谷根千あたりで人気のカフェといえば言問通り沿いにあるカヤバ珈琲。古民家をリノベーションしたカフェはすごく居心地がいいけれど、週末には混雑してなかなか入ることができない。

そんなときにはカヤバ珈琲から少し離れたところにあるカヤバベーカリーに行ってみるのもいいと思う。カフェではないけれど、天気のいい日にはベンチに座ってパンを食べたりのんびりとした時間を過ごすことができる。

カヤバベーカリーへのアクセス

上野駅、日暮里駅、根津駅からそれぞれ遠いところにある。「上野桜木あたり」という不思議なネーミングの複合施設があり、ここが古民家モールになっている。

手前には谷中発のクラフトビールである、谷中ビアホールがあり、カヤバベーカリーはその一番奥の場所にある。隣には塩とオリーブオイルの専門店である「おしおりーぶ」というショップもあり、カヤバベーカリーのなかからいくこともできる。

カヤバベーカリーについて

すごい混雑しているカヤバ珈琲と比べるとこちらはまだまだ空いている。ここでパンを買って帰るというだけでも充分いいけど、上野桜木あたりの敷地内にはベンチもいくつかあるのでそこに座ってのんびりと過ごすのもまた気持ちがいい。

ここにあるパンたちは小ぶりなものが多くて、食パンみたいなミルクパンも普通のペリカンで売っているようなものに比べると半分くらいの大きさ。でも、これが軽くトーストして食べると甘みが口にひろがってすごく美味しい。

ミルクパンをトーストしてみた
おしおりーぶのラテとともに
濃厚なケーキ

菓子パン、総菜系のパンは「ふたくちサイズ」くらいといったものが多いけれど、濃厚なものが多く、そしてなにより小麦の旨みを深く感じる。国産小麦をつかって作られたパンはしみじみという言葉がしっくりくる美味しさだなあ。オレンジのパンを買ったけれど、小さいながらもギュッとした美味しさがつまっている感じがした。

ベーカリーのなかでコーヒーも売っているけれど、ここは隣の「おしおりーぶ」でオリーブのラテを買ってあわせるか、または谷中ビアホールでビールにあわせてみるか・・悩むところだ。お土産に買って帰るのもまたいいと思う。

カヤバベーカリー
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間:8:00-19:00
休み:月曜日

保存

保存

保存

Related Post

【閉店・移転】上野でぎょびーといえば「昇龍」の餃子ということになる。... 僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。 ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が...
上野「うさぎや」のどら焼きはお土産におすすめ... 上野に来ることがあればだいたい立ち寄るのが、上野広小路にある「うさぎや」さん。ここのどら焼きは絶品で、自分用に買うのがメインだけど、人にあげるのにも最適なのでお土産に買っている。 銀座「空也」の最中ほど入手困難なものでもないし、それでいて上品な美味しさがある和菓子というと、ここのどら焼きは万人...
価格は大衆、質は割烹という町屋の「大衆酒蔵 甲州屋」... 都電荒川線にとことこ乗っていると着くというか、京成線でいつの間にか通り過ぎているというか、東京にあるのに地味な感じがある町屋というエリア。 駅前にスーパーがあったりして下町の住宅街という感じがあるけど、ここもわりと飲み屋が充実している街で散歩しつつ見逃せない街なのです。 今回行ってみたの...
品川のザ・シティ・ベーカリーはちょい飲みにも利用できる... 品川で少しディナーをしようかと思ったとき、渋い居酒屋かチェーンっぽいレストランかという選択肢になってしまうのだが、品川駅に直結しているシティ・ベーカリーだとそこそこ手軽で、お酒も豊富。意外と楽しめるということがわかった。 ザ・シティ・ベーカリー品川へのアクセス JR品川駅に直結しているの...
ひとりでさくっと飲むのに最適な「毘利軒」(立石)の串かつ立ち呑み... お酒を飲んでいると入店できないお店がある立石のなかでは、ハシゴ酒に対応してくれるカジュアルな立ち呑みスタイルのお店。立石駅の南口を降りて線路沿いに青砥方面へ少し行ったところにあるのだが、ここら辺はやたらと道路と電車の距離が近い気がする。かなり迫力ある電車の通過を体験する。 毘利軒はL字型のカウ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください