谷根千のなか、もっとも不便なエリアなんじゃないかというあたり。「上野桜木あたり」という不思議なネーミングの複合施設がある。この一画に残された昭和初期の古民家をリノベーションしたモールが上野桜木あたりという場所になっている。

塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」はこのなかでもとびきり面白いショップのひとつじゃないかと思う。

おしおりーぶへのアクセス

上野駅、日暮里駅、根津駅からそれぞれ遠いところにある。「上野桜木あたり」という不思議なネーミングの複合施設があり、ここが古民家モールになっている。

手前には谷中発のクラフトビールである、谷中ビアホールがあり、その奥にあるのが「おしおりーぶ」のお店。お店の外にカウンターがあるのだが、カヤバベーカリーのなかを通るか、建物の裏側からお店のなかに入ることもできる。

おしおりーぶについて

表側のカウンターではオリーブにちなんだカクテルや、カフェラテ、そしてポップコーンなどテイクアウトするような食べ物などを販売している。

裏側に回り込んでショップのなかにはいると、そこは小さな瓶が並んだりしているショップで、オリーブオイルと塩を販売している。オリーブオイルとはいっても、色んなものがあり、たとえばトリュフの香り付けをしているものや、オレンジの香りをつけているデザートみたいなものまで色々とある。

オリーブラテとポップコーン
オリーブラテ、緑色はオリーブの葉っぱみたい

僕はドリンクの香り付けにも使えそうだなとバジルの香り付けをしたオリーブオイルを買ってみたのだが、そのまま塩と一緒にパンにつけてもいいし、ドレッシングやノンアルコールドリンクの香り付けなど色々な用途があって使い勝手がいい。ここで提供しているカクテルなんかもあって面白かった。

僕が好きなのは、隣にあるカヤバベーカリーでパンを買って、ここでオリーブラテを買って上野桜木あたりのなかにあるベンチに腰かけてのんびりとパンを頬張りラテを飲む時間。なんだかのんびりとしていていいんだよなあ。

ここだけ時間がのんびりとした昭和に戻ったかのようだ。なんなら、ちょっと日陰にいるのに、あたたかい日だまりみたいな感じ。オリーブラテはオリーブの葉っぱでいれたドリンクをミルクとあわせていて、オリーブの苦みがコーヒーのラテのようにミルクでまろやかになって美味しい。こういうオリーブの楽しみ方もあるのだなって斬新なドリンクだ。

オリーブオイルをちょっと買い求めてもいいし、のんびりとラテを楽しんだっていい。上野桜木あたりに来たら立ち寄ってみたいところ。

バジルオイルを買った、パンとかにあう

おしおりーぶ
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間:11:00-19:00
休み:月曜日

保存

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です