香港で地下鉄に乗っているときに暇つぶしでinstagramを眺めていて発見したかき氷屋さん。どうやら、香港では日本風なかき氷が流行ってきているみたいで、いくつかのお店が出てきている。

そのなかでも銅鑼湾にある「SHARI SHARI Kakigori House 氷屋」というところが人気あるみたいで行ってみることにした。たしかに、日本風な佇まいのお店で接客も日本風な感じだったけれど、香港っぽい面白さもあったりしてちょっと涼むにはいいところだった。

Shari Shari Kakigori House 氷屋へのアクセス

地下鉄の銅鑼湾駅を降りて坂道を上がりきったところにある小さなお店。ちょっと裏通りにあるカフェっぽいつくりで見つけづらいかもしれないが、店先に置いてある「かき氷」の幟が目印。駅から歩いて10分くらいといったところかなあ。

Shari Shari Kakigori House 氷屋について

カフェっぽく、日本風なつくりのお店。入口の扉がすごく開けづらくてややこしい。これは僕だけではないみたいで、ほぼ毎回店員さんが手伝っていた。こういうゆるさは香港っぽくて好き。雰囲気はいいところで、席数は少ないけれど賑わっている。

かき氷のメニューは紙に書いてあるほか、壁にもあれこれ書かれていて選ぶのに迷ってしまう。抹茶とかもあったりして、日本と同じようなラインナップ。ただ、抹茶は日本で食べるよりも高い感じで高級な部類に入りそう。

壁にもあれこれメニューが書いてある。とうふとか気になる・・。
マンゴーラッシーかき氷

ちょっと悩んだけれど、僕が頼んでみたのはマンゴーラッシーというかき氷。楕円形にきれいに積み上げたかき氷にラッシーというかヨーグルト風味のソースをかけて、さらにマンゴーソースを上からかぶせている。頂上には冷凍マンゴーをいくつかトッピングしてあり、すごいフォトジェニックなかき氷だ。大きさは高さは500mlのペットボトルくらいの大きさでそれほどボリュームがあるというよりは小ぶりなイメージ。一人ひとつくらい食べられてしまいそう。

そして、きれいに積み上げられたかき氷はさっさと食べすすまないと崩壊の危機に瀕する。外は暑いものなあ。海外ま来て日本風なかき氷なんてと思うかもしれないけれど、見た目にもかわいいし、お店の雰囲気もいいので、銅鑼湾散策の途中で一休みするにはいいところだと思う。

 

SHARI SHARI Kakigori House 氷屋
住所:香港 銅鑼湾希雲街14號地舖
時間:13:00-23:45
休み:ほぼ無休

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です