蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。

「CAMERA」へのアクセス

最寄り駅は蔵前となり、大江戸線の蔵前駅の方が近い。銀座線の田原町から国際通りを南に進んでも歩いて10分くらいのところ。ペリカンのパンのお店の横を通り抜けたり、近くにはソルズコーヒーなどもあるので散歩をしていて楽しいエリアだ。

「CAMERA」について

「CAMERA」という店名の由来はラテン語で「小さい部屋」を意味していて、いろんな人たちが行き交う部屋のような場所という思いからつけられている。たしかに、友達連れてやってきている人やお店の人と仲良く話しをしている人とか色んな人たちがやってきている。

そして、お店の形態も少しおもしろくて、半分はカフェなのだけど、半分くらいのスペースでは革製品を販売している雑貨店のようになっている。革製品の職人をしているご主人とお菓子作りをしている奥さまがやっているお店ということで、それぞれの特徴がお店に出ている。

そして、この革製品がかわいいんだよなあ。もっと、心の準備してから行けばよかった。オンラインで商品を見ることもできるけれど、お店に行って実物みてみた方がいいなって思えるものだった。トートバッグを探しているのだが、肩紐がもう少し長ければ衝動買いしてしまっていたかもしれない。

カフェとしても焼き菓子などかわいいものが多く、椅子に座ってのんびりとするということであれば、ソルズコーヒーよりも居心地が保証されている。そして、今度は革製品をじっくり見に行ってみないとなって思っている。

CAMERA
住所:東京都台東区蔵前4丁目21−8
時間:11:00-18:00
休み:月、木

 

Related Post

VVG Bistro 好樣餐廳 – 悪い店じゃないけれど、通いたくなるほどでもない... 忠孝東路にある、好様本事、好様喜歓につづくVVG三兄弟(三姉妹)のひとつ。VVGレストラン版であるVVG Bistro 好樣餐廳。前回は時間なくていけなかったので、今回はランチがてらに入ってみた。 が、ここは正直なところちょっといまいちかなあ・・・。ランチは2,000円くらいするコースしかない...
華山にある紙街咖啡館で朝のコーヒーを楽しむ... Airbnbでえらい目にあっているものの旅はつづく。 ということで、朝は朝食を食べる感じでもなかったので、華山1914の向かいにあるPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)にてコーヒーを飲みに来た。 友人たちは台北まで来てコーヒーなのか?というわけだが、一杯ずつ丁...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...
モンブラン(福岡) – 古くからある洋菓子店で食べる懐かしいモンブラン... 僕にとっての旅とは、旅先でおいしいものを食べることというのが割と大きな要素として存在している。 とくに、旅先で食べるソフトクリームとか、スイーツ系はとくに。モンブランも「ご当地」的に違いがあって面白い。秋に長野の小布施堂で食べたモンブランのお化けのような朱雀のインパクトはすごくて、もうこれでい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です