上野と日暮里と根津のいずれからも遠い谷中のエリア。そのまん中辺りにあるのが上野桜木地区。

すっかり観光地化されて猫もみかけなくなった谷中商店街と比べると、まだまだ落ち着いた街並みがある。ここに2015年にオープンしたのが「上野桜木あたり」というちょっと変わった名前の複合施設。

表通りにある小さな看板を目印にして、路地を入っていくと古い古民家が立ち並ぶ一画がありまるで映画のオープンセットみたいだ。昭和初期に建てられたものをリノベーションしていて、下町っぽい複合モールだなっていう感じ。

三棟ある古民家はイベントなどが開催できるスペースのほか、谷中発のクラフトビールである谷中ビアホールがあり、ここで飲むクラフトビールは結構美味しい。夜がはやくにしまってしまうのが本当に残念だ。

そして、その建物の奥には人気カフェであるカヤバ珈琲のベーカリー部門である、カヤバベーカリーがある。すぐ近くにあるカヤバ珈琲は谷中界隈でもっとも人気のあるカフェになっていて、いつも行列が絶えないところだが(夕方には空くけど)、ベーカリーの方は多少の混雑はあるけれど自家製のパンを買うことができる。

上野桜木あたりはあちこちにベンチがあるので、天気のいい日にはそこに座ってパンを頬張るのも気持ちがいい。ドリンクは隣にある塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」でオリーブラテを試してみるのがいい。

オリーブの葉をつかったドリンクにミルクをまぜていて、オリーブの苦みとまろやかさがうまくマッチしている。谷中ビアホールでビールを飲むのもいいし、こうして外でのんびりするのもいい。

色んな楽しみ方ができる小さな憩いの一画。谷根千散歩の途中に立ち寄ってみて欲しい。

上野桜木あたり
住所:東京都台東区上野桜木2-15-6
時間・休みは各店舗に準ずる

保存

Related Post

クリスマスイブの夜に 今年は、本当に旅の合間のクリスマスイブの夜。東京駅前にあるKITTEではWHITE KITTE 2014ということで、イベントスペースの吹き抜けエリアに巨大なクリスマスツリーを飾っていて、そこでイルミネーションのショーをやっている。 正直なところ、イルミネーションとかあまり興味ないのだけど、こ...
昭和が丸ごと残っているかのような立石のルミエールで待ち合わせをする... 夕方近くから飲める街である立石で待ち合わせをするにはうってつけのところが立石仲店商店街にあるカフェ・ルミエールという喫茶店。 もう昭和がまるごと残っているかのようなところで、全席喫煙可能なのとお手洗いも昭和仕様なのをのぞけば最高に雰囲気があっておもしろいところだ。 商店街のなかにお店が...
東京最古の居酒屋「みますや」(淡路町)は雰囲気のいい大衆酒場である。... 東京でもっとも古い居酒屋として有名な「みますや」へ行ってきた。創業は明治38年(1905年)というから、100年以上の歴史がある。建物は昭和初期のものらしく少し新しいけれど、それでも入口の縄のれんに赤ちょうちんは雰囲気があり、店内も映画のセットみたいに趣がある、すごく面白い酒場だと思う。 「み...
古きよき駄菓子屋に残るもんじゃのお店「こどもの家 きくや」(荒川遊園)でのんびりしてきた... 東京の下町のなかでもさらにのんびりしている都電荒川線の沿線。あらかわ遊園という昭和感があるレトロな遊園地のすぐ近くにある駄菓子屋では、お店の半分に鉄板があってもんじゃ焼きや焼きそばを食べることができる。お店の名前は「こどもの家 きくや」という名前だけど、瓶ビールが置いてあって大人でも楽しめる。 ...
日暮里の大木屋でダブルエアーズロックに挑戦する... 肉のエアーズロックで有名な日暮里の大木屋。 裏通りにひっそりと、看板もないそのお店の外観からは、ここが繁盛しているとか、そもそも飲食店であるとか、そういう雰囲気はまったく感じられない。ただ、お店の入口のサッシに張られた「大木屋」というシールだけがこのお店が表現されている。 そして店内なの...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください