上野と日暮里と根津のいずれからも遠い谷中のエリア。そのまん中辺りにあるのが上野桜木地区。

すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街と比べると、まだまだ落ち着いた街並みがある。ここに2015年にオープンしたのが「上野桜木あたり」というちょっと変わった名前の複合施設。

表通りにある小さな看板を目印にして、路地を入っていくと古い古民家が立ち並ぶ一画がありまるで映画のオープンセットみたいだ。昭和初期に建てられたものをリノベーションしていて、下町っぽい複合モールだなっていう感じ。

三棟ある古民家はイベントなどが開催できるスペースのほか、谷中発のクラフトビールである谷中ビアホールがあり、ここで飲むクラフトビールは結構美味しい。夜がはやくにしまってしまうのが本当に残念だ。

そして、その建物の奥には人気カフェであるカヤバ珈琲のベーカリー部門である、カヤバベーカリーがある。すぐ近くにあるカヤバ珈琲は谷中界隈でもっとも人気のあるカフェになっていて、いつも行列が絶えないところだが(夕方には空くけど)、ベーカリーの方は多少の混雑はあるけれど自家製のパンを買うことができる。

上野桜木あたりはあちこちにベンチがあるので、天気のいい日にはそこに座ってパンを頬張るのも気持ちがいい。ドリンクは隣にある塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」でオリーブラテを試してみるのがいい。

オリーブの葉をつかったドリンクにミルクをまぜていて、オリーブの苦みとまろやかさがうまくマッチしている。谷中ビアホールでビールを飲むのもいいし、こうして外でのんびりするのもいい。

色んな楽しみ方ができる小さな憩いの一画。谷根千散歩の途中に立ち寄ってみて欲しい。

上野桜木あたり
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間・休みは各店舗に準ずる

保存

Related Post

上野「うさぎや」のどら焼きはお土産におすすめ... 上野に来ることがあればだいたい立ち寄るのが、上野広小路にある「うさぎや」さん。ここのどら焼きは絶品で、自分用に買うのがメインだけど、人にあげるのにも最適なのでお土産に買っている。 銀座「空也」の最中ほど入手困難なものでもないし、それでいて上品な美味しさがある和菓子というと、ここのどら焼きは万人...
2k540 AKI-OKA ARTISANで日本のよさを再発見... ちょっと寂れた雰囲気のある秋葉原と御徒町の間にある京浜東北・山手線の高架下。数年前に再開発があり、ショッピングモールのようなものができたのだけど、ここのコンセプトが面白い。ものづくりの街ならではの、日本のものづくりをしているショップが集まっていて、ちょっと気になるところになっている。 2k54...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...
古民家をリノベーションしたカフェで本格的な中国茶を楽しめる「青玄茶荘」で過ごす午後... 浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。 どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がな...
古きよき駄菓子屋に残るもんじゃのお店「こどもの家 きくや」(荒川遊園)でのんびりしてきた... 東京の下町のなかでもさらにのんびりしている都電荒川線の沿線。あらかわ遊園という昭和感があるレトロな遊園地のすぐ近くにある駄菓子屋では、お店の半分に鉄板があってもんじゃ焼きや焼きそばを食べることができる。お店の名前は「こどもの家 きくや」という名前だけど、瓶ビールが置いてあって大人でも楽しめる。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください