義順牛奶からさらに佐敦のスイーツ店巡りを続けてみることにする。もともと九龍の下町エリアである深水埗からはじまったスイーツの名店である松記糖水店(Chung Kee Desser) に行ってみることにした。

松記糖水店(Chung Kee Desser) 佐敦分店へのアクセス

地下鉄の佐敦駅(Jordan)からすぐのところ。さらにいうとミルクプリンの名店である、義順牛奶からも歩いて2分くらい。このあたりはスイーツのお店が多くてかなりの別バラを用意しておく必要があるエリアだな。。

松記糖水店(Chung Kee Desser) 佐敦分店について

お店の看板のフォントとか、妙にかわいい店内とかが、なんとなく1980年代のような古くて新しいっていう感じにみえる。とはいえデザインとしてはなんだか微妙だと思ってしまうのだが、こういう色んなものが混ざり合っているのが香港らしいともいえる。

香港でスイーツというえば、「糖朝」や「許留山」といったおしゃれなスイーツ店が多くあってそういうところが旅行者にも人気になっている。ここは、そういうのとは無縁の世界観で動いている感じがあり面白い。

メニューは信じられないくらい沢山あって、このなんでもありのスタンスは香港庶民の味方である「茶餐廳」のスタイルに似ていると思ってしまう。とにかく、ちょっとなにを選んでいいのか分からなかったのでお店の人に言われるがままに頼んでみることにした。

なお、お店の人は英語も危うかったのでがんばってオーダーしてみて欲しい。ほとんどメニューに写真がついているのがせめてもの救いだとは思う。

なんだろう、この全部入り感。。

出てきたかき氷はかなりでかい。そして、なんだか微妙な色合いなのだが、まずくはない。むしろちょっと美味しいと思う。ただ、ひとりで食べるにはちょっと多かったなあ。何人かできて分けていいくらいだ。そして、このなんでもありのメニューを頼むよりも、たとえばマンゴーとかそういうものに狙いうちしてオーダーした方が美味しい物に巡り会いそうな気がする。こういうところも、また茶餐廳っぽいなと思う。

有名店に行ってスイーツを楽しむのもいいけれど、たまにはこういうところに来て見るのもまた旅の体験として面白いと思う。

松記糖水店(Chung Kee Desser) 佐敦分店
住所:佐敦白加士街23號地下
時間:12:00-25:30
休み:ほぼなし

Related Post

お菓子工房ヴィシー(Vichy)と南魚沼の美女旅... もともと今回の旅行は小布施で朱雀を食べて、そのあと南魚沼まで強引に抜けて美女旅をみよう!ということだったのだが、さすがに日帰りはないだろう・・と越後妻有のベルナティオに泊まるという旅になった次第。 で、その美女旅というものなのだが、これが「本当にこんなきれいな人が南魚沼にはたくさんいるのか!と...
やまねこカフェ – ラテアートがかわいい尾道の有名カフェ... 尾道でカフェを検索すると、人気店として上位にでてくるし、空猫カフェに来ていたお客さんもオススメしていたので、ランチあとに広島へ行く列車の時間つぶしにデザートを食べに来た。 場所は尾道駅からは15分くらい歩くくらいの距離でちょっと離れている。2013年10月現在ではカフェがあるビルの外装工事中で...
蜷尾家甘味処(台南)のソフトクリーム... 台南で泊まっていた宿の斜め前にあって、11時の開店から夜に閉店するまで行列が絶えない店がある。なんの店なのだろうと思っていたのだが、どうもソフトクリーム屋さんみたいで、日本式であることが売りらしい。 前回来たときはあまりの行列に面倒くさくなりパスしていたのだが、今回はちょうど宿について荷物おい...
蜷尾家甘味處のソフトクリームふたたび... 台南屈指の人気店である蜷尾家甘味處のソフトクリーム。近くの西門市場に支店も出来ているけれど、人気なのは正興街の本店。ここは雰囲気あるし、このお店を背景に写真撮った方がinstagramにも映えるものな。 前回の訪問:蜷尾家甘味処(台南)のソフトクリーム 蜷尾家甘味處(本店)へのアクセス...
Dazzling Cafe Pinkの絶品ハニートースト 外観 台北のひとたちに絶大なる人気があるカフェらしく、Google Mapでも高評価になっていた。 ここも、青田七六とともに前から気になっていたので行ってみた。 お店は台北でも利便性の高い信義エリアにあって、表通りから一本入ったところにある。わりとアクセスしやすいところにあって一...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です