浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。

どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がないところみたいで穴場の場所だと思う。

青玄茶荘へのアクセス

住所が吾妻橋になるけれど、最寄り駅は浅草駅となる。浅草駅を降りて隅田川を渡って行った方が近いし便利。ここから蔵前まで歩いて15分くらいなので、散歩がてらに行ってみるといいと思う。

青玄茶荘について

もともとは表装という掛け軸や額装を取り扱う工房だったみたいで、それが吾妻橋に移転してきて中国茶のお店も始めることになったということ。

なので、店内にはあちこちに掛け軸が飾ってあったり、奥には工房があったりする。静かで落ち着いた店内はなんだかゆったりとした時間が流れている。表装はオリジナルを作ったり、古いものの仕立て直しもしてくれるみたいで気になる。

お店の手前側が喫茶室になっていて、椅子とテーブルがいくつか並んでいる。中国茶は凍頂烏龍茶や東方美人といった定番のものから、八宝茶とか花茶みたいなものもある。お茶を頼むと小さな茶菓子がついてくるのだけど、ドライフルーツも手頃な値段だったのであわせてお願いしてみた。

しばらくするとアルコールランプでお湯を沸かして茶器が一揃え出てくる。すごい本格的で、気軽に入ったんだけどとちょっとおどおどしてしまうが、お店の人がちゃんとレクチャーをしてくれるので安心。一度覚えてしまえば、お湯を注いでお茶を楽しむということだけです。凍頂烏龍茶はクセがなくてすっきりとした緑茶にも通じる美味しさ。初めての場合はこれがいいんじゃないかと思う。

ドライフルーツは定番のマンゴーのほか、季節のものが出てくる。どれもお茶によくあうもので、台南の来了に行ったときのことを思いだした。

普通のコーヒーを楽しむカフェに行くのもいいけれど、こうしたのんびりとしたところで楽しむ中国茶もいいよなあって思う。なにより、お店の雰囲気がのどかで居心地がいい。ゆっくりとお茶を楽しみ、ゆっくりとした時間を過ごす。そんな場所じゃないかと思う。

青玄茶荘
住所:東京都墨田区吾妻橋1-13-2
時間:13:00-19:00
休み:日月、不定休

Related Post

井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
こんな香港があったのか。川龍村にある端記茶樓でのんびりと過ごす。... 前回の香港旅でも来たかったところで、ようやく訪れることができた点心レストラン。レストランといっても、英語は通じないし、文字を書いてコミュニケーションするか広東語を話すかくらい。周囲の風景も含めて香港にこんなところがあったのかと驚くと思う。 端記茶樓のある川龍村へのアクセス 具体的な行き方...
Highlands Coffee(ハイランズ コーヒー)はベトナムのスターバックス的存在... 右側のショッピングモールの上層階にはいっている ベトナムを旅しているとあちこちでみかけるHighlands Coffeeのお店。 ベトナム人の実業家がスターバックスの成功をみて、ベトナムならではのお店をつくるということで、はじめたそうだが確かに手頃な金額でおしゃれな立地でベトナムコーヒ...
台北で行きたいオシャレな「素敵カフェ」 6選... いろんなキュレーションサイトを眺めていて、「これ書いた人、実際は行ってないんだろうなあ。写真違うし」みたいなことがあったりすると結構がっかりする。 ありきたりな定番菜おすすめならばいいのだが、僕が自分でキュレーションみたいなことをしたらどういう感じかなと思ってためしにやってみることにしてみた。...
恵比寿のブレッツカフェでのランチは優雅で高い... 恵比寿にあたらしくできたブレッツカフェでランチをしてきた。ル ブルターニュの系列店でブレッツカフェだと、神楽坂にあるお店より手軽に楽しめるっていうイメージをもっていたのだけど、ランチにしては少し手軽感はないかなというコストパフォーマンス。 でも、雰囲気はいいし、ちょっと裏通りだけど開放的な店内...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です