ラーメンのどんぶり一杯が800円くらいだとして、それを高いと思うのか、お得だと思うのかというとこれは悩ましい。ひとつあるとすれば、誰におすすめされたのかというのでその感覚が異なるような気もしている。

それでいうと、ミシュランガイドでビブグルマンを獲得した伊藤のラーメンは面白い、そして美味しい。これで800円とかならばお得だよなって思ってしまう一品だった。

自家製麺 伊藤へのアクセス

東銀座の駅からほど近いところにある。歩いて数分といったところ。近くには同じくミシュラン掲載店である「むぎとオリーブ」というラーメン店もあり結構なラーメン激戦区だと思う。お店はビルの地下にあり、外観や内装もバーを居抜きでラーメン店にしたんじゃないかという雰囲気。木の扉の雰囲気とかとかラーメン店じゃないだろう・・って思う。平日の夕方に行ったらかなり空いていた。

自家製麺 伊藤について

もともとは北区の王子にあったお店が支店を出したところ。ラーメンにかかるコストをすべてスープと麺にささげましたというシンプルな感じで普通に食べるならばかなり安くあげることもできる。しかし、あまりにもシンプル過ぎるので僕が頼んだのは「肉そばの中盛り」にしてみた。

肉そばの中盛り

これだと通常ネギだけのところにチャーシューも載ってくる。このシンプル過ぎる見た目は近所にある「むぎとオリーブ」とは真逆の方向だ。同じラーメン店なのに競合するとは思えないくらい。出てきたラーメンはスープが少なめで麺が盛り上がっている。どうやらスープを大盛りにすることもできるみたい。ここのスープは抜群に美味しいので麺を少なくしてスープを多くするのもありだな。

ここのお店は煮干しを使ったスープが特徴でお店に入ったときにも煮干しの香りが店内をただよっている。スープはあっさりしてそうでいて結構濃厚な味。とはいえ、脂っぽいわけではなくシンプルで素直な味だなあって思う。自家製麺を売りにしていて細麺が特徴なのだが、この麺はとんこつラーメンに似ているようにみえて、もっとモチモチした食感で食べ応えがある。

特徴がある煮干しスープはもしかしたら好き嫌いがあるのかもしれないが、この究極的にシンプルなラーメンはすごく美味しいって思えるし良心的な価格帯もまた嬉しい。これがミシュラン掲載店の実力かあって思えるところだった。

自家製麺 伊藤 銀座店
住所:東京都中央区銀座6-12-2 東京銀座ビルディングB1
時間:(月-金)11:00-23:00、(土日祝)11:00-20:00
休み:無休

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です