友人に教えてもらった中環にあるクラフトビールのお店。Tipping Point(ティッピング・ポイント)という店名がいいよな。マルコム・グラッドウェルの著書を思い出す。ここも、口コミで人気になりつつあるバーのひとつで、ロケーションのよさと営業時間の長さから行きやすいところだと思う。

Tipping Point Brewing Companyへのアクセス

中環にある蘭桂坊とSOHOの間くらいのエリアにある。蘭桂坊の拠点からだと5分くらいSOHOに向かって歩いたところ。旺角のT. A. P. – The Ale Projectもそうだけど、香港のクラフトビールのお店は昼からやっているので、気軽に入ることができてしまってうれしい反面、昼から飲んでしまって観光に影響がでてしまいそう。

Tipping Point Brewing Companyについて

路面店なので入りやすいお店の雰囲気がある。入口はいってすぐにカウンターがあり、モニターではフットボールの試合を流していることが多く、イギリスのパブみたいなところだなっていう印象。

お店の奥にはビールの醸造タンクがあって、マイクロブリュワリーとしても活動しているのだが、タップは品切れが多くて友人から進められていたラガーとかが飲めなかったのは残念。

食事はさんざん済ませてきてしまったのでパスしたのだが、お店の貼り紙には和牛ハンバーガーとかなんだか色々なものがありそうだったので、食事についても美味しそう。

ビールは自社で醸造しているもの以外にもありそうだったが、今回はTipping Point Brewingで作っているものを中心に楽しむことにする。IPAとか、エールビールについてはかなりくっきりしたエールの強みがあって一気飲みするよりも香りを含めてちょっとずつ楽しみたいビールである。

店内は欧米の人のほかに地元の若者も結構集まっていて賑わっている。ここはすごい気に入ったので、土曜日の深夜に加えて日曜日もお昼過ぎに来てしまったくらいだ。今回泊まっているみにホテルセントラルからも近いし、ロケーションのよさから通いたくなるビアバーだなって思う。

Tipping Point Brewing Company
住所:中環雲咸街79號
時間:11:30-27:00(月-土)、13:00-25:00(日)
休み:ほぼなし

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です