地下鉄の延伸で再開発がすすんでいる西營盤エリア。下町っぽい雰囲気がありつつ、感度の高い人たちが集まってきていて新しいお店もオープンしてきている。そのなかでも、2016年1月にオープンしたWinstons Coffeeはニュージーランド人がやっているカフェで朝7:00から夜23:00までやっているという便利なところ。

おしゃれな店内で楽しむフラットホワイトのコーヒーは本格的で美味しかった。すっかり香港も美味しいコーヒーが楽しめる街になったんだなって思う。

Winstons Coffee(西營盤)へのアクセス

2015年に延伸した地下鉄の西營盤駅A1出口を出てすぐ右手に行ったところにある。駅の出入口からは近いのだけど、このA1の出入口は駅の改札からだいぶ離れていて、メトロの六本木駅からミッドタウンに行くような距離の地下道を通って行く。しかし、坂道が多い西營盤エリアではこの地下道が便利。これがなかったら、行きは坂道を下っていき、帰りは坂道をずいぶん上がっていかなくてはならなかった。

Winstons Coffee(西營盤)について

ニュージーランド人がやっているカフェで、営業時間が長いのが特徴的。とくに朝からやっているのはいいよなあ。お店に入ってフラットホワイトを頼んだのだけど「どこから来たの?へぇぇ日本!どうやってここ知ったの?」とかあれこれ話す。instagramで知ったような気がする。その話しのなかだったか豆の袋をみかけたのか忘れてしまったが、ここのコーヒー豆はニュージーランドではメジャーなオールプレスの豆を使っていた。東京だと清澄白河にフラッグシップのお店があってここのフラットホワイトも美味しい。

お店の雰囲気はアメリカのダイナーみたいな感じで外装も格好いいし、店内のタイル敷きもまた洗練されている。奥行きが深くてお酒も出していることからバーとして利用している人たちも多いみたいだ。そう、バーとしても楽しそうだよなあ。

フラットホワイトはエメラルドグリーンの色合いが美しいカップに入って出てくる。この色合いが神楽坂にあるモジョコーヒーみたいでまたニュージーランド感があって素敵だ。一緒に添えられているピスタチオ入りのビスコッティーも甘さが控えめでコーヒーによくあっている。

朝はカフェとして、昼探しにはひとやすみの場所として、夜はバーでもいいし、ゆっくりとしたコーヒータイムを過ごすのもよい。色んな利用シーンがあるいいところだと思う。お店の雰囲気もまた好きだな。

Winstons Coffee
住所:西環西營盤皇后大道西213號
時間:7:00-23:00

Related Post

でぶ猫に会いに神農街へ。「肥猫故事館」でコーヒー飲みながら猫を親睦を深めようとする。... 友人が訪れていて自慢してきたカフェなのだが、猫カフェという感じではなく、猫がいるお店に遊びに行くという感覚がある。なので、猫の関心をひくようなグッズも別売りであるわけではなく、気さくな店員として猫がいる感じのカフェ。台湾らしいのんびりした感じのところでカフェとしてもおもしろかった。 肥猫故事館 F...
バイロンベイ発のオーガニックコーヒー、市ヶ谷のBunCoffeeは狭いカフェだが貴重な存在... 世界中の旅人だけじゃなく、オーストラリアの変わり者が集まるバイロンベイ。そこで立ち上がったロースタリーが市ヶ谷にもできていたので立ち寄ってみた。バンコーヒーは2005年にバイロンベイでつくられた焙煎所でオーガニックな豆を厳選して焙煎しているとのこと。ちょっと気になる。 バンコーヒー バイロンベ...
農cafe山崎のオーガニックなランチ お店のマークがかわいい 薩摩川内から鹿児島空港の方へ向かうときにどこかランチするところないかなってローカルの雑誌を見ていて発見したカフェ。 地元のローカル誌って旅のガイドブックより全然面白いし、情報も充実しているので国や場所を関係なくチェックしている。 ここは2014年6月にオー...
ブルーパンプキン(シェムリアップ)居心地よいソファ席がおすすめのカフェ... シェムリアップにかなり前からあるカフェで、白を基調とした店内は清潔感がある。オールドマーケット近くにある店が利便性も高くおすすめ。 1階はベーカリー&アイスクリームのお店になっていて、テイクアウトも可能。カフェは2階部分になっていて、壁際に設置された大きなソファ席が特徴。そして、このソファ席が...
CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください