浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。

どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がないところみたいで穴場の場所だと思う。

青玄茶荘へのアクセス

住所が吾妻橋になるけれど、最寄り駅は浅草駅となる。浅草駅を降りて隅田川を渡って行った方が近いし便利。ここから蔵前まで歩いて15分くらいなので、散歩がてらに行ってみるといいと思う。

青玄茶荘について

もともとは表装という掛け軸や額装を取り扱う工房だったみたいで、それが吾妻橋に移転してきて中国茶のお店も始めることになったということ。

なので、店内にはあちこちに掛け軸が飾ってあったり、奥には工房があったりする。静かで落ち着いた店内はなんだかゆったりとした時間が流れている。表装はオリジナルを作ったり、古いものの仕立て直しもしてくれるみたいで気になる。

お店の手前側が喫茶室になっていて、椅子とテーブルがいくつか並んでいる。中国茶は凍頂烏龍茶や東方美人といった定番のものから、八宝茶とか花茶みたいなものもある。お茶を頼むと小さな茶菓子がついてくるのだけど、ドライフルーツも手頃な値段だったのであわせてお願いしてみた。

しばらくするとアルコールランプでお湯を沸かして茶器が一揃え出てくる。すごい本格的で、気軽に入ったんだけどとちょっとおどおどしてしまうが、お店の人がちゃんとレクチャーをしてくれるので安心。一度覚えてしまえば、お湯を注いでお茶を楽しむということだけです。凍頂烏龍茶はクセがなくてすっきりとした緑茶にも通じる美味しさ。初めての場合はこれがいいんじゃないかと思う。

ドライフルーツは定番のマンゴーのほか、季節のものが出てくる。どれもお茶によくあうもので、台南の来了に行ったときのことを思いだした。

普通のコーヒーを楽しむカフェに行くのもいいけれど、こうしたのんびりとしたところで楽しむ中国茶もいいよなあって思う。なにより、お店の雰囲気がのどかで居心地がいい。ゆっくりとお茶を楽しみ、ゆっくりとした時間を過ごす。そんな場所じゃないかと思う。

青玄茶荘
住所:東京都墨田区吾妻橋1-13-2
時間:13:00-19:00
休み:日月、不定休

Related Post

井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
酒の大桝で日本酒のクラフトビールの角打ち... 外観 浅草で手頃に日本酒を飲むとなると自然と大桝に足が向かってしまう。ここってそんなお店。酒屋さんがやっている飲み屋さんでいわゆる角打ちのスタイルとなっている。 よってお酒の種類はかなり豊富。とくに日本酒の品揃えはすごくて、ここであれこれ飲んで併設しているお店で買っていくこともできる。...
甘單珈琲館は台南でも有名な古民家カフェ... 古民家をリノベーションした台南のカフェのなかでも、有名なお店のひとつ。本の表紙になったりすることもあるし、地元の人でも人気のお店。 ここの特徴はなんといってもこだわりのあるコーヒーだろうなというところ。人気店なので、入れないこともある。 甘單珈琲館へのアクセス 台南駅からのびる中山...
【閉店・移転】上野でぎょびーといえば「昇龍」の餃子ということになる。... 僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。 ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が...
立石屈指の名店「栄寿司」には一番最初に行くのがいい... 東京にこんなところがまだあったのかという下町の面白さが残っている立石の街。そんな街のお寿司屋さんは立ち食い鮨だけど絶品の江戸前が楽しめる。 せんべろなお店が多い立石のなかでは少し高級店の部類に入るのだけど、もっとも高いネタでも380円というところだし、少しつまんで楽しむくらいがいいところ。すご...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください