蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。

「CAMERA」へのアクセス

最寄り駅は蔵前となり、大江戸線の蔵前駅の方が近い。銀座線の田原町から国際通りを南に進んでも歩いて10分くらいのところ。ペリカンのパンのお店の横を通り抜けたり、近くにはソルズコーヒーなどもあるので散歩をしていて楽しいエリアだ。

「CAMERA」について

「CAMERA」という店名の由来はラテン語で「小さい部屋」を意味していて、いろんな人たちが行き交う部屋のような場所という思いからつけられている。たしかに、友達連れてやってきている人やお店の人と仲良く話しをしている人とか色んな人たちがやってきている。

そして、お店の形態も少しおもしろくて、半分はカフェなのだけど、半分くらいのスペースでは革製品を販売している雑貨店のようになっている。革製品の職人をしているご主人とお菓子作りをしている奥さまがやっているお店ということで、それぞれの特徴がお店に出ている。

そして、この革製品がかわいいんだよなあ。もっと、心の準備してから行けばよかった。オンラインで商品を見ることもできるけれど、お店に行って実物みてみた方がいいなって思えるものだった。トートバッグを探しているのだが、肩紐がもう少し長ければ衝動買いしてしまっていたかもしれない。

カフェとしても焼き菓子などかわいいものが多く、椅子に座ってのんびりとするということであれば、ソルズコーヒーよりも居心地が保証されている。そして、今度は革製品をじっくり見に行ってみないとなって思っている。

CAMERA
住所:東京都台東区蔵前4丁目21−8
時間:11:00-18:00
休み:月、木

 

Related Post

うふカフェ(ufu cafe) – 米沢の隠れ家的カフェ... 初秋の山形旅行。ここらへんで面白いカフェはあるかなと思って、行ってみたのがこちら米沢の郊外にある「うふカフェ」。 ちょっと高台のエリアにあって、お店からは米沢の風景を眺めることができる。ちょうど稲刈りが終わって収穫のシーズンを迎えた米沢の景色を眺めながら、のんびりできるのがいい。 ...
道南館でゆっくりとした時間を過ごす... 美味しいコーヒー飲みたいなと思って、朝からやっているところを探したどり着いたところ。以前に泊まった「興居 台南」のほんの斜め前にあるところで、またあの宿にも泊まりたいなあって思ってしまう。 道南館へのアクセス 民權路二段の通り沿い、新美街に入る路地の入口あたりにある小さなカフェ。大天后宮...
「Cafe Hermosa 艾爾摩莎」台南の裏路地にひっそりとある居心地のいいカフェ... 台南らしい雰囲気のいい裏通りにあるカフェはスペイン語でHermosa(美しい)を意味する店名。小さいながらも台南らしい美しさがあり、居心地のよさがある隠れ家のようないいカフェだった。 スペイン料理店とのことで、スペイン料理も出すレストランなのだがコーヒー一杯でも気兼ねなく入れてのんびりできるの...
浅煎りコーヒーが東京でもっとも美味しいカフェのひとつ。神保町の「GLITCH COFFEE&... 台南にあるコーヒーマニアな道南館の人たちと話をしていて、東京で浅煎りのコーヒーを楽しむなら神保町のグリッチが一番いいよねっていうことで意見が一致したことに驚いた。道南館のオーナー夫妻は東京のコーヒー店を歩き回りグリッチが一番印象に残っているらしい。 僕もここのエチオピアの浅煎りコーヒー飲んだと...
salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください