僕が使っている携帯について。普段はiPhoneで旅行の時にはAndroidを使っていることが多く二台持ちをしていた。しかし、この旅行の前に携帯キャリアを変えたこともありiPhoneを売ってAndroidだけになっていた。

そこで、香港に行くタイミングで円高になったこともあり、iPhoneを買いたいなと思っていてたまたま銅鑼灣(Causeway Bay)に来てみたら通りにアップルストアがあるではないか。ちょっと店内をみていたら、なんとなく流れでiPhoneを買ってしまった。買ったのはiPhone SEで、日本に戻ってからSIMカードを買い増して二台持ちをしているところ。

香港のアップルストアについて

スターフェリーに乗って香港島に来ると海に面して大きな窓が特徴的なIFCモールにあるアップルストアが有名。ここはいつも混雑している人気店で、今回の旅でも行ってみようかと思っていたがCauseway Bayにもアップルストアがあったので、そちらにのみ行ってしまった。

こちらは地下鉄の銅鑼灣駅を降りてすぐのところにあり、ショッピングモールの1-3階がアップルストアになっている。店員さんもかなり多いので中環のショップよりも買い物がしやすいと思う。店員さんはたぶんほぼ全員が英語を話すことができる。僕が行ったときには日本語ができる店員さんはいなかったが、日本でも使えるかどうかを確認するなどかなり親切に対応してくれた。

IFCモールにある旗艦店
銅鑼灣(Causeway Bay)にもアップルストアがあった

香港でiPhoneを買うメリット

一番重要なのはこの部分だと思うのだが、僕の感想としては日本で買うのと一番の違いはカメラのシャッター音がならないということ。シャッター音がしないアプリもあるけれど、iPhoneのカメラ機能を100%いかしているとは言いがたく、最初からシャッター音がしないのはデジカメとしての用途にぴったりだ。

iPhone SEもカメラ機能は充分美しく、とくにホワイトバランスのセンスが素晴らしい。一説によるとiPhoneのカメラはiPhoneでみたときに最も美しくなるように最適化されているというけれど、手軽にスナップショットを撮るようにこの高機能なカメラを持ち運べるのはすごい。

値段的には日本で購入するのと比べると、ちょうど消費税分だけ安い感じで8%程度は安く買うことができる。これは為替レートによって瞬間的に変わることもあるけれど、思っているほどの違いはない。また、iPhone 7に関してはNFC機能が異なるため、香港で買ったiPhoneはモバイルSuicaなど日本のカードは利用できないみたいだ。このあたりは当面つづくだろうなという感じがする。

ということで、僕はiPhone SEを購入したのだが、最初64GBを買おうかなあとしていたのだが、店員さんと話しをしているときに「どうせ廉価版のiPhone買うならもっとも安い方がいいんじゃない?」ってことで16GBをおすすめされて買ったのだが、これはちょっと後悔している。

やはり写真を撮ったり動画を撮っているとすぐにいっぱいになってしまうんだよな。LIVE機能をオフにしても容量のやりくりが面倒くさくて、やはり廉価版であっても64GBはあった方がよかったな。香港でiPhoneを買う際には注意しておいてほしい。ちなみに、香港で購入しても日本の技適マークはついているし、docomo回線のSIM(格安含む)での利用はまったく問題がない。

Apple Causeway Bay
住所:銅鑼灣軒尼詩道 500 號
時間:10:00-22:00(金土23:00)
休み:無休

Related Post

プノンペン国際空港でSIMカードを購入、データ通信について... カンボジアの通信事情はここ数年でだいぶ向上してきていて、以前は外国人がSIMカードを買うこともできなかったのだが、いまでは空港で容易に手に入れることができる。便利な時代になったなあ。 シェムリアップでのSIM購入はこちら:カンボジアのSIM事情について(空港での購入) プノンペンは首都な...
旅における活字問題の革命的存在 人類が旅を続けることにおいて、活字を渇望するのに、本はやたらと荷物になるから、あまり持ちたくない・・でも読みたいという葛藤は長年の問題であった。 かつて、アメリカ大陸を旅するカウボーイは読み物がなさ過ぎて手持ちのクスリの効能書きまで読んでいたというし、僕だって読むものなさすぎて Lonely ...
スワンナプーム空港でツーリストSIMを購入する... ユナイテッド便でバンコクに到着して入国後に最初にやるのはプリペイドSIMを購入すること。SIM自体はコンビニや、バンコク市内のMBKといったショッピングモールでも販売されているが、設定など確実に利用できるようにするには空港で買っておいた方が確実だと思う。 タイの通信会社はメジャーどころでは、A...
添好運に寄らずして香港を後にするのは不幸だと思う。... 今回の旅もいよいよラスト。ミニホテルセントラルに荷物を受け取りに行き、そして香港駅からエアポートエクスプレスに乗りこむことにする。 しかし、ここで忘れていけないのは添好運に立ち寄る時間をとっておくこと。待ち時間含めて1時間くらいとっておけば充分に楽しむことができる。空港に行って高い食事をとるく...
銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください