浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。

どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がないところみたいで穴場の場所だと思う。

青玄茶荘へのアクセス

住所が吾妻橋になるけれど、最寄り駅は浅草駅となる。浅草駅を降りて隅田川を渡って行った方が近いし便利。ここから蔵前まで歩いて15分くらいなので、散歩がてらに行ってみるといいと思う。

青玄茶荘について

もともとは表装という掛け軸や額装を取り扱う工房だったみたいで、それが吾妻橋に移転してきて中国茶のお店も始めることになったということ。

なので、店内にはあちこちに掛け軸が飾ってあったり、奥には工房があったりする。静かで落ち着いた店内はなんだかゆったりとした時間が流れている。表装はオリジナルを作ったり、古いものの仕立て直しもしてくれるみたいで気になる。

お店の手前側が喫茶室になっていて、椅子とテーブルがいくつか並んでいる。中国茶は凍頂烏龍茶や東方美人といった定番のものから、八宝茶とか花茶みたいなものもある。お茶を頼むと小さな茶菓子がついてくるのだけど、ドライフルーツも手頃な値段だったのであわせてお願いしてみた。

しばらくするとアルコールランプでお湯を沸かして茶器が一揃え出てくる。すごい本格的で、気軽に入ったんだけどとちょっとおどおどしてしまうが、お店の人がちゃんとレクチャーをしてくれるので安心。一度覚えてしまえば、お湯を注いでお茶を楽しむということだけです。凍頂烏龍茶はクセがなくてすっきりとした緑茶にも通じる美味しさ。初めての場合はこれがいいんじゃないかと思う。

ドライフルーツは定番のマンゴーのほか、季節のものが出てくる。どれもお茶によくあうもので、台南の来了に行ったときのことを思いだした。

普通のコーヒーを楽しむカフェに行くのもいいけれど、こうしたのんびりとしたところで楽しむ中国茶もいいよなあって思う。なにより、お店の雰囲気がのどかで居心地がいい。ゆっくりとお茶を楽しみ、ゆっくりとした時間を過ごす。そんな場所じゃないかと思う。

青玄茶荘
住所:東京都墨田区吾妻橋1-13-2
時間:13:00-19:00
休み:日月、不定休

Related Post

Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...
いづみや珈琲 – すごい魅力的なお店に出会ってしまった... 佐賀に住んでいる友人に連れてきてもらったお店なのだが、すごい魅力的なお店に出会ってしまった。この旅でもっとも印象深いところのひとつ。 お店は佐賀市の郊外にあって、一見すると工場のような雰囲気。入口の扉をあけると、焙煎室があり、コーヒー豆の袋があちこちにおかれている。ジャンルは違うけれど、台北で...
cafe Red Book(中目黒)で食べるインドカレー... 店名もそうだし、雰囲気もカフェそのものなんだけど、ランチで出てくるのは本格的なインドカレーという不思議な魅力があるお店。 場所は中目黒駅からほど近い裏通りにあって、槍ヶ先交差点の近くにある小さなお店。店内はシックでバーのような雰囲気もあるカフェ。 ランチタイムにはカレーを提供していて、何...
猿田彦珈琲 – アットホームで抜群に美味しいコーヒーが飲める恵比寿のカフェ... そういや、旅をしているなかであれこれカフェに行っているのに、近所では行っていないなと思いだして行ってみたのは恵比寿にある猿田彦珈琲。 いままで、よく前を通ったことはあるのだけれど、あの緑と白のお店のロゴがスターバックスみたいだな・・という先入観から飲まず嫌いしていたのだが、今回はじめて行ってみ...
Cafe tenementで過ごす時間はすごく気持ちがいい... 白金商店街の広尾側にある古い古民家がならぶ一軒がカフェになっている。雑貨店みたいな趣で、前から気になっていたのだがランチに行ってみた。もっと前から来ていればよかったというくらいに落ち着いたいい空間。かかっている音楽も含めて気持ちのいい時間を過ごすことができる場所だった。 Cafe teneme...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です