上野と日暮里と根津のいずれからも遠い谷中のエリア。そのまん中辺りにあるのが上野桜木地区。

すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街と比べると、まだまだ落ち着いた街並みがある。ここに2015年にオープンしたのが「上野桜木あたり」というちょっと変わった名前の複合施設。

表通りにある小さな看板を目印にして、路地を入っていくと古い古民家が立ち並ぶ一画がありまるで映画のオープンセットみたいだ。昭和初期に建てられたものをリノベーションしていて、下町っぽい複合モールだなっていう感じ。

三棟ある古民家はイベントなどが開催できるスペースのほか、谷中発のクラフトビールである谷中ビアホールがあり、ここで飲むクラフトビールは結構美味しい。夜がはやくにしまってしまうのが本当に残念だ。

そして、その建物の奥には人気カフェであるカヤバ珈琲のベーカリー部門である、カヤバベーカリーがある。すぐ近くにあるカヤバ珈琲は谷中界隈でもっとも人気のあるカフェになっていて、いつも行列が絶えないところだが(夕方には空くけど)、ベーカリーの方は多少の混雑はあるけれど自家製のパンを買うことができる。

上野桜木あたりはあちこちにベンチがあるので、天気のいい日にはそこに座ってパンを頬張るのも気持ちがいい。ドリンクは隣にある塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」でオリーブラテを試してみるのがいい。

オリーブの葉をつかったドリンクにミルクをまぜていて、オリーブの苦みとまろやかさがうまくマッチしている。谷中ビアホールでビールを飲むのもいいし、こうして外でのんびりするのもいい。

色んな楽しみ方ができる小さな憩いの一画。谷根千散歩の途中に立ち寄ってみて欲しい。

上野桜木あたり
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間・休みは各店舗に準ずる

保存

Related Post

2k540 AKI-OKA ARTISANで日本のよさを再発見... ちょっと寂れた雰囲気のある秋葉原と御徒町の間にある京浜東北・山手線の高架下。数年前に再開発があり、ショッピングモールのようなものができたのだけど、ここのコンセプトが面白い。ものづくりの街ならではの、日本のものづくりをしているショップが集まっていて、ちょっと気になるところになっている。 2k54...
「もちもち」「ふわふわ」「しっとり」の三位一体!神がかった食パンな「ペリカンのパン」... 銀座のカフェ ド ロペで出会ったペリカンのトースト。外はかりっと、なかはふんわりした食感がすごい美味しい。こいつはただものじゃない食パンだと感じていた。 このお店が浅草の田原町にあると知って調べたところ、予約しないと買えないという。しかし、逆にいうと予約をしておけば並ばずに購入することができる...
豊田屋で痛風鍋と浅草無双 東京の東側、平井という総武線のなかでも飛びきり超マイナーなエリアにありながら、年々予約がとれなくなってきている居酒屋がある。 夏場は夕方くらいに行くと、いったいいつから飲んでいるんだっていうようなおじさん達がいて面白い。しかし、この居酒屋が本領を発揮するのは冬場の季節。とくに「あんこう鍋」が美...
日暮里の大木屋でダブルエアーズロックに挑戦する... 肉のエアーズロックで有名な日暮里の大木屋。 裏通りにひっそりと、看板もないそのお店の外観からは、ここが繁盛しているとか、そもそも飲食店であるとか、そういう雰囲気はまったく感じられない。ただ、お店の入口のサッシに張られた「大木屋」というシールだけがこのお店が表現されている。 そして店内なの...
カフェと革製品のお店が融合した蔵前の「CAMERA」は居心地のいい空間... 蔵前にあるカフェで気になっていたところ。国際通り沿いで、近くにはいい感じの家具店などもあったりして古い街並みと新しい雰囲気が融合してきている一画だ。そんな雑居ビルの1階にあるのが「CAMERA」というカフェ。居心地のいい空間は色んなものが混在した面白いところだった。 「CAMERA」へのアクセ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です