友人に「南北樓でエビチリを食べたことがないなんて、エビチリを語る資格ないですよ」っていわれた。エビチリについて語り明かしたことも、なにか語ったこともないけれど、エビチリは好きなのです。そして、そこまでいうなら食べて来ようじゃないかと、今回の香港旅での目的のひとつはこのお店。

結論としては「何度も香港へ来ているのに、なんでもっとはやく来なかったのだろう」ということだ。エビチリについてアツく語ることはこれからもないとは思うが、ここで食べるエビチリは究極のものだと思う。

The Red Pepper 南北樓へのアクセス

地下鉄の銅鑼灣駅(Causeway Bay)を降りてアップルストアの前を通りすぎてすぐのところ。繁華街のまん中にある路面店なので行きやすいし分かりやすい。

ガイドブックにも載っている有名店みたいで、この旅で唯一、僕以外の日本人旅行者と同じレストランにいた気がする。ちょっと値段が高いこともあり、ツーリスト向けな感じがあるかもしれないが、高級店なんだと思う。

The Red Pepper 南北樓について

赤を基調とした店内は高級感がある中華料理店という感じ。日本人とわかると日本語メニューをもってきてくれて「ビール飲む?」なんて片言の日本語で聞いてくれる。ひとりで訪れたので色々頼むことはできなかったのが残念だが、エビチリとあと一品くらいは頼むことにする。

全体的に値段が高いなあって思っていたのだが、出てきたエビチリの海老の大きさに圧倒された。こんなにぷりぷりで大きい海老がゴロゴロと入っている料理、そりゃ高いはずだよな。

さらにすごいのは鉄板に乗ってきたエビチリをテーブルで料理の仕上げをしてくれるところ。おもむろにナフキンを渡されて「これで、ガードしな」といわれる。そうしたら、店員さんが熱々の鉄板にチリソースをかけるのだけど、この唐辛子の蒸気がかなり強烈でむせ返してしまうくらいだ。もちろん、店員さんは慣れているから大丈夫かと思ったら、結構むせていた。なんだか大変な仕事だな・・。

究極のエビチリ
海老が・・ぷりぷりだ!

隣のテーブルでこれが行われたときにも香りがすごいので、気をつけた方がいいと思う。揚げパンを一緒に頼んでおけといわれるのだが、たしかにそれは正解でチリソースにつけて食べるとすごく美味しい。しかし、この唐辛子の辛さは汗をかくくらいだ。美味しいのだけど、舌がひりひりするような刺激がある。

この海老の質と妥協なき旨みの追求は、まさに究極のエビチリだなあ。他にも美味しそうな料理は沢山あったけれど、これを食べに香港まで来てもいいくらいだ。本当にもっと早くに知ってきておけばよかったなと少し後悔した。リピートで来ても食べたい味だと思うし、海老好きであれば必ず来た方がいいお店。ただし、辛さには注意が必要。

 

The Red Pepper 南北樓
住所:香港銅鑼灣蘭芳道7號
時間:11:30-24:00
休み:旧正月

Related Post

六品小館で江蘇料理をふたたび堪能してきた。... 大安森林公園前のDandy Hotelをチェックアウトして永康街の方へと散歩しながら歩いて行く。あんなに、自分でもびっくりするくらいに朝食を食べたのになんだかお腹が空いてきたような気もする。 そして、夕方前には桃園空港に行かなければならないので、次のランチがこの旅で最後の台北で食べる食事になる...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...
元郎の大榮華酒樓で時期外れの月餅を買う... 香港の郊外は何回か来たことあるけれど、はじめて元郎のあたりにやってきた。香港島とはまた異なるヨーロッパっぽいトラムが走っていたりして、この街の散歩もおもしろそうだ。このあたりは吉慶囲もそうだし、客家の文化が残っていて客家料理を出すお店もあるみたいだ。ますます気になる。 ただ、今回の旅ではちょっ...
海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...
ひさびさの阿宗麵線、朝は空いていておすすめ... 西門に泊まっていたので、ひさびさに阿宗麵線を食べてきた。台北には何度も来ているけれど、手軽で美味しいっていうことであれば、阿宗麵線にかなうものはないな。 過去の訪問 「阿宗麺線」台北B級グルメの王者 阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい 阿宗麵線へのアクセス MRT西...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください