古くからの出版社が多くある神楽坂の街にちょっと変わった書店がある。

入口には「WEEKENDERS COFFEE All Right」というカフェがあり、その横には壁一面に雑誌が置かれているし、その奥にもちょっと面白いチョイスの本が並んでいる。

さらに、奥に進んでいくと雑貨があったりギャラリーもあったりする。小さいながらも複合書店という感じでなんだか楽しい。

かもめブックスへのアクセス

メトロの神楽坂駅から出てすぐのところ。矢来口の方に出てすぐ左側にある。お店の向かい側は新潮社の倉庫をリノベーションしたla kaguがあるので、あわせて行ってみるのもいいと思う。モジョコーヒーも近いし、このあたりは美味しいコーヒーを出すカフェが増えてきている。

かもめブックスについて

もともとあった書店が閉店してしまったところを本の校正・校閲を手がける会社の手によって2014年に復活したお店。小さいながらもギャラリーなどを併設した複合書店になっていて、そのセンスが面白くて居心地がいい。

いつもはオンラインで探している本だけど、書店にいると今度は不意の出会いがあったり、新しい発見があったりするのがまたわくわくする。見てまわっているのが楽しい書店。

そして見逃してはならないのが奥にある雑貨コーナー。かもめブックスのオリジナルグッズがあり、それがまたかわいいのです。バッグとかにつけようかと小さなバッジを買ってみたけれど、ちょっとゆるいタッチのイラストが味がある。そして、モレスキンのノートみたいなカードケースは、ドイツのLeuchtturm社(ロイヒトトゥルム)の製品。意外にしっかりしたつくりはショップカードをまとめたりするのにちょうどいい。

ここのショップカードはポイントシステムのスタンプカードを兼ねているのだけど、ものすごい紙質がよくてもっているだけで満足感ある。細かいところまでこだわりがある小さくてキラリと光る楽しい書店だと思う。

雑貨がかわいい、そしてスタンプカードの紙が上質
モレスキンのノートブックみたいなカードケース

かもめブックス
住所:東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1F
時間:10:00-22:00(日曜日11:00-20:00)
休み:不定休

Related Post

ArtYard 小藝埕 – センスのいい台湾雑貨のセレクトショップ... 乾物とお茶だけじゃない迪化街の楽しみ方。 台湾発の「印花楽 in Blooom」(布製品)と「台客藍(HAKKA BLUE)」(茶器)やその他書籍などを扱っているセレクトショップで、とくに印花楽の雑貨は超絶かわいい。ランチョンマットがおすすめ。誠品にも取り扱いがあるのだけど、こちらの方が品揃え...
神楽坂のル・コキヤージュではキッシュのランチがおすすめ... 神楽坂の裏通りに結構昔からあって、なんていうか大事なリストに残っているフランス料理のレストラン。フレンチとはいっても堅苦しいところはなくて、かといってカジュアル過ぎるわけでもなく、なんていうか「ちょうどいい感じ」がすごく好き。 Cafe Le Coquillage (カフェ ル コキヤージュ)...
誠品書店 信義店 世界最大級の書店として有名な「誠品書店 信義店」にはじめて行ってみた。 ちょっと前に台湾の旅行雑誌で僕の写真を使ってくれたこともあって、その雑誌がどんな感じで置かれているんだろうとか、どれだけ大きな書店なんだろうという調査。 場所は、MRT板南線 市政府駅から徒歩2分くらい。阪急百貨店の...
蘑菇 BoodayでMade in Taiwanなお買いもの 台湾メイドのブランドでは一番好きなもののひとつ。僕としては台湾のOKURAみたいな雰囲気を感じている。近頃は日本のブランドとのコラボレーションもやっているみたいで、それもちょっと気になっている。ひさびさに行ったけれど、かわいいものが多くて色々買いそうになってしまった。 過去の訪問 蘑...
figure21手工包房 – オーダーメイドに対応した革製品店... 台北関連のブログなどをみていたら、革製品などのオーダーメイドではこのお店がすごくいい!という記事をみて、どうにも人気店だということでチェックしに行ってみた。お店はビルの間の裏通りにあって、結構見つけづらいので注意が必要。 僕の結果としては「日本で作った方が質も値段も安くていいのができそうだ」と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください