佐敦エリアにある老舗の名店。中華粥といえばというくらい、どのガイドブックにも載っていようだ。旅行者でも賑わっているし、地元の人も結構来ている。友人からすすめられて来てみたが、たしかにここのお粥は美味しかった。というか、びっくりした。

彌敦粥麵家へのアクセス

地下鉄の最寄り駅でいうと佐敦駅(Jordan)となるが、油麻地からのんびりと歩いてきてもいいくらいの距離ではある。九龍側のメインストリートであるネイザンロードから西貢街という小径を入って100mくらいの場所。

このあたりは似たような雰囲気の道が多いので「西貢」という通りの看板を見落とさないようにしたい。狭いけれど、古くからある老舗の店構えが雰囲気ある。

たまに、バスが乗り付けて大量に人が並んでいたりすることもあるので、その場合には出直してくるとかした方がいいと思う。

彌敦粥麵家について

1960年代くらいからある老舗の中華粥のお店。日本のお粥とは少し異なり、豚骨などの中華だしとごま油を使ってじっくりと作られており、似たような見た目だけど味わい深いものがある。スープと食事の中間みたいな食事。

彌敦粥麺家では、かなりの種類のお粥があって違いは入っている具材なのかな、そんな感じ。観光客も多くやってくるところなので日本語メニューも用意されている。

看板メニューは美味鮑片粥(アワビ入り粥)という一番上に書かれているもので、お粥だけど2,000円くらいする豪華な食事。どんなものが出てくるのかと思ったら、真っ白なお粥が出てきて、見た目にはすごい地味だなと思ってしまった。

美味鮑片粥

胡椒とかで少し味をつけることもできるけれど、生姜がきいたお粥は身体があたたまる感じで優しい風味がある。そして、お粥をすくっていくとなかから大きな鮑が出てきて、これが旨みの固まりみたいにコリコリとした食感も美味しい。贅沢な一杯だけど、それだけの価値があるなと思える。

油条をつけて食べるのもいいし、そのまま食べるのもまた美味しい。スープのようにトロッとしたお粥と鮑の組み合わせを楽しんでみてもらいたい。

彌敦粥麵家(Nathan Congee & Noodles)
住所:香港佐敦西貢街11號
時間:7:30-23:30
休み:なし

Related Post

ラマ島に来たら絶対おすすめの建興亜婆豆腐花スイーツ... これ食べにラマ島来たいくらい気に入ったスイーツ。榕樹湾からほぼ道なりに歩いてきて20分くらい。ちょっとだけ脇道に入るのだけど、かなり細い路地みたいなところ。お店の向かい側の壁に豆腐花の絵がでっかく描かれている。 ラマ島ってなんだよ、どこだよ!って話はよく分かるけれど、それはまた後日。 こ...
地元感あふれる福榮意麵(台南) 正興街にあって、今回泊まった正興珈琲館のすぐ横にあるに西門市場のなかにある屋台的なお店。 ものすごい地元感があって、なんでこんな楽しそうなところがあったのに前回来なかったんだろう・・と思ってしまった。 お店は入り口から少し奥に入っていったところにあり、小さな看板に店名が書いてある。 ...
Quinary(クイナリー)で新感覚のミクソロジー・カクテルを楽しむ土曜日の夜。... なかなか終わらない土曜日の夜で旅の初日。毎回そうなのだけど、土日で行く香港旅行は初日が充実している。土曜日の夜がこんなにも楽しいとはって思える旅だ。 ホテルに戻る前に立ち寄ったのはSOHOエリア近くにあるQuinary(クイナリー)というカクテル・バー。土曜日の夜ともなれば人であふれかえってい...
ル・パルク(恵比寿)でおしゃれ中華ランチ... 恵比寿で手頃な金額でランチに予約できる、そして大人数にも対応できるとなると、ル・パルクがおすすめ。 中華料理というよりビストロみたいなアンティーク調の店内の雰囲気もふくめて女性受けもいいし、料理もちゃんと美味しいので満足度が高い。 と思ったら、コルドンブルー経営のレストランだったのか。そ...
新橋で小吃といえば「台湾家庭料理 香味」が美味しい... 台湾料理の看板をかかげておきながら、普通の中華料理店というお店はかなりあるけれど、ここは正真正銘な感じがある台湾料理のお店。それも、B級グルメ感がある小吃が沢山そろっている便利なところ。 小吃といえば、台湾ではあちこちのお店でちょっとずつ食べるものだけど、ここには色んなものがそろっているので、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください