牛乳プリンってどんなものなのか、「それって美味しいの?」と懐疑的な思いがあったのは事実である。しかし、ものは試しと行ってみたら、思いのほか美味しくて、そしてお店のロゴマークがかわいくて結構気に入ってしまった。

マカオに本店をもつミルクプリンのお店で、旅行ガイドなどで紹介されている旺角の店舗はすでに閉店しているが、佐敦のお店が広くて行きやすいと思う。

義順牛奶公司へのアクセス

地下鉄の佐敦駅からすぐ近くのところにある。朝から深夜まで営業しているけれど、混雑するのはお昼過ぎと夜になってから。香港の人たちは食事のシメにスイーツを食べるみたいで、そのタイミングで混雑する。近くには鮑のお粥で有名な彌敦粥麵家があるので、そちらとセットで行ってみるのもいいと思う。僕はそうした。

義順牛奶公司について

赤い牛のマークがレトロでかわいい。これがお店の目印になっている。お店のロゴをつかったマグなども売っているみたいで、香港っぽいお土産にもよさそうだ。

ミルクプリンが看板メニューだけど、それ以外にも料理があったりして食事をすることもできる。カフェと食堂とスイーツショップの複合店みたいだ。接客はかなりローカルな雰囲気満点で冷たく感じるものの、別に排他的なわけではない。

馳名雙皮燉奶

ミルクプリンは「馳名雙皮燉奶」という名前で、僕は分からなかったので隣の席の子が食べているものと同じやつで!とお願いしてしまった。どうやら僕は最初、日本人だと思われなかったみたいだ・・。

ここのプリンは玉子を使っていないので、お椀に入ったプリンは真っ白で牛乳みたいな感じ。薄皮が張っているのが有名で、この皮が濃厚で美味しい。どうやって固めているのかちょっと分からないのだが、トロッとした食感が独特で美味しい。もともとは牛乳店だったみたいで、さすがのクオリティ。

お店はカフェみたいな感じだけど、素朴な味はちょっとハマってしまう美味しさ。香港らしいお店の雰囲気も含めてちょっとひとやすみがてら行ってみるのもいいかもしれない。

義順牛奶公司(Yee Shun Dairy Company)
住所:佐敦庇利金街63號
時間:8:00-24:00
休み:旧正月

Related Post

ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)銀座店で食べるパフェ... 銀座に来て、甘いものでも食べてひと休みというときにはジョエル・デュランに行くことが多いのだけど、今回は隣にあるピエール・マルコリーニに行ってみた。たぶん、世間的にはこちらの方が有名。 あらかじめいっておくけれど、僕は権威とか人がいいっていうものに対して「あえて」ケチつけることによって、「自分は...
シラハマアパートメント – 南房総のまったりカフェ... 千葉を旅することと南房総を旅することはわけて考えた方がいい。それは東京観光に奥多摩を含めないのと同じことだ。 南房総とは、それくらいに十分遠い場所であり特別な場所だと思う。気候は温暖だし(本当に2月でも晴れていると春のように暖かい)、海は青いし、砂浜は白い。そして食事もうまい。エッジの効いたセ...
広尾のMAX BRENNER CHOCOLATE BARに甘くないランチが登場していた... ひさびさの広尾のマックスブレナー行ってみたら、甘くないランチが登場していた。しかし、甘いものあってのマックスブレナー。両方楽しんでみた。 アクセス 広尾駅から20秒くらい。明治屋が入っているのと同じ建物にあり、広尾まで来ればアクセスは簡単。とはいえ、広尾という街自体がちょっとマイナーとい...
三軒茶屋で台南の味「蜷尾家(二ナオ)」でのソフトクリーム... 台南で人気の蜷尾家が東京に進出するというニュースを聞いてびっくりした。たしかに台湾でも人気のお店だけど、あの台南の街角でやっている小さなお店のソフトクリームが日本でも、しかも東京で食べられるとは。なんという幸運なのだろうか。 台南のお店はこんな感じ 蜷尾家甘味處のソフトクリームふたたび 蜷...
微熱山丘(SunnyHills)で自分用にパイナップルケーキを買う... お店のスタッフは日本語できる人もいます。フレンドリー。 前から気になっていたのだけど、台北でもちょっと外れた場所にあって行くのが面倒だなあとか思っていたところ。しかし、Googleのナビで検索したらバスで意外と簡単に行けそうだったので行ってみた。 中山のあたりから松山空港を経由していく...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください