浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。

どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がないところみたいで穴場の場所だと思う。

青玄茶荘へのアクセス

住所が吾妻橋になるけれど、最寄り駅は浅草駅となる。浅草駅を降りて隅田川を渡って行った方が近いし便利。ここから蔵前まで歩いて15分くらいなので、散歩がてらに行ってみるといいと思う。

青玄茶荘について

もともとは表装という掛け軸や額装を取り扱う工房だったみたいで、それが吾妻橋に移転してきて中国茶のお店も始めることになったということ。

なので、店内にはあちこちに掛け軸が飾ってあったり、奥には工房があったりする。静かで落ち着いた店内はなんだかゆったりとした時間が流れている。表装はオリジナルを作ったり、古いものの仕立て直しもしてくれるみたいで気になる。

お店の手前側が喫茶室になっていて、椅子とテーブルがいくつか並んでいる。中国茶は凍頂烏龍茶や東方美人といった定番のものから、八宝茶とか花茶みたいなものもある。お茶を頼むと小さな茶菓子がついてくるのだけど、ドライフルーツも手頃な値段だったのであわせてお願いしてみた。

しばらくするとアルコールランプでお湯を沸かして茶器が一揃え出てくる。すごい本格的で、気軽に入ったんだけどとちょっとおどおどしてしまうが、お店の人がちゃんとレクチャーをしてくれるので安心。一度覚えてしまえば、お湯を注いでお茶を楽しむということだけです。凍頂烏龍茶はクセがなくてすっきりとした緑茶にも通じる美味しさ。初めての場合はこれがいいんじゃないかと思う。

ドライフルーツは定番のマンゴーのほか、季節のものが出てくる。どれもお茶によくあうもので、台南の来了に行ったときのことを思いだした。

普通のコーヒーを楽しむカフェに行くのもいいけれど、こうしたのんびりとしたところで楽しむ中国茶もいいよなあって思う。なにより、お店の雰囲気がのどかで居心地がいい。ゆっくりとお茶を楽しみ、ゆっくりとした時間を過ごす。そんな場所じゃないかと思う。

青玄茶荘
住所:東京都墨田区吾妻橋1-13-2
時間:13:00-19:00
休み:日月、不定休

Related Post

Rosalie × VEGEO VEGECOのスムージー モデルの梨花さんがクリエイティブ・ディレクターをつとめている、代官山MAISONDEREEFURの2階にあるカフェRosalieのテイクアウトコーナーにて、VEGEO VEGECO(ベジオベジコ)とコラボレートしたオリジナルスムージーが出ているので、ちょっと試しにのんでみた。 最近は、というか...
奉茶來恁兜は台南土産を買うのにおすすめ。... 食事もとったし、いったんホテルに戻ろうかと思ったのだけど、しかし、その前にちょっとお土産を先に買っておこうかと考えて気になっていた店にいってみた。 肉伯火雞肉飯の二軒隣くらいにある古めかしいお店は台南でも昔からある茶葉のお店。今回泊まっている正興咖啡館とか林百貨でかわいいパッケージのお茶をみか...
特有種商行は台湾映画好きなら必ず訪れる価値があるカフェ... ここに来る前に立ち寄った「誇張古珈琲店」と似たような昭和感のあるカフェなのだけど、ちょっと違う。おしゃれで人気のあるカフェ。 特有種商行はアンティークな雰囲気がある地元でも人気のところなのだが、ここは台湾の映画監督である魏德聖監督がとってきた「KANO」などの作品が好きな人であれば有名だし、知...
ル・パン・コティディアンで朝食を 芝公園のプリンスホテルそばにあるベーカリー&カフェで朝食を食べて週末の1日をはじめてみた。 ル・パン・コティディアンはベルギー発祥のベーカリーで、パン屋さんとそこに併設されたカフェで食事を楽しむことができる。再生材を用いた店内は外の光が入り込んでいて、朝食を過ごすにはぴったりの環境。 ...
軽井沢を一望できる「天空カフェ・アウラ」へ行ってきた。... 以前に友人が行っていて軽井沢を一望できる別荘地のなかにあるカフェがすごいというので行ってみることにした。残念ながら2018年11月5日で閉店してしまっているのだけど、記録は残しておくことにします。 軽井沢の街中から林道を通り抜けて、こんな大きな別荘があるのかと驚くようなところを通り過ぎてようや...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください