佐敦エリアにある老舗の名店。中華粥といえばというくらい、どのガイドブックにも載っていようだ。旅行者でも賑わっているし、地元の人も結構来ている。友人からすすめられて来てみたが、たしかにここのお粥は美味しかった。というか、びっくりした。

彌敦粥麵家へのアクセス

地下鉄の最寄り駅でいうと佐敦駅(Jordan)となるが、油麻地からのんびりと歩いてきてもいいくらいの距離ではある。九龍側のメインストリートであるネイザンロードから西貢街という小径を入って100mくらいの場所。

このあたりは似たような雰囲気の道が多いので「西貢」という通りの看板を見落とさないようにしたい。狭いけれど、古くからある老舗の店構えが雰囲気ある。

たまに、バスが乗り付けて大量に人が並んでいたりすることもあるので、その場合には出直してくるとかした方がいいと思う。

彌敦粥麵家について

1960年代くらいからある老舗の中華粥のお店。日本のお粥とは少し異なり、豚骨などの中華だしとごま油を使ってじっくりと作られており、似たような見た目だけど味わい深いものがある。スープと食事の中間みたいな食事。

彌敦粥麺家では、かなりの種類のお粥があって違いは入っている具材なのかな、そんな感じ。観光客も多くやってくるところなので日本語メニューも用意されている。

看板メニューは美味鮑片粥(アワビ入り粥)という一番上に書かれているもので、お粥だけど2,000円くらいする豪華な食事。どんなものが出てくるのかと思ったら、真っ白なお粥が出てきて、見た目にはすごい地味だなと思ってしまった。

美味鮑片粥

胡椒とかで少し味をつけることもできるけれど、生姜がきいたお粥は身体があたたまる感じで優しい風味がある。そして、お粥をすくっていくとなかから大きな鮑が出てきて、これが旨みの固まりみたいにコリコリとした食感も美味しい。贅沢な一杯だけど、それだけの価値があるなと思える。

油条をつけて食べるのもいいし、そのまま食べるのもまた美味しい。スープのようにトロッとしたお粥と鮑の組み合わせを楽しんでみてもらいたい。

彌敦粥麵家(Nathan Congee & Noodles)
住所:香港佐敦西貢街11號
時間:7:30-23:30
休み:なし

Related Post

濟南鮮湯包はもはやおすすめではない... 時代は移り変わるものだけど、こんなにもはやく変わることがあるなんてと思ってしまった。 以前に濟南鮮湯包に行って感動した体験はもはや得ることができない。 むしろ行っても、やたら並んで待ったあげくにさほど美味しくない料理を食べることになる。 そしてこれはもう僕の巡り合わせと偏見なんだけ...
香港B級グルメの王道、茶餐廳での朝食... ガイドブックなどには出てこないけれど、一部マニアックな人気がある香港の茶餐廳。ファミレスと喫茶店と定食を出す食堂があわさったような雑多な事業形態で朝から晩までずうっとやっている。 でも、店内に入ると観光客とかはまずいない。料金はかなり安くてお得なのだけど、なんだか不思議な料理のラインナップだか...
沾仔記(中環)のワンタン麺は安心の美味しさ... 和味生滾粥店でのなんとなく腑に落ちない朝食を食べてしまい、なんとなく釈然としない気持ちのまま地下鉄で中環へ向かう。とくになにがあるわけじゃないけれど、近くに気になったお店があったので気を取り直して二度目の朝食をとってみた。 中環の駅からは近くて蓮香樓もすぐ近くの場所にある沾仔記(Tsim Ch...
東京にいるのに完全に台湾の味。「台湾麵線」で麺線&魯肉飯を堪能する。... ここはすごい。ここの麵線食べたとき、西門にある阿宗麺線の風景が目の前に広がっていた。一瞬で台北の下町に行ってしまえる味だ。 新橋駅から少し歩くこの界隈はビジネス街で休日には人も少なくなる。台湾麵線のある場所は地下鉄の御成門からの方が近いくらい。すぐ近くに全然違う台湾麵線のお店があって驚くが、本...
Mak’s Noodle は海老ワンタン麺だけじゃない美味しさがある... 中環の鏞記酒家(ヨンキー)から100mくらいのところにある。もうちょっと食べられるかなとシメに麺料理を食べることにする。 ここもミシュランガイドに載るような有名店で、香港にはいくつか店舗があるのだが中環にあるお店がもっとも有名で人気が高い。だいたいはエビワンタン麺を食べるのが定番なのだが、もう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください