落ち着いた下町の繁華街という雰囲気がある神楽坂の街が好きで、裏通りなんかを散歩していると色んな発見がありフォトジェニックな街だなって思う。

そんななか、クラフトビールのお店を発見したので行ってみることにした。25種類のタップがある光景は圧巻。雰囲気もよくていい店だなあ。

CRAFT BEER SERVER LAND (クラフトビア サーバーランド)へのアクセス

飯田橋駅から歩いて行くのが近い。駅を出て神楽坂をあがっていき、進行方向左側をすすんでいく。坂の途中に牛丼の松屋があり、そのビルの地下にある。

入口が分かりづらいので見落とさないように注意が必要。平日の夜に訪れたけれど、混雑はしているが満席ということではなかった。カウンター席もあるので一人での入店も悪くない。

CRAFT BEER SERVER LAND (クラフトビア サーバーランド)について

25種類あるタップは日本のクラフトビールで占められていて、タップの上にある黒板にあけたばかりのビールの種類が書いてある。それ以外のものは紙のメニューにちょっとした説明書きとともに書かれているのだが、どれも気になってしまう。

25種類のタップを楽しめる

なかには所沢のブリュワリーに作ってもらったオリジナルビールまであったりする。このブラウンエールは飲みやすくて美味しかった。そして、1パイントでも1,000円しないくらいなので他のお店と比べてもちょっとお得感があっていいところ。

お通しが存在していて、ポテトサラダが出てくるのだが、これは万人受けする美味しさなのでビールによくあうおつまみとなっている。ビールを楽しむだけならこのお通しだけでも充分なのだけど、見逃せないのは穴子のフィッシュ&チップスという料理。

白身魚を穴子にするという斬新な解釈の料理はハーフでも充分過ぎるくらいのボリュームがあり、本場のフィッシュ&チップスさながらにモルトヴィネガーがついてくるのもいい。こんなに大きな穴子をホクホクに揚げていて、これもお得感がある料理だよなあ。すごい幸せ。

オリジナルのパイントグラスもかわいい
穴子のフィッシュ&チップスは絶対頼んだ方がいい

店員さんもすごく感じがよくて、来ているお客さんもまた下町っぽいあたたかさがあって雰囲気が好き。ビールを何杯か飲んで、夜の始まりを楽しむのもいいし、23:30までやっているので、どこかで食事したあとに濃いめのビールで1日を締めくくるというのもいい。

色んな使い方ができる神楽坂の好きな店だ。

CRAFT BEER SERVER LAND (クラフトビア サーバーランド)
住所:東京都新宿区神楽坂 2-9 大川ビル B1F
時間:17:00-23:30(月-金),12:00-22:30(土日祝)
休み:不定休(ほぼ無休)

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です