美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことができる。

サービスチャージに10%とるには随分とカジュアルなところだよなと思わなくもないが、ゆっくりと過ごすにはいいところだ。

The Coffee Academics Flagshipへのアクセス

Flagshipのお店があるのは、エリアとしては香港島の銅鑼湾(Causeway Bay)となるが、地下鉄の駅からは離れているのでトラムに乗って陸橋がみえたらその辺りで降りてお店に向かうのがもっとも効率的だと思う。

今回の旅でも香港島の移動はトラムがかなり役だった。The Coffee Academicsは旗艦店以外にも湾仔や九龍半島などにも展開していて、東京にもスポットでたまにショップを出すことがあるみたいだ。

The Coffee Academics Flagshipについて

Flagshipの店舗は結構広いのだけど、日曜日のお昼時にはかなり混雑していた。天井が高く開放的な店内はちょっとブルックリンとかにあるお店っぽい内装。アンティークっぽいテーブルなども雰囲気がある。

ランタイム時だけど、ここにはちゃんとしたバリスタがいるのでコーヒーだけを楽しむ人も結構多い。僕はラテに胡椒でアクセントをつけたものを頼んでみることにする。

当然のことながら、一杯ずつ丁寧にいれていて、見た目にもきれいなラテは安定した美味しさだな。コーヒーのぴりっとした味がラテのまろやかさと意外にマッチしていて面白い。この感じは家で試してみるのもいいかもしれない。

店内の雰囲気やドリンク、料理の見た目の美しさを含めてとてもSNS映えする場所だよなとは思うけれど、それを抜いてもコーヒーがちゃんと美味しいのはいいカフェだと思う。

The Coffee Academics Flagship
住所:銅鑼灣耀華街38號
時間:(月-木)9:00-23:00,(金土)9:00-26:00,(日)10:00-21:00

Related Post

銀座の資生堂パーラーへ「真夏のパフェフェア」を味わいにいってきた... 信じられないような暑さの休日、銀座へ行ってきた。お目当ては資生堂パーラー三階のカフェでやっているフルーツパフェのフェア。ひさびさに訪れたけれど、涼しげな接客やシックな内装で銀座とは思えないくらいゆったりとした店内など、真夏の騒がしさを忘れる優雅な時間を過ごした。 資生堂パーラーは190...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
ゆーゆー(尾道) – 古い銭湯をリノベーションしたカフェ... 尾道の商店街のなかにあって、見た目は完全に銭湯なんだけど、なかはカフェというユニークなお店。 約100年続いた銭湯「大和湯」を改造したとのこと。なので、ついついカフェ「大和湯」と思ってしまいそうだが、「ゆーゆー」というかなり一般的な店名なのがやや残念。 男女で出入り口の区別とかは...
Café Elliott Avenueで本物のラテを味わう 2014年で一番美味しいラテを楽しめたって自信をもっていえるカフェを横浜にみつけた。 場所は山下公園の近くで、Café Elliott Avenueというカフェ。季節がよければ表のテーブルでのんびりするのもいいんじゃないだろうか。 場所柄なのか、カップルから家族連れ、あとは近所に住んでそ...
雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)は台湾産の紅茶にこだわる専門スタンド... すごい分かりづらいところにあるのだが、台湾産の紅茶にこだわったお店があるというので行ってみた。路地裏にあるお店はイートインスペースみたいな小さな場所しかないお店。 メニューは紅茶のみというシンプルすぎるラインナップなのだが、一杯ずつ丁寧にいれられた紅茶を楽しむことができる。いわばサードウェーブ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください