ハンドドリップで一杯ずつコーヒーを淹れていくことを「サードウェーブ」なんていっていた時代があったけれど、2017年のいまではそんなことをいっている人はあんま見かけなくなったなあ。たぶん「それって、いままでやっていたことと同じでは」なんていう気持ちがあったのかも。

日本橋の裏通りに古い一軒家をリノベーションしたカフェがある。新日本橋駅からは歩いて数分のところ。神田駅から歩いても5分くらい。一階がカフェになっていて、2階はヘアーサロンになっているということだ。僕は夜ちょっと遅い時間に訪れたこともあり、カフェしか営業していなかったのだが、吹き抜けになった店内はゆったりとしたソファがあったりして居心地がいい。

お店は裏通りにある

先にお会計を払うシステムで、コーヒーは全てシングルオリジンのものとなっている。エチオピアのG1があったので、迷わず頼んでみることにする。そして、カウンターの後ろにはアイスを宣伝するチョークアートがある。そう、ここはアイスもこだわっていて美味しいのです。マスカルポーネのアイスを注文。

コーヒーが出てくるまではソファでのんびりしながら待つとする。夜、お酒を飲んできた帰り道だったこともありソファの気持ちよさが格別だ。

コーヒーはマグカップにたっぷり、アイスもぎっしり

出てきたコーヒーはマグカップになみなみと入っていて心ゆくまでコーヒーを楽しむことができる。わりと安い価格帯でここまで充分なコーヒーを出してくれるのは結構ありがたい存在だと思う。

そして、淹れられたコーヒーはG1独特の香りと酸味を格別にひきだしていて、こんな風に淹れられたら豆だって嬉しいだろうって思うし、僕も美味しい。すごい美味しいコーヒーだなと思ってあとで調べたら、清澄白河のARiSE COFFEE ROASTERS(アライズコーヒー)の豆も使ったりしているみたいだ。どうりで間違えのないコーヒーの美味しさだ。

アイスクリームもコーヒーとよくあっていて、なによりちょっとほろ酔い気分のときに食べるアイスはなんでこんなに美味いんだ!って心のなかで少し叫ぶ。コーヒーも身体にしみわたる感じで、お酒のあとにコーヒーを飲んで過ごすのもいいよなって思える時間だった。

夜遅い時間でも当たり前のようにハンドドリップの美味しいコーヒーが飲めるという東京の街はなんて素敵なところなのだろうって思える場所だった。

Mighty steps coffee stop
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-14
時間:11:00-24:00(土日祝19:00)
休み:不定休

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です