいいかもしれない。

天井から床まで一面ガラス張りの窓から見える風景は香港じゃないみたい

Ammo Restaurant & Barについて

香港でも人気店なので、ランチタイムを避けてきたので空いていたけれど、食事をする場合には予約した方が無難だと思う。

AMMOとは、”Asia”,”Modern”,”Museum”,”Original”の頭文字からとった造語で店内のインテリアはゴージャスななかにアジアっぽいテイストがある。とくに、カウンターの向こう側に作られた店内装飾が美しい。天井から床まで一面ガラス張りの窓から見える風景も、香港じゃないみたいで緑あふれている。この場所はかつてイギリス統治時代に弾薬庫として使用していたところみたい。それもあり、豊かな緑が残されている。

内装もゴージャス

そしてここはレストランとしてだけでなく、クリエイティブなカクテルでも有名で、看板メニューである「アールグレイ・マティーニ(Earl Gray Martini)」はお酒を飲むことができる人であれば一度は試してみてもらうたい絶品のカクテルだ。アールグレイ・マティーニはここでなくても飲めるカクテルではあるけれど、フレッシュな香り付けがされているここのカクテルはこの暑い気候の香港に似合っていて、爽やかさのなかに上品な感じがする。スタッフの接客も付かず離れず、カジュアル過ぎずといったところで、とても洗練されている。

豪華な店内ではあるけれど、カクテルを楽しむだけであればわりと手頃なところなので、香港の喧噪から逃れて楽しむにはすごくいいところだ。次はレストランで食事も楽しんでみたい。

アールグレイ・マティーニ(Earl Gray Martini)

Ammo Restaurant & Bar
住所:香港金鐘正義道九號
時間:12:00-23:00(金土及びバーは24:00まで、15:00-17:00はアフタヌーンティー)
休み:基本無休

保存

Related Post

The Common One Bar Kyotoは一見さんでも行けるけれど、行くのが難しいバー... ちょっと気になっていて訪れてみたバー。見つけづらいと聞いてはいたけれど、ここまでハードルが高いとは。Google Mapとかに表示されている場所は間違っていないけれど、あの通りにアクセスしてもたどり着くことはできない。 アクセスについて 祇園新橋 350年前の祇園発祥の地といわれ...
「酒蔵BAR えん」で伏見の日本酒を楽しむ... 龍安寺から友人と伏見で待ち合わせして日本酒を楽しんでみることにする。僕のなかでは、伏見の日本酒って黄桜とか月桂冠とかワンカップ日本酒の安くて質がいまいちという印象が強かったのだけど、前の訪問で伏見の松本酒造を知ってからはそのイメージががらりと変わって、香りの豊かなお酒を造っているのだなと知った。 ...
ラマ島に来たらシーフードを食べるのは必須です – 天虹海鮮酒家... ラマ島に来た目的のひとつは美味しい海鮮料理を食べること。香港で海鮮料理といえば、有名どころなのは他にもいくつかあるけれど、ここラマ島のレストランはのどかな漁港の風景を眺めながら食べるっていう雰囲気含めていいところだった。 ラマ島ってどこだよ!って話しはまた後日。 天虹海鮮酒家 ...
The Shotting Funは台南で行っても仕方がないバーのひとつ... そもそもことの始まりは、台南で行くバーをさらにひろげてみようって思ったところから始まっている。結果としてはさんざんだった。まあ、こんな日もあるよなと思いながらお酒飲んでいた。 The Shotting Funへのアクセス おすすめしないので行くことはないと思うけれど、間違って行ってしまわ...
「吟醸酒房 油長」で伏見の日本酒を呑み比べる... 伏見で地元のお酒を手軽に呑み比べするならば油長がおすすめ。ところで、酒屋さんの店内でお酒を飲むことを関東では「角打ち」というけれど、関西では「立ち呑み」というらしい。「角打ち」の意味がよくわかっていないので、「立ち呑み」の方が直感的でいいなとか思ってしまった。 「吟醸酒房 油長」のアクセス ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください