美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことができる。

サービスチャージに10%とるには随分とカジュアルなところだよなと思わなくもないが、ゆっくりと過ごすにはいいところだ。

The Coffee Academics Flagshipへのアクセス

Flagshipのお店があるのは、エリアとしては香港島の銅鑼湾(Causeway Bay)となるが、地下鉄の駅からは離れているのでトラムに乗って陸橋がみえたらその辺りで降りてお店に向かうのがもっとも効率的だと思う。

今回の旅でも香港島の移動はトラムがかなり役だった。The Coffee Academicsは旗艦店以外にも湾仔や九龍半島などにも展開していて、東京にもスポットでたまにショップを出すことがあるみたいだ。

The Coffee Academics Flagshipについて

Flagshipの店舗は結構広いのだけど、日曜日のお昼時にはかなり混雑していた。天井が高く開放的な店内はちょっとブルックリンとかにあるお店っぽい内装。アンティークっぽいテーブルなども雰囲気がある。

ランタイム時だけど、ここにはちゃんとしたバリスタがいるのでコーヒーだけを楽しむ人も結構多い。僕はラテに胡椒でアクセントをつけたものを頼んでみることにする。

当然のことながら、一杯ずつ丁寧にいれていて、見た目にもきれいなラテは安定した美味しさだな。コーヒーのぴりっとした味がラテのまろやかさと意外にマッチしていて面白い。この感じは家で試してみるのもいいかもしれない。

店内の雰囲気やドリンク、料理の見た目の美しさを含めてとてもSNS映えする場所だよなとは思うけれど、それを抜いてもコーヒーがちゃんと美味しいのはいいカフェだと思う。

The Coffee Academics Flagship
住所:銅鑼灣耀華街38號
時間:(月-木)9:00-23:00,(金土)9:00-26:00,(日)10:00-21:00

Related Post

【閉店】Cafe Junkies(小破爛咖啡館)でひとやすみ... 台北にカフェは数あれど、ここより居心地のいいところはなかなか見つからない。朝から夜までやっているのも便利なところ。今回の旅で、ひさびさに訪問したけれど、やはりいいところだよなって改めて感じた。 過去の訪問 クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に! C...
のんびりと過ごしたりノマドワーカーまで誰でも居心地よく過ごせる「Room A」... 台南で静かに過ごせる場所といえば「Room A」になるかなって思う。大勢でわいわいとやるよりも、ひとりふたりで静かに本を読んだりPCに向かったりする時間を作りたいということであればうってつけの場所だ。図書館という感じもあるブックカフェでセンスのいい雰囲気もまた抜群。立地もわりといいので穴場な場所だと...
久しぶりに「寮國咖啡」でラオス産のコーヒーを味わってきた... 近くまで通りかかっていたけれど、なかなか再訪問していなかった寮國咖啡にふたたびやってきた。大通りから入ってすぐ手前にある黃氏蝦仁肉圓とか、そのちょっと先にある甘單珈琲館までは来ていたのだけど。なかなかこの路地まで入ってなかったなあと来てみることにした。 お店の外観。コーヒースタンドです。 ...
鏞記酒家(ヨンキー)ではガチョウのローストとご飯を食べるべし。... 古くからある老舗の広東料理レストランだけど、遺産相続でもめていつ閉店するかなんて噂もあって気になっていたところ。でも、全然閉店しそうになくて普通に営業していたし、2018年現在も通常営業中ではある。 場所は香港島のセントラル地区で蘭桂坊からも近く、陸羽茶室とは一本通りが違うくらいの距離。今回泊...
よくも悪くも昭和感満載な「珈琲専門店エース」(神田)の珈琲と海苔トースト... Instagramを眺めていたら偶然見つけたお店。レトロな雰囲気の外観や、どんなものだか想像もつかない「海苔トースト」とか、神田の街の雰囲気によく似合った面白そうなところだ。神田駅からも近いのでちょっと食後の珈琲がてらに行ってみることにした。 結論としては、煙草の煙がひどすぎて雰囲気はいいけれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください