上野と日暮里と根津のいずれからも遠い谷中のエリア。そのまん中辺りにあるのが上野桜木地区。

すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街と比べると、まだまだ落ち着いた街並みがある。ここに2015年にオープンしたのが「上野桜木あたり」というちょっと変わった名前の複合施設。

表通りにある小さな看板を目印にして、路地を入っていくと古い古民家が立ち並ぶ一画がありまるで映画のオープンセットみたいだ。昭和初期に建てられたものをリノベーションしていて、下町っぽい複合モールだなっていう感じ。

三棟ある古民家はイベントなどが開催できるスペースのほか、谷中発のクラフトビールである谷中ビアホールがあり、ここで飲むクラフトビールは結構美味しい。夜がはやくにしまってしまうのが本当に残念だ。

そして、その建物の奥には人気カフェであるカヤバ珈琲のベーカリー部門である、カヤバベーカリーがある。すぐ近くにあるカヤバ珈琲は谷中界隈でもっとも人気のあるカフェになっていて、いつも行列が絶えないところだが(夕方には空くけど)、ベーカリーの方は多少の混雑はあるけれど自家製のパンを買うことができる。

上野桜木あたりはあちこちにベンチがあるので、天気のいい日にはそこに座ってパンを頬張るのも気持ちがいい。ドリンクは隣にある塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」でオリーブラテを試してみるのがいい。

オリーブの葉をつかったドリンクにミルクをまぜていて、オリーブの苦みとまろやかさがうまくマッチしている。谷中ビアホールでビールを飲むのもいいし、こうして外でのんびりするのもいい。

色んな楽しみ方ができる小さな憩いの一画。谷根千散歩の途中に立ち寄ってみて欲しい。

上野桜木あたり
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間・休みは各店舗に準ずる

保存

Related Post

ディープな羊肉料理、御徒町の羊香味坊へ行ってきた... instagramで知ったお店。もとは神田駅近くにある味坊という中華料理店で、その支店が御徒町にもできたということ。神田のお店は人気店過ぎてなかなか予約が取れないということだけど、羊香味坊はまだオープンして間もないということで空いている。 お店は御徒町駅の裏通りともいえるところで、ちょっと不思...
立石の良心みたいな「江戸っ子」はせんべろ初心者にも優しい... 立石の居酒屋のなかには「お酒飲んできた人は入店不可」というところが結構ある。1,000円あれば文字通り泥酔できてしまうから、面倒なことに巻き込まれたくないお店としても自衛的な処置だとは思う。でも、ちょっとでも有名になるとそういうスタンスのお店が増えてきてしまい、お店を選ぶ方としても面倒だなあって思え...
肉の大山のハムカツにはなかなか出会えず・・メンチカツでせんべろしてきた... 千円でべろべろに酔っ払える店のことを「せんべろ」と呼ぶのだが、せんべろをハシゴしていると、そもそも入店時に既にべろべろなのである。 カドクラとかたきおかを呑み歩いてから肉の大山にたどり着いたのだが(実質的な距離は15mくらい)、ここには朝イチのうちに来なくてはいけなかったんだと知る。 カ...
東京最古の居酒屋「みますや」(淡路町)は雰囲気のいい大衆酒場である。... 東京でもっとも古い居酒屋として有名な「みますや」へ行ってきた。創業は明治38年(1905年)というから、100年以上の歴史がある。建物は昭和初期のものらしく少し新しいけれど、それでも入口の縄のれんに赤ちょうちんは雰囲気があり、店内も映画のセットみたいに趣がある、すごく面白い酒場だと思う。 「み...
蓮は泥より出でて泥に染まらず – 不忍池の蓮... 「蓮は泥より出でて泥に染まらず」というのは中国のふるいことわざだけれど、もはや蓮の葉っぱが生い茂り、泥がみえなくなっている不忍池の蓮池をみてきた。というか、通りかかったら咲いていたので、しばし眺めていた。 僕のなかでの蓮の定番は川村記念美術館の大賀蓮で、これは毎年6月下旬から7月上旬が花の盛り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください